« | Home | »

2012/11/28


Prologue

——————————————————————————————————

「所属の会社はどこでも、自分のやるべきことは変わらないから。
どこの会社にいても、社外の人たちと一緒に仕事をしてきたからね。」
現在、ネオ・アット・オグルヴィ社へ常駐という形で勤務する山崎浩人さんは、そう語る。

その経歴は、非常に目まぐるしい。
マスメディアを中心とする広告会社から、事業会社へ。
事業会社でのCRM関連の経験を生かす形で、携帯電話のキャリア会社へ。
その会社から広告事業を切り出す形で別会社化した組織のCEOを務め、
“結果的には”、広告会社へ帰ってきた。

2011年、「若者のクルマ離れ」をテーマに自動車メーカー8社が共同で行ったプロジェクト「Drive Japan」において、山崎さんは17社以上に及ぶチームのプロデューサーとして立ち回った。
これがきっかけで、「Webクリエーション・アウォード」では「Web人 of the year」を受賞。ノミネートは個人としてであったが、「あくまで、17社40名以上のこのプロジェクトの代表としての受賞と認識している」とコメントしている。

自身は、「マネジメントよりも自分が動くほうが好き」というが、
山崎さんからは、広告人にままある、一匹狼気質というかある種の“孤高感”がない。
このフラットさは何なのだろう、と、某所で最初に山崎さんにお会いしたときに
わたしが感じた好奇心は、そのコメントがよく説明しているだろう。

世の中があり、自分があり、その中間に、仕事人としての自身が居る。
冷静に、自分を眺め、あるべき立ち位置に移動してきたその仕事人生は
一見とても能動的なようでいて、世の中の流れに突き動かされてきた結果なのかもしれない。

「一歩先」を見つめるのは、そう難しいことではない。
誰もが自分の専門領域に対しては「かくあるべし」「きっとこうなる」というものを持っている。
しかしそれを、「今ここにある仕事」に変換する作業というのは、言うならば“とてもシンドイ”。
それでも誰かが一歩を踏み出さなければ、道はできない。
道を作るべく、まさに「立ち回って」きたのが、これまでの、そして今の山崎さんだ。

——————————————————————————————————

次回予告/Scene2;
広告人・山崎浩人氏の場合
テレビ全盛期に、“広告”の立ち位置を考える。(12月12日公開)

2012/11/28 06:00 | vol.8 山崎浩人 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">