« | Home | »

2008/03/11

地球の舳先から vol.56

paris0701-184.jpg

番外編

愛の嵐…この言葉を聞いて、思い出さずにはいられない風景がある。
しかし、あまり思い出したくない、というか、わたしの憧れを砕いた体験でもある。

去年の年末をはじめてパリで迎えたわたしがかの地に降り立ったのは
予定よりも数時間早い、夜明け前。
電車もバスも来ていないので、想定外の出費に財布を痛めつつタクシーに乗った。
タクシーの運転手(ワカモノ)は客が乗っていることなんて関係なく
電話の向こうの恋人に甘い言葉をささやきながら、寄り道することなく届けてくれた。
滞在ホテルに行くも、宿泊は明日から。
部屋が空いているわけもなく、スーツケースだけ預かってもらってわたしは街へ。

がらんどうに近い街にはしかし優しいタングステンの黄色い光がほの光り、
ところどころまだ空いている店では主人が静かに話したり本を読んでいたり。
寒空のなか路上のベンチで手を握りあたためあうカップル。
パリに来たんだなあ、、と実感する。映画のような街並みと、映画のようなシーン。

道を行くわたしの対抗から、ひとりの黒人のパリジャンが歩いてくる。
オールドジーンズを履いて、すこし手前でウィンクをしてくる。
ニホンジンのわたしはやっぱり雰囲気には呑まれてもウィンクはできないので
それでも小雨のふる中、すこしだけほほ笑み返す。
ああ、なんて美しい街なんだろう、とパリジャンとすれ違う瞬間
パリジャンは不覚にも背後から抱きついてきた。いや、はがいじめに近い。

「どっ、どろぼーっ」
もちろん日本語でそう叫んだわたしはモノを盗られるもんだと勘違い。
道に面したパン屋の主人に助けを求めるも、パン屋は苦笑している。
もしやグルか?! と思った瞬間、パリジャンはわたしを放し、
一転して両手を広げ、なにかを訴えている。どうやら「アヤシクナイヨ」と言ってるぽい。
わたしはそのパン屋に逃げ込むも、パン屋は助けてくれず、店の中で追いかけっこ。
ヤツがパン屋と顔なじみの知り合いで、酒に酔って路上痴漢を試みたと
ようやく判明したのは、語学の壁もあって数分たった後だった。

「パリジャンが…」とじゃっかんイメージをぶち壊されたわたし。
キレイなものもいろいろあったが、へんな酔っ払いもカウントダウンだけあって多かった。
特にニューイヤーで通行止めになるシャンゼリゼ通りは、
カップルがいたるところで人眼はばかることなくいたる行為をしていたりする。
そして、シャンパンがビンごと空から降ってくる。
毎年ひとりは、このシャンパンのビンに当たって怪我をする日本人がいるらしい。

なぜかブラジルの巨大な旗を持って全力疾走する若者をよけ、
ぶつかった拍子におじさまにビニールのコップに入れたシャンパンを握らされ、
しかし止まろうものなら人波に巻き込まれて痴漢にあう。
(ああ、何度も言うけれどパリは痴漢の国ではありません。)

わたしを片手で庇いつつ、「彼女はぼくのガールフレンドだから」と
寄ってくる若者を制し、ホテルからべらべらの英語でタクシーを手配してくれた、
モンサンミッシェルで出会った日本人(ロンドン駐在員)が
英国紳士に見えたことはいうまでもありません・・・。

まさになにか鬼気迫るものがあったあの日のシャンゼリゼ。
もうニューイヤーにパリにいてもあそこには行かない、と思いつつ
まあそれもアモーレの国なのかしら、とも思ったり。

おしまい。

2008/03/11 04:59 | □トラブル編 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>