« | Home | »

2008/12/01

地球の舳先から vol.101
世界の宿泊事情 vol.2
~モンゴル編

mongo1.jpg

わたしがはじめて社会人生活を送ったのは、某大手広告代理店だった。
それまでもいろいろと常勤でのアルバイト生活はしていたし、
その就職自体も知り合い伝手だったのでそんなに就職ブルースはなかったのだが。
ただなんとなく、気後れしていた。
生来ふらふらしている人間だったので、周りもほっとしてくれるかと思いきや
逆に心配して「あんまり狭いところに閉じこもるなよ。」と何人の人にも言われた。

そんな衝動も手伝ってか、わたしは就職の半月前、3日後発の飛行機を押さえた。
ちょうどその頃、手掛けていた一大スポーツイベントのプロモーションも終わり一段落。
そのイベントはとても厄介で気の滅入る仕事だったこともあり、わたしはふと
「飛びたい……」と思ったのだった。

そして3日後。
わたしはモンゴルにいて、時差ぼけのままウマに乗っていた。
どこまでもウマに乗って走り(いや、格好つけすぎた、歩き)、楕円形の空を眺め
見た目が結構えぐい腸詰などを食べて、21時を回っても明るい空のしたにいた。

当然、泊まったのはゲルだ。
モンゴルといっても、首都ウランバートルには今やホテルが充実している。
それでもやはり、草原に出てゲルに泊まることをわたしはおすすめしたい。
明日には場所が変わるかもしれない宿泊施設であるゲル。
わたしがモンゴルへついたときも、現地ガイドが
「ちょっと待ってね…今位置確認してるから…」と言っていた。
が、そんな遊牧民族モンゴル人たちが携帯を持ち歩いているのを見ても落胆してはならない。
いまどき、マサイ族だって携帯電話で連絡を取り合っているのだから。

わたしがモンゴルを訪れたのは7月だったが、「暑い」というほどではなかった。
日差しは強かったが、草原や山岳地帯は高度もあり、涼しい風と澄んだ空気が流れている。
そのため、日中でも日焼け防止も兼ねてずっと長袖を着ていた。
たまにウマが振り返って、どぅらー、とヨダレをつけてきたりするので油断ならないが。
逆に夜の草原はかなり冷える。

mongo2.jpg

ゲルはいやに派手な装飾の柱に内装で、ベッドはわたしの泊まったゲルでは4つ。
真ん中に、煙突を外まで立てた暖炉があって、それを囲むようにベッドが並んでいる。
布団のほかに毛布も貸してもらえるのだが、あまり役にたたない。
同室の4人のうち、誰かが寒くて起きる。そして、暖炉に薪を足しにいくのだ。
薪は現地の人がひと晩じゅう、外国人観光客のために割りつづけていてくれる。
「さぶいよう」と日本語で言っても通じる。
というか、わたしの経験上、ポピュラーでない言語を喋る人たちとのほうがコミュニケーションできる。
もちろんそれは「ニホンジンという人種に対する概念としての上下関係」も関係しているのだろうが、
相手も「自分の言葉を喋っても通じるわけがない」と思っているので逆にスムースなのだ。

薪を貰って暖炉に足す。
いきなり薪を入れても火は立ち上がらないので、紙などの燃えやすいもので火を大きくしていく。
順調に暖炉がぱちぱち言い始め、煙が煙突を伝ってゲルの外に出て行き、
貰ってきた暖炉に入るだけの薪を放り込んでしまってから、眠りにつく。
でも薪は1~2時間のうちにまた燃え尽きる。
手足のさきの、末梢神経から凍っていくような寒さでまた起きる。
「こんなに頻繁に起こされんの、子ども産んだとき以来だわ…」
と、朝に同室のおばちゃんが苦笑していた。
わたしは2回くらい起きたので、たぶんあとの4回くらいは誰かが薪役をやったのだろう。

朝は活気で起こされる。
ゲルはああ見えてかなりな遮光がほどこしてある。
それでも外が朝を迎え、周りにはほとんど何もないにも関わらず朝が来ると空気が変わるのだ。
そうすると、自然に目が覚めてくる。
人間は生来朝型なのだなあと思い知った瞬間でもあった。

ゲルの扉をあけてみると、ものすごい光量。
空に近いうえに遮るものがなにもないのだから、当たり前なのだが
まぶしくてしばらく目を開けられない自分に、
「わたしはなんて不健康な生活を送っていたのだろうか」とひとり反省会をしてしまう。

目が慣れてくると、もう現地の青年がわたしの乗るウマを用意している。
こどもが手を振っている。
臭みの強いギョーザみたいな現地の食べものでおなかを満たし、またウマのもとへ。
「もうすこしで、もっとウマ来るよ」とはるか山の先をさして説明する青年。
だいぶしばらく経ってから、わたしの目にもウマを大量に引き連れた別の人の影が見えはじめた。
山に住んでいると視力が5.0とかになるというのは、伝説でもなんでもないらしい。

なんにしても、自らの不健康を思い知る旅であった。

2008/12/01 02:54 | ■モンゴル, 【世界の宿泊事情】 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>