« | Home | »

2013/05/31

 

夢を描くお手伝い

 

 

小学校にお邪魔する際、お話やパフォーマスをさせて頂く。

 

おそらく、それ自体にはあまり意味がない。

 

大切なのは、最後に子どもたち自身に夢を描いてもらうこと。

 

夢は与えられるものではなく、自分で描くものだから。

 

あくまで自分が出来ることは、そのちょっとしたお手伝い。

 

 

小学生でも、自分の夢を人前で話すことを恥ずかしがる子どもも少なくない。

 

だから私が夢を叶えた話をすることで、彼らの羞恥心が少しでも薄まればと思う。

 

『一輪車の世界チャンピオンになりたい』

 

高収入の職業に就くことでもなく、優秀な大学に進学することでもない。

 

そんなもので世界一になることに、どれだけの価値があるのか疑問に感じられるもの。

 

しかし、良い歳した人が、そんな夢を叶えた喜び、

叶える過程で得たものを、胸を張ってみんなの前で話す。

 

話を聞いて、夢なんてなんでもいいんだって思ってもらえれば。

 

 

最初は誰も発表してくれなかった夢も、最後には楽しそうに描いてくれる。

 

大きな夢を描くための小さなキッカケになったらいいなと思い、常に彼らの前に立つ。

 

 

 

彼らがそれぞれ想い想いに夢を描いている姿を見ているとき、

 

『時の流れに組み込まれながら生きている』という実感が沸く。

 

これも生きる幸せのひとつ。

 

 

2013/05/31 11:45 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.