2007/10/25

頭のなか散らかってますかーーー(マイクを向ける)!!!

をーーーーー(地響きのような歓声)!!

よし!
みんな仲間だ!!

グッモーニンMYオーディエンス!
MEの中のMEによるMEのための非力な、でもとてつもなくパッショナブルなオーディエンスたちよ!!荒ぶれ荒ぶれ!!あーははは!!!

本日も夜はとっぷりとっぷら更けております。
大変だ!明日が来てしまう!

その前に、今日はあたいものっすぉく考察したいキョトがあるんじゃい!

あほについて。 
 

…ああがっかりしないで!お願いだから!!
そこ!え~とか言わない!

そうです。
英文法といえば旺文社、源泉掛け流しといえば芦安温泉。
そして!
ささやかな罵倒の代名詞といえば彼!

けなし言葉にしては響きがいやに腑抜けてる、愛嬌たっぷり庶民の「A」!!

えー、今宵はですね、世界の安全(?)基準トリプルAを杉並区内で唯一持っているというわたくし帯金が、満を持して皆様に「A」について、えーいいですか、「A・H・O」について説かせていただきます。
とくとくと。そりゃあもうとっくとっくと。
基本偏見で。

さてお集まりの皆さん。
Aは意外に世の中の役に立っているという事実をご存知でありましょうか。いいんや、むしろこいつが世の中を回しているといっても過言ではない!のですよええ。
若干過言ですけどね。

ほれほれ思い出してごらんなされ!

例えば新学期。

知人から友人になるときの、あのどこからが礼儀でどこからが無礼になるのかがあいまいな微妙な関係性たるや、あぁどうにかしたい!
だけどもこの時期の女子の会話は建前祭り、はっきり言って発言もおっかなびっくりなのでございます。

そんなとき、相手の失態に対して勇気を持って

「今の超Aだよね~(笑)」

この、ちょっと上から目線で罵っちゃったけどAの持つ懐の広さのおかげでギリOK?的な一言で、たったいま甲子と乙子(←そうなの?)の関係はより親密なものになったのです!
ほら、罵られた甲子もどことなく嬉しそう!
メールだけでは紡ぎきれないハートとハートのぶつかり合いをお約束しようではないか!

サークルとか一緒に入って仲良く彼氏作っちゃえよ!

ちなみにこのとき、語尾に(笑)は必ず入れましょう。これが無いと2人の関係は一気に崩落します。
え!?乙子あたしのことそんなにウザかったの!?みたいな。
同じサークルに入るどころか、向こう半年は代返すら望めないでしょう。

いかがですか。

このように一歩使用法を間違うだけで薬にも毒にもなる、これがAの本質なのです!!割とリスキー!

でもね、忘れないで。

Aを踏み台にしてなんとなくコミュニケーション円滑に回っちゃってるってこと、決して忘れないで!!

いいですか。
このとき、Aは率先して必要悪となっているのです!
自己犠牲の塊なのです!
これはもう人間関係全般のキューピットと言えるではありませんか!
いじらしい!あぁいじらしい!!んもう!A萌え!

…ね?

だからほんと、今までAのことを蔑んできたそこのお前はもう、謝ってください!すごく!
あと、ついでと言ってはなんですが、トリプルAのわたしにも謝ってください!たなぼた(棚からぼたもち)的に!!

これで皆さんの持つAのマイナスイメージはプラスに転化されたはずです。

「A=いじらしい」の方程式が心に刻まれたことでしょう!

どーでもいいけど、わたしさっきから演劇と全く関係ないこと言ってるよね!

2007/10/25 12:10 | 未分類 | No Comments
2007/09/15

にしても今回の私の役どころ。
私自身からインスパイアされて伸太朗氏が書き上げたものなのだが、はいこれを「あて書き」と言います。

リピートアフターミー。あーてーがーきー。ハイ!

俳優が役に近づくのではなく、役が俳優に近づくってヤツね。←説明超ザツ

覚えたねー?
覚えたねー?
せんせいもう2度と言わないからねー。←めんどくさがり
とにかく出来上がった本を読んでおでれーた!!

私の思考回路そっくりそのまんまの痛すぎる女子がヘラヘラしながら私に呼びかけてるではないか!
「これはアンタだよお」
「あたいはアンタだよおお」

ひいいいいいい!!!

…可愛い!!!スーパーウルトラキューティクル可愛い!!!あ、でもこの子頭悪い…!

もちろんの話だけれども、あて書きだからといっても「私」が可愛いのではなく「私」の要素を含んでさらにそれなりのキャラクターをまとわせた結果として伸ちゃんが書き上げた「友子(役名)」が狂おしいくらい魅力的なのである。

あたいのダメすぎる思考回路や恥ずかしくて死んでしまいたいよーな報われない過去の言動を、普通だったら嫌われちゃうこと必至のこのあたいを、伸ちゃんはこねてこねてフワフワの生地にして、とっても美味しいハンバーグに変えてくれたのだ!!

伸ちゃんのクッキングパパ!!
このエロイムエッサイム(?)!!

うん、おいしい!
楽しい!!!

だからこそ難しいのだが、「私」が「私」のまんまで演じてしまうと大変がっかりなハンバーグになってしまうという事実。思考回路がそのまんまでも、味付け次第で美味くも不味くもなるのだ!
くそう!えんげきの野朗!
でもそんなえんげきの野朗のおかげでどうしようもない私がひとつの「見世物」としてギリギリ成立し、救われているのもまた事実。
くそう、えんげきの野朗…。

伸ちゃんに徹底的に味見をされて、もっと甘く、もっとしょっぱく、もっとすっぱく!!と深夜に及び延々ラーメン屋の師匠と弟子みたいなことをして、ようやく味らしい味が出てきたのが本番前日、午前3時。
それでも足んない、ぜんぜんまだまだ!!

あたいはどうやら今までの人生の味付けを間違ってきたらしい…。

絶望的に先行き不透明かつ眠さで朦朧とするなか、あたしはおもった。

伸ちゃんは、伸ちゃんだけは、あたいのゴミ屑と間違わんばかりの原石みたいなものに着眼してくれる唯一のマニアック人間なのだ。
しかもそれを無条件で「かわいい」「がんばれ」「許す(許す!?)」と常に菩薩のような心で私を引き受けてくれるのだ。
これはもう、キューちゃんで言うところのコイデ監督ではなかろーか…!!!
ありがとう、かんとく!
そして、だいすきです!!!

はしれ、おびー!メダルに向かって…!

…。 

…ね?けっこうたいへんだったのよ。
その3.8倍楽しかったけど。
深夜に稽古すると声が枯れるぜわはははは!

まあでも、本当に、心のそこから伸太朗氏には感謝の気持ちでいっぱいなのです。
だって、もう6年の付き合いになるけど、私はずーっとずーっと伸太朗さんのことが好きで好きでしょーがなかったのだ。尊敬と憧れと恋の絶妙な38度線を行ったり来たりしていたのだ。
その伸太朗さんに脚本を書いてもらって、みっちり調教されて、あげく人前でどうどうと好きな人に欲情するのである。
これ以上の変態プレイがあるであろーか。
いや、ない。
つうかなかれ。

本番はね、おかげさまで大盛況でした!!
わざわざクソ猛暑のなか、新宿は歌舞伎町まで足を運んでくれたアナタ!

感謝!
感激!!
あめあられ!!

ほんとうぉに、ありがとうございました!!!!!!

今現在はペテカンという劇団で本番に向けハイテンション驀進中!!
こちらはかなりこうご期待!!

ぺテ話はまた後ほどたっぷりご報告いたしますわ!!

では皆様、あっでゅでゅーーーーーーんんん!!!!

2007/09/15 09:20 | 未分類 | 1 Comment
2007/09/08

ベルゲンベルゼン(タイフーンお見舞い申し上げっぷ)!!
…どうだ、驚いただろう。
もしくは若干ひいたであろう。

よもやナチスの強制収容所を季節の(?)挨拶代わりにされるとはつゆほども思うまい。

思うまいてーーーー!!!
STOP!温暖化!を合言葉に今夏一度たりともクーラーを使いま宣言を声高らかにしたにもかかわらず、7月後半におびー内革命戦争が勃発。
理性という名の王政は、本能という名の国民議会に「だって暑いじゃん?」と迫られ、1分半の大格闘を経て泣く泣くエアコンのスイッチに手をかけたのであります。

しょうがない…
だってしょうがない…
コンクリートジャンゴー・TOKYOで生きていくためには仕方がなかったんだ…

自由…平等…博愛…エアコン…
そんな地球の裏切り者・おびーがこの夏ひとつのぼうけんを終えましたよ!!
その名も「箱入り彼女展示会」!

1・水着アリマス
2・女の子のメアド売ります

何コレ芝居なの?という、根本的な質問が殺到した企画でございましたが、ええ、演劇でした。
まずまちがいなく演劇でした。

ただやっぱりどことなく♂率が若干高かったようには思いますわ!通りすがりの紳士とかね!!
おい!紳士!涼しい顔しておまえもやっぱりアレだな?男子だな!?

伊藤伸太朗氏が描くある3人の女子の恋愛話のオムニバス(基本男女の二人芝居)は、3人の女優がそれぞれの女子を演じ、それぞれの相手役の男子は伸太朗氏が一手に引き受けるという、演劇というフィルター越しの手間隙かけた大セクハラ祭りなのでございます。
そして散々男女の(というかしんたろーの)AだのBだのCだのを見せ付けたあと、さてどの女子がお気に召しましたかと。
気に入ったキャラクターのメアドを120円(安!)で売りつけますよと。

でも最後にはあくまでぜーんぶお遊びですよと言い放つ!!!

そんな、「完全女子見世物化計画from伸ちゃんのお茶目な妄想」な3日間なのでありました!
しかも芝居中その3女子はとても自然なストーリー展開で服をおもむろに脱ぎ、水着になるのだ!!

…何故!!
ねえなぜだしんちゃん!!おせーてけろ!

予期せずはみだしてしまった私のケツ肉たちも照れながらお愛想ふりまいて大忙し!!!
もうこうなりゃお中元ですよ!ケツ肉の!!
中野区産の…ボンレスおびー…のはみだしたケツ…。

くぉら!!受け取り拒否をするでない!!!
帰ってきたご先祖達もしっぽ巻いてあの世に引き返したという噂の灼熱お盆・2007!

あたいは大好きで大好きでもうどーしょーもないど変態な彼、しんたろどんと昼もなく夜もなく演劇を言い訳にスピリチュアル上の恋愛模様を楽しんだのでございます!!
Cを!
プラトニック・ビタミンCを!!
補給補給はきゅ~んで!!!

2007/09/08 12:05 | 未分類 | 2 Comments
2007/07/28

打撲するほど演劇が好き!!!

こんにちは!おびーです!!
わたくし、7月半ばに一身上の都合により打撲しました。
それはもう見事なくらい恥ずかしい理由で打撲しました。
恥ずかしすぎていっそ折れろと思ったくらい打撲しました。
少なくとも舞台上でやらかしましたが逆にそのせいで役者としての尊厳をゴッソリ失うという複雑骨折級の打撲を経験しました、この夏。

D・A・B・O・K・U…
濁点がいやに多いその響きはどこか人を不安にさせるの…
でもそれはまるで異世界へいざなう不思議な言葉。
ちょっぴり怖いけど、乙女はドアの向こうを見てみたい好奇心にウズウズするわ…
D・A・B・O・K・U…

そう、それはまるでイスタンブール。

捻挫と骨折の中間地点。

世界のおへそ…日本の台所…

DABOKU…

だぼく…

…打撲!!

でもその曖昧な立ち位置のせいで決して周りが心配しすぎてくれないのが打撲!
歩こうと思えば歩けるけど、歩くとものっっっすぉい痛いのが打撲!
ひねりもせず、折れもせず、一体どこに行こうというのだ打撲!

ということでこのお荷物アンヨのおかげで働くことも出来ず買い物にも行けずあげくビリー隊長のもとを泣く泣く除隊し、近所の保育園児達の声をBGMにただただニート街道を爆進したこの何日かでありました。

不幸中の幸いは、今が数ヶ月にいっぺんボッコリやってくる演劇と演劇の狭間の時期ということくらいでございませう。

それにしたっていつもだったら冬眠間近のリスのようにほっぺにドングリを、いやマニーを詰め込んで詰め込んでここから先のえんげ期間の生活費に充て込む訳なのですが。

ダメですね、こうなったら。

松葉杖つきながら寿司屋のホールは務まりません。

せっかくだからと次の芝居の台本を読みたいな、そろそろお家に届く頃かしら?…などと思っていた矢先に、次の次の芝居の台本が先に我が家に到着してしまいましたわよ!!

んもう、グレイトフルに、仕事が早い!!
しかもやだ、なにこれ、面白い!!!
ちょっとちょっと!
読んだらあんまり素敵なもんだから、あたいこの小一時間でいろいろ分泌しちゃったわ!!

最近新陳代謝が悪いあたいに、久々に分泌の快感を教えてくれたこのお芝居は、9月に客演するペテカンという劇団の「彼のことを知る旅に出る」というお芝居でございます。

去年に引き続き2度目の出演。

ありがたいことです。本当に!!

ペテカンをはじめ見たときのあたいの泣きっぷり、いつか出たいと思ったペテカンに出演が決まった時の喜び、ペテカン男性陣による愛の無いセクハラの模様は、折りを見てたっっっぷり語らせていただきますわ。

その前に、あたいは全身全霊をかけて挑ませていただく大切な演劇を控えているのです。

どちらかといえば、こっちを先にお伝えしなければならないわ!

その鋭い嗅覚でカワイイ(というよりむしろある意味趣深い)女の子を誰よりも先に発掘し、本人にさえも気づかれない程にさりげなくよくわからない類の洗脳を施す…ってもうこの説明が全く不可解でちっとも彼の良さが伝わってないけどとにかく我らが伊藤伸太郎氏 From チャリT企画(←劇団名)による、キューティー且つマニアック、女の子(と伸太郎)の女の子(と伸太郎)による女の子(と伸太郎)のための演劇がもう間もなくで開幕いたしますのです!!

その名も「箱入り彼女展示会」。

どーーーん!!

まあまあ、楽しみにしててくださいな!
精一杯展示されてやりますことよ!

しかもなんとね、気になる「彼女」のメアドを大安売り120円で売りつけますから!
本来ならプライスレスたるべきメールアドレスを缶コーラのお値段で…!!

なんてことかしら!!

なんだったらほんともうバシバシ買って欲しい!
あなたのフトコロにひとときの幸福感とお徳感をば!

さあこりゃもう来るしかないねアナタ。

稽古場の様子は随時ずずずいと更新してゆきますよ!

…あ!

でもね、その前にね、アンヨを治さないとNE!!!

ではまた今度!!

2007/07/28 08:06 | 未分類 | 12 Comments
2007/06/26

こんだっぱちっぷ(こんにちはいやむしろはじめまして)!!

帯金ゆかりです!!

お初にお目にかかりんぐ!
Junk Stageのダークサイド、帯金ゆかりの「ナマモノ一辺倒」へようこそ!!!

よくぞお越しいただきましたね?いただいちゃいましたね!?
いやもういただきます!あなたを!!

ぐへへ!

ごちそうさまは言いません、当分先まで言いますまい!

鮮魚のようにピチピチであれ!~たとえ活け造りにされても~をモットーに、毎回不気味なほどナマなわたくしが「演劇」というあまりにざっくり且つ相当スペクタクルなテーマに立ち向かい、まあ基本やられ、それでもなお声を大にして、こう、政権与党にアレです、一石を投じる勢いで、あの、コラみます(コラムを書いてゆきます)!!

よろぷくね!!!

皆さんこのページに来ちゃったってことは、もしかしてアレですか、演劇に興味がおありですか?
わたしもものすごく興味あります、えんげき。
ええ。

何の考えもなしに、NO根拠で上善水が如しの如く演劇を始めてもう恐ろしいことに9年くらいになるでしょうか。

物心ついたとき(13さいくらい)には既に演劇への想いを募らせ、演劇部が存在しないクソバリバリ体育会系な双中(双葉中学・山梨県は甲斐市に今もウキウキ健在中!)に唾を吐きかけるつもりで、そりゃもう反骨精神のかけらもなく汗をキラキラ輝かせ校庭を走りまくっておりました。せんせえ、50メートル8秒切ったよ!!

そんなわけで、本当はバスケよりも演劇がヨダレが出るほど好きで、愛してやまない方は奥田民生ではなく実は真田広之という事実はひた隠しにし、好きな男子との恋路の行方を友人とキャイキャイ言いながら、というかその男子の後をつけて家の場所を確認したり、彼が今日何時に登校して教室で誰と喋ったかくまなくチェックしたりとか彼の名前と自分の名前を色の違うペンで1000回づつ書いてその紙を庭に埋めれば両想いって「別冊MyBrthdayおまじないBook」に書いてあったからほんとに試したりあとコッソリ彼のうわばきの匂いを…

………。

高校進学のときに地元の韮高ではなく全県一区(←分かる?意味。)の西高を選んだのは、
学力がどうとか考えるべきことは全部後回しにして

「西高だったら坂を下って行けるから」
「あとえんげき部があるから」

この2点だったことを今でもはっきりと覚えております。

バイバイ、田舎のスポーツ馬鹿のじぶん!
あたいは山梨一都会の甲府のがっこうに通うんだ!何が韮高だ、中田か!!
そんでえんげき部でシェ-クスなんちゃらのヒロインなんぞをやって拍手喝采されるのさ!
あと、下り坂だからあんまり自転車を漕がずに登校できる!

カマン!ニューライフカマン!!

かくしてあたしは、下った坂は帰りには確実に上り坂になるということ、ただでさえ友達はみんな韮高に行くのに演劇をやると更に友達がへる(主に駐輪場での発声練習の異様さとあと強いて言うなら放課後のカラオケの誘いを常に断るため)、という簡単な物理の法則をうっかり見落とし、来るべきハッピー色になるであろう高校生活に過剰な期待をしつつめでたく入学したのであります。

ちなみに結局シェークスなんちゃらは1度もやりませんでした。

以上が、わたくしのえんげきへの道~序章の一歩手前編~でございます。

まあまだ、この段階では演劇部の門を叩いてすらいませんから。今まだ入学の手続きとかジャージ購入したりしてますから。

これからです、あたいと演劇氏のほんとうの馴れ初めがはじまるのは。

もし仮にこのコラムを読んでくれる稀な方がいらっしゃって、万に一つも「え、あの続きがあんなら読んでもいいんだけど」みたいなことを思ってくれる方がございましたら、是が非でもご一報ください。
剥き出しの素っ裸になる気持ちで最大限の誇張表現を交えお送りしたいとおもいます。

そんな訳であの桜舞う16歳(処女・いろんな意味で)のあの日からズアーーーっと駆け抜けて9ねんかん。
心は時々とっちらかった方向いてても、少なくとも身という身は演劇に費やしてまいりました。
ええ、まいりましたとも!!
あたいのカルビもホルモンも、ドップリえんげきテイストですわよ!!

何が恐ろしいってあーた、来年でスイートテンダイヤモンドを頂戴するまで演劇氏とお付き合いしているというのに、彼のことが未だにさっぱり理解できないというこの見えない感。
アーンドゥ、いい加減チッスぐらいすませたいこの距離感。

なにコレ!!
あたいら何年来よ!?

彼の好きなもの、彼の好きな場所、普段何を考えているのか。
ぜんっぜんわかんねえ!
たまに会えても終電で必ず帰されるこの「君とはまだだから」的なニュアンス。
すっげえもどかすぃ!!

すっごい知りたい、あたいごっすい知りたい!あなた(えんげき)のこと!!
もっと近づきたい!容赦なく接近したい!あなた(えんげき)に!!

そしていい加減恋人候補から脱却したい!!

そんな想いでいっぱいいっぱいのわたくしなのでございます。

そしてそんな想いを抱えつつ、現在北京蝶々という劇団に所属しております!

理屈と理性で構成されるうちの作品に、これでもかというくらい不自然極まりなくエモーショナルに立ち続けております!!

いやいやなにとぞ、よろすくお願いしまぷね!!!

と!

いうわけでございましてええ!!!

このコラムではある舞台女優のひがな考えるどうでもいいこと、稽古場で巻き起こるどうでもいいこと、舞台にたってしみじみ感じるどうでもいいことを、三点倒立並みのバランスの良さで繰り広げていきたいと思いますよ!!

基本、どうでもいいこと祭りです!!!

お暇になった暁には是非お立ち寄りくださいまし!

首をギリッギリまでながーーく伸ばすに伸ばしてお待ちしておりますわ!!

ではではでははーーん。

2007/06/26 11:41 | 未分類 | 379 Comments

« Previous