« | Home | »

2009/02/16

さて、前回の自己紹介では、
「安藤勇太は工事現場のおっちゃんとは違う。」
ということくらいしか伝わってなさそうなので、
今回はもう少し、踏み込んで書いていきたいと思います。

現在は、一輪車競技者でありながら、大学生でもあるので、
基本的には大学に通いながら、大学の施設を利用して練習する日々です。
そして、年に数回大会に出場し、月に数回イベントに出演し、
長期の休みになると、大会や海外の選手との練習や交流のために海外に行きます。

大学入学時に、地元名古屋を出ることになり、幼少期から練習してきた名古屋のクラブチームから離れることになりました。
同時に、以前から話を頂いていた、フランスの自転車メーカーのチームに所属することになり、大学入学後の日本での練習は基本的に一人で行なっています。
といっても、一人では刺激が少ないので、週末は近くのクラブチームの練習にお邪魔させていただいたりもしています。

普段の練習は授業との兼ね合いもあり、フレックスタイム制のように各曜日によって練習時間を変えながら、授業の前後や合間に練習をします。
体育会やクラブチームでは、練習時間が決まっているため、午後の授業は取りづらかったり、定休日に授業をたくさん入れたりしなくてはなりません。
この点では、授業と練習時間を好きに組むことが出来る自由さは、個人で行なっている良さを感じます。

練習内容は競技場で一輪車の練習をするだけでなく、ジムで筋力トレーニングをしたり、プールで泳いだりもします。
一輪車の練習は個人で行なっていますが、ジムでのトレーニングは、大学のコンディショングの先生や学生トレーナーについていただいています。
またケアのために、大学に併設している医科学クリニックや保健室で、整形外科の先生に診ていただいたり、理学療法士の方にリコンディショニングを行なってもらったり、鍼をうってもらったりします。

これらの練習やケアがすべて大学の施設で行なうことが出来、それぞれの分野で最先端にいる方々にサポートしていただけることは、個人で競技をしている競技者としては大変ありがたく、心強いです。

個人で練習をしていることや、そういった施設やサポート体制がしっかりしていることが、学業と競技の両立を行ないやすくしていると思います。

ただ、ポイントは“行ないやすい”というところです。
個人で練習していても、施設やサポート体制がしっかりしていても、
“行なえるか、行なえないか”、
“行なおうとするか、行なおうとしないか”
は、その人次第です。

この続きはまた次回。
とぅーびーこんてぃにゅー

≪参考≫
早稲田大学スポーツ科学部HP→ 「現役学生の活動紹介

2009/02/16 02:52 | 自己紹介 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>