« | Home | »

2010/10/01

地球の舳先から vol.189
パリ(2010)編 vol.9

今回のエントリは、情報用。
こういうガイドブック的なことはJunkStageではしたくないのだが、備忘録的に。

わたしが滞在中、何を食べていたかというと、基本的に“そうめん”である。
もともと、食にさほど情熱を燃やすタイプではないこともあり、旅に出ても名物や雰囲気重視。
今回のアパルトマンはIHコンロだったのと、前回自炊を試みて食材と調味料を買い込みすぎ
スーパーへ行くたびに60ユーロくらい使ってまるで節約にならなかったので、今回は自炊を自粛。
だが、夏の間にあまったそうめん束を持って行って、スープにぶっ込んで生き延びた。

そうめん以外に外食をしたのは昼夜各2回ずつ、計4回あったので、そのことを書いておく。
ということは1週間×3食のうち、4回以外は全部そうめんだったのか…。

★Leon(ムール貝専門店) ※ランチ利用
dscn1009.JPG  dscn1010.JPG
前回滞在でも行ったチェーン店。バケツいっぱいのムール貝を食べられる店。
トマトソース、ロックフォールなど、煮込むスープの味が選べます。グラタンも美味しそうだった。
セットはこれに前菜が選べるが、おそらく単品で量的に十分。
今回はオペラ座近くの店に行ったが、店によってだいぶクオリティが違うという噂。
確かに前回行ったサン・ジェルマンの店のほうがおいしかった。
とはいえ、割とどこにでもあるので便利なのだが、値上がりしていてお得感はあまりない。
昼間のセットで19ユーロ、アラカルトはムール貝15ユーロから。昼でも夜でもおなじ。

★Chartier(大衆食堂) ※ディナー利用
dscn1198.JPG  dscn1200.JPG
毎日行列。わたしも並んでいたら日本人観光客の方に「ここ何なんですか?」と聞かれた。
安くて美味くて雰囲気もいい、大好きなレストラン…というよりは食堂。
1人で行っても、4人席の3人グループとかと容赦なく相席させられるのでその辺気にしない人に。
肉料理が美味しい。くっちゃべってると堅くなるのでとっとと豪快に食らいましょう。
前菜は2ユーロから。ディナーで前菜+メイン+ワインで20ユーロ切ってくる価格帯はうれしい。
映画の撮影にも使われたレトロな店内、注文はテーブルクロスに直書きし、会計はそこで筆算!
エスカルゴ6.5ユーロ、メインのラムステーキ11.20ユーロ、ワインは25clのカラフェが2ユーロ。
ロゼのカラフェを頼んだら、じぃっとにっこり見つめられました(笑)そのココロは謎。

★Le petit nisois(南仏料理) ※ディナー利用
dscn1338.JPG  dscn1340.JPG
初めて入ったニース系料理屋さん。場所はアンヴァリッドの近く。ここは魚介が絶対おすすめ。
本当に美味しい。生鰯のカルパッチョ、厚切りでぷりっぷり。あんなイワシ初めて。
ここの名物は本格ブイヤベース。貝やカニ、エビと格闘します。
要予約。ウェイティングの習慣がないようで、満席だとお断りされます。
(わたしは開店直後に行ったので、最後の非予約席をゲットした。)
コースのみだけど前菜+メインで31ユーロ。ブイヤベースは+13ユーロ。
標準料金内で、魚介が3種のみのプチブイヤベースもある。ワインは25mlカラフェで約9ユーロ。

★Hotel Costes(カフェ) ※ランチ利用
dscn1372.JPG  dscn1378.JPG
ホテルコスト1階のカフェ。わたしのお気に入り。コストについてはもう何回も書いてるから割愛。
異様に高いのがブレックファースト32ユーロ。(でもパンとフルーツヨーグルトと飲み物だけ)
12時を過ぎるとレギュラーメニュー。オムレツ18ユーロ、エスカルゴ20ユーロ、舌平目51ユーロ。
日本の中~高級シティホテルと同等の物価かな。コーヒー紅茶は8ユーロから。
ケーキも美味しい。ミルフィーユ、チーズケーキ、ガトーショコラなど。ワインはグラスで10ユーロ~
写真は今回トライしてきたクラブサンドイッチ22ユーロ。香草がきいてて美味しい。

シャルティエ、プティ・ニソワは、とってもおすすめです。
安くも高くも楽しめるパリ、ご旅行の際にはぜひお気に入りを見つけてください。

2010/10/01 08:32 | ■パリ , ■パリ(3rd/2010) | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">