Home > 12月, 2011

2011/12/06

 

復活します。

 

多くの方から、

「楽しみにしてたのに、なぜやめてしまったの?」

「また読みたいけど、もう書かないの?」

という言葉があったかなかったは定かではありません。

 

なぜやめて、なぜ再起するのかという問いには、

〝一身上の都合〟

という、日本語史上 最上級に便利な言葉を使用させていただきつつ、

長くなりそうなので、とにかく再開しようと思います。

 

 

なにから書き始めようか1年ほど悩みましたが、

まず、この復帰にご協力いただいた方々に感謝します。

そして、まずは2011年の一夏の思い出から書こうと思います。

 

 

 

「 ひと夏の思い出 〜序〜 」

 

夏休みが終わって1週間。

まだまだ夏休みの思い出に浸りつつ、授業がまったく頭に入ってこない頃。

 

電車を何度も乗り換え約3時間。

気づけば2車両の電車で、1車線をのんびり進む。

 

少し早めについたので、少々散歩。

【NO・DO・KA】

 

教頭先生に、車で迎えに来て頂き、車で10分ほど。

やってきました、

山梨県鰍沢中部小学校

(全日本小学校ホームページ大賞の都道府県優秀校に選ばれたHP)

学校の様子は、こちらの「校舎の写真 9月」をクリック↑

 

1年生1人、4年生4人、5年生6人、6年生1人。

全校生徒12名。

学年関係なくみんな仲良しで、先生方もとても熱心。

とにかく素敵な小学校。

 

午前中は台風の影響で延期になっていた、水泳の記録会を見学。

お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、そして大自然に囲まれ、

小さなカラダで、ノビノビかつヒッシに泳ぐ姿はとても印象的でした。

 

本年度最後の水泳の時間だったので、

最後はみんなでプールに向かってあいさつ。

 

お昼はランチルームで、学年関係なくみんなで給食。

素敵なネームプレートまでご用意いただき、

どんな高級ホテルでもかなわない最高の昼食。

あまったガンモドキと牛乳を賭けてのジャンケン大会は、

水泳の記録会に勝るとも劣らない気合い。

時が過ぎても、場所が違っていても、

小学生の給食にかける想いはかわらないですね。

少し安心しました。

 

おいしい給食もいただき、掃除のあとはついに出番。

前半30分、後半30分の60分一本勝負。

あ、でもロスタイム30分。

 

その様子はまた次回。

 

TU・ZU・KU