2008/05/25

2008年5月 江ノ島 マリア 305

駒込にてカルガモの表情を図らずも至近距離でキャッチ!!
キャメラを向けても決して取り繕うことのないカルギャモっちの自意識の無さに役者として何かを学ぶ5月の終わり。

ナイスなナチュラリズムに乾杯(もちろん発泡酒で)!!

DOオMO!!

週刊ジャンクステージにて露骨に月刊化しちゃってるおびーです!!

今更にもほどがありますが「あなたの部品ファイナル」、私の右足付け根の負傷と私が負傷させた森田の右肘と私が負傷させた田渕の左肘を除くほぼ全てが滞りなく無事に幕を閉じました!

ええもう頑として無事に!!

ご来場くださいました皆様、そしてご来場出来なかった皆様も一様にどうもありがとうございました!

激しく感謝ングでございます!!


そして今回も有難い事に山ほど差し入れやお土産をいただきまして、正直生まれながらに物欲にまみれている私オビカネといたしましては俄然テンションも上がる一方だったわけでございます!!

皆様これまた本当にもうありがとう!!
激しく永遠(とわ)に感謝ング!!!

公演中にいただくものとして一番(いや一番とか無いでゲスけど!)気持ち盛り上がッティーなのはやはり…

お花!!

もらうたび「なにこれ女優さんみたいジャーーン!!ぎゃほーーい!!!」
花束抱えて飛び上がるわけです。

で、

ひまわり階段 

見て!!

もう私の金運を全力で心配されているとしか思えないほどの、まっ黄色のHIMAWARI!!!
もちろん全力で我が家のドン西にドン付け。

階段が…憧れのひまわり畑に!
でも花瓶が全く無くペットボトル管理だったためどちらかと言うとひまわり工場に!

この大量のHIMAWARIがこの公演中の我が家の主役でございました!

そんなどんなで現在は次回公演に向け鋭気を養うため、大いに食べ大いに飲み、どんどん大きくなっていっています!物理的に!

このまま十月十日(とつきとおか)経ったらもう1人オビカネが出てくんじゃないかっつうくらい、滋養強壮肉欲発泡酒な今日この頃!!

8月に控える「JunkStage 第1回公演」で皆様の目に触れる前に、この忌まわしくもわが身にまとわり付く物理的なものを何とかカントカどうにかウントコそぎ落とさなければ!!!

ちょっと今からその辺の川で泳いできます!!

では今回は(今回も)割とあっさりとばいち!! 

 
2008年5月 江ノ島 マリア 304
あっ痛い!!
キャルガモ…痛い!!!
手!手え噛んでる!!

ナチュラルすぎるぜキャルギャモ。

2008/05/25 05:41 | 未分類 | No Comments
2008/04/22

ここジャンク村で、私帯金が女優らしい姿を見せないというもっぱらの噂でございますが、

皆さん、

アタクシやってるんです、きちんと演劇を。

北京蝶々はね、先月行われた若手演出家コンクール2007で、なんとも嬉しいことに審査員特別賞と観客賞をW受賞することができたのですよ!

で、ただいまその受賞作を皆様にお届けしております。

しかもね、北京蝶々はこの公演でいよいよ早稲田大学演劇研究会を卒業するんですってさ!!

あんでまーー!!

見物ですよこりゃあ!!! 

北京蝶々・早稲田ファイナル公演
『あなたの部品 ファイナル』
4月19日(土)~27日(日)

■あらすじ■
東京で、二度目のオリンピック。
国際情勢の悪化に伴い諸外国が次々と不参加を表明する中
海外派遣を打診された一人の義肢装具士。
彼がたどり着いた結論とは――。

■開演時間■
2008年04月
・19日(土)19:30
・20日(日)14:30
・21日(月)19:30
・22日(火)19:30
・23日(水)19:30
・24日(木)19:30
・25日(金)19:30
・26日(土)14:30/19:30
・27日(日)14:30/19:30

開演の1時間前に受付開始、30分前に会場。

【会場】
早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエ
(早稲田駅より徒歩5分)

【チケット料金】
前売:1800/当日:2000
学生割引:1500、新入生割引:800
※要学生証提示

【ご予約】
観劇日時がお決まりになりましたらこちらからご予約くださいまし!!
 

どうやらなかなか評判も良きようですYO!!

あらまあ観なくちゃに!

2008/04/22 02:26 | 未分類 | No Comments
2008/04/01

明日ありと 思う心の おびかねさん 
 
 
 
おそこんばんち! 
 
 
咲いたと思ったらぬあっという間にさっさと散りゆくおびーだよ! 

近頃はほんともう… 
嫌になるくらい一喜一憂だよ!! 
別にこれといって何もないけど! 
 
強いて言えば日々の細胞分裂との戦いダヨ!!! 
 
特に腹部のね! 
 
 
アイツら…人んちの腹でぬくぬくと…そしてぶくぶくと増殖しやがって… 
 
ほんともう、ガッデム極まりない。 
ほんともう、結果ボッティチェリ極まりない。 

 800px-botticelli_primavera.jpg
夏が過ぎ秋が来て冬を越し、野を越え山を越え気が付くといつの間にやら大黒柱のようにドッシリと頼もしく我が腹部にはびこっている腹細胞くんたち。 

うかつにも彼等腹細胞一味に占拠されて、ジーパンのボタンの存在価値もいよいよ意味を無くしつつありますワタクシおびーなのです。 
ああ!!
 
この腹肉をバターで炒めて食したい!
うまいこと自給自足りたい!!!

食費もかからねえし細身っちゃうし一石二鳥の出前一丁じゃねえかうひょひょいひょいっとぉ!!
 
…なあんつってな。
 
 
まあね、まあね、そう簡単にうまいこといかないのが世の常人の常なのでございます。
どう考えても、この恐怖の細胞分裂は何かしら苦労をしないとストップかけれそうにない。
嫌だけど寝る前のラーメン控えるしかない。
嫌だけど走ったりスクワったりするしか…ない。
 
 
はわわわわわわ。
 
…やっぱヤだ!
 
どぉおう考えてもヤだ!!
 
お腹すくのヤ!!
疲れるのヤ!!
でもこれ以上ジーパンのボタンがあきっぱなのも…YA!!!


 
のんべんだらりとして且つ上手い具合に痩せたいよう!!

 
 
とまあ、だいぶ心も体も(むしろ心が大幅に)驚くほど自堕落な私ですが、こんなダイエットの1か条すらまっとう出来そうに無いあたいもね。
 
出来ちゃったことがあるんですよ、その昔激ヤセが。
 
3ヶ月で都合11キロ分の脂坊ヤロウが消えて無くなるという奇跡が。
 
 
これはダイエットでお悩みの全ての皆様に確信を持って言えることですが、本気で痩せたいなら一刻も早くお近くの早稲田大学演劇研究会の門を叩くことです。
 
新人稽古のキツさ・厳しさ・非道さに関しては以前たらふく述べましたが、ビリー隊長もおののく肉体訓練プログラムが待ち受けています!
 
 
浪人時代にモスバーガーの食べすぎで見事に自分自身がパティーになってしまった私が、目に見えてやつれて行きましたから。


ゲソ~ンと!
 
 
その3ヵ月間ってば、毎日なんだかよく分からない雄叫びを上げ滝のような汗を流し、近所の弁当屋で「おそらく鳩かカエルだろう」と噂される何かしらの肉の唐揚げだけで栄養を取り、家に帰れば腐ったジャガイモを処理も出来ずひたすら寝続け、毎日めまいと吐き気に耐えながら日々を送っておりました。

   
脂肪さんたち、耐えかねずお引越し。
体内に溜め込んだモスエキス、見事に全部除去!!

 
なんか、同時にからだを作る大切な組織をいくつか失った気もするけどね…!!

  
あれから5年、25しゃいになった私はうなぎのぼりで順調にリバウンドし、今ではプリン体という戦闘服に身を包んでやはり訳の分からない雄叫びを上げて、相変わらずジャガイモは腐らせてばかりなのでありますおります。 
 
 
 
何も変わらねえ… 


 
 
体重以外何も…  

2008/04/01 06:07 | 未分類 | No Comments
2008/03/02

080225_14200001.jpgもーいーくつねえるうとー、ふんふんふんふんふうーーんではっくしょーい!!!

あざーっす!!


今日もあざあざあざーーっすっくしょーい!

 

誰彼かまわずあざあざぶえっくしょーい!! 


なんだか妙ちくりんなハイテンションで今夜もぶちかましますは(くしゃみを)私帯金でございます!!

 今宵はことのほか妙ちくりん!
 
1足す1ははっくしょいでわっしょい!!
 

 

…何だ何だいつにも増して、この交通事故のようないと読みにくしな文章は!

 

頭も目も霞んでよく分からないよ!

思考回路がぼやけて候! 


嗚呼名も知らぬそこのどなたか、あたいに1滴の点眼料をば。

参天製薬をば。

できれば頭にも何か効きそうな点眼料を垂らしてくれたらものすごく良きにはからうのに!

そんなワケで本日3月1日をもちまして、わたくしめでたく今年も杉花粉を受粉いたしました。

 

おかげで鼻腔という鼻腔、瞳孔という瞳孔、果ては脳味噌の僻地にまで彼らは浸食し、飲めや歌えやの酒盛りになっているようであります。

杉が。

 

いや、まだ杉未満な杉ベイビー達が!!

 

お前らひとんちに土足で踏み込んで大暴れしやがって 


憎い!
 
ひたすらに憎い!!
 

 
こちとら、こちとら本場前なんじゃーーーい!!!
 
3日後には幕開くんじゃーーーーい!!
そしてたった2ステージで幕閉じるんじゃーーーーい!!
しかもコンクールなんじゃーーーい!!
演劇界の重鎮がわんさと観に(ていうか審査しに)くるんじゃーーーーい!! 
 
他人に評価されるなんて高校演劇以来であたしゃ今ただでさえ産気づいてるチガウ殺気だってんだよ! 
 
ブオン! 
 
ブオウン!!(殺気音)
 
 
そんな大っ切な舞台でアンタ、「ぶえっくしょーいのこんちきしょう!!」なんて言った日にゃあ、そらあそらあえれえことですよヘイらっしゃい!!
 


ふう。

 そんなこんなで、我らが北京蝶々、なにをどうアレしたのか若手演出家コンクールなるものに応募したところ、あれよあれよと優秀賞を取ってしまったんでてやんでいな訳ですよ。 

これはまあ言ってしまえばベスト4。
 
 で、次に待ち受けてるのが決勝戦なんですにん!  


こりゃあもうやるっきゃないっしょ!っつうことで今、もうまさに今、近年稀に見るかつてない一丸っぷりでコンクールに向かって突っ走ってるのであります!!
  
 
今回は北京蝶々初のゲストをお迎えし、役者陣もパワーアップ! 


 
もうほんと、自信作。 
 
観に来てくれたら喜び勇んで勇み足。いや勇み足ヨクナイ。 

ちゃっかり公演情報載せちゃうから、かったらうっかり足を運んでね!! 


北京蝶々
若手演出家コンクール参加作品
「あなたの部品」

★あらすじ
2016年、東京で二度目のオリンピック。国際状況が悪化する中、ある義肢装
具士の周りでは、徐々に何かが変わろうとしていました―――。
人間と義肢の境界線とは。人と国家の境界線とは。
「一体感」とは何ぞや?をテーマにお送りましす。

★日時
3月4日(火)19時
8日(土)20時

計2ステージ

★場所
下北沢「劇」小劇場

★チケット
前売り/当日共
2000円
この1枚で、コンクールに参加している全ての劇団を観劇することが可能です!

★キャスト
松本大卒(劇団チャリT企画) 赤津光生 帯金ゆかり 鈴木麻美 森田祐吏 垣内勇輝
田渕彰展 白井妙美 他


 
もしも私が舞台上で涙していたら、それは感極まったのでは無く受粉ですか

ら、ただの。 

2008/03/02 05:07 | 未分類 | No Comments
2008/02/12

ばーくーが!
ばーくーが!

…ばーくーが(麦芽)!!

ィエース!!

今宵も麦100%で千鳥足しちゃってんの皆様ーー!?
 
アタクシもビールのフリして実は「その他の醸造酒」なアイツを体内の隙間という隙間にぶち込みながら寂しい夜を過ごしんぐ!!
 
ああ、豆から出来た醸造酒…
別にいい…
こだわらない…
安くてそれなりに量があれば問題ない…

そう、アタイは3度のメシよりビアーが好き。
シュワッシュワなアイツがド大好き。
 
だって…だって…
 
ホップでポップな気分になれてしかも安いから(安さ最重要)!! 
  
20歳超えるまでは「お酒ですかー?苦手ですうー。」だったアタイが、プリン体と聞いただけで心躍るようになってしまうとは…。

こんなにもアタイがシュワ人間になったのは、そう。

 
それもこれも全てはえんげきのせいなのだ! 
 
 
えんげき人というのは、コミュニケーションの一環として兎にも角にもまずは飲むのである。

客演したら、稽古も始まってないのにまずは顔合わせと称して飲む。
毎日稽古が終わったら、反省会と称して飲む。
公演初日には、初日おめでとうと言って飲む。
公演が14日あったら、間違いなく毎日飲む。
公演最終日には、それこそ狂ったように飲む。 

飲むために演る(やる)。演るために飲む。
 
そしてここにアルコールと演劇で織り成す永遠のメビウスの輪が誕生するのだ!
嗚呼悪魔のルーティーン…!!
 

そんな悪魔に囁かれたのかアタイの尊敬する大先輩Hさんは、その昔開演前に赤ワインを一本一気に飲み干し舞台上に繰り出していったというのだから凄い。
その後無事に舞台が幕を閉じたかどうかはもはや迷宮入りだけども…。

…ね。そんな妙な武勇伝が撒き散らされてる環境に、というか挨拶代わりのビール攻めにドップリ7年間も浸かったら、そりゃ誰でもOSAKE大好き☆になってしまうだろ!
 
好きじゃなくても物の上手なれじゃコンチキショー!! 
 

このように、今ではすっかりコンチキショーなシュワシュワプリン体人間私おびーは、そんな訳でいつの頃からか舞台と酒を切っても切り離せなくなってしまったのでございます! 
  
だからね、時折夏の野外公演などで行われる飲みながら観れる芝居は、もう観る前に千鳥足になるくらい好き!! 
 
いやこれは、これだけはほんっとーに純粋に楽しい!!と言える。
もう、全然JOY。 
二つ返事でJOY。
つべこべ言わずJOY。
 
私の大好物「夏・芝居・酒」この3点セットを一気に楽しんでしまいましょうという、我が人生におおむね悔い無し!!な瞬間なのであります。
 
そもそも普通の芝居を観るときは、暗い劇場に詰め込まれて手持ち無沙汰で待たされた挙句、やっと始まったら上演中はおとなしくしてなきゃなんないし、咳ひとつでも周りを気にしてストレスは溜まる一方なのである。

それに比べて野外劇ってば、待ってる間は飲んでていいし上演中も飲んでていいしゲップもオナラも出し放題なのだ!
笑って泣いて酔っ払って、見事にアドレナリン大放出。大放屁。
右脳も左脳も瞳孔までも全会一致で開きっぱ。 
 
この上無く最上級にサイコーーー!!! 

えんげきの記事を書いてるはずなのに、えんげきに対する有益な情報をあまり語らないという肩すかしなワタクシ帯金ですが、ひとつここで皆様に「飲みながら観る夏の野外劇」をお勧めいたしませう!!!

 
とまあ、そんなこんなどんなでね。 
 
正月に帰った実家からお歳暮で届いた缶ビールをしこたまパクってソッコー飲み干すくらいシュワッチ人間に育っちゃったアタイは、プラスして大して人見知りをしないものだから、酒場のみでお知り合いになる方がやたらに多いのでありますのです。ホントに。 
 
が!

残念なことに、ひじょーーに残念なことに、その何割かは確実に記憶になく、家に帰って覚えの無い名刺の前で正座し我が海馬にはびこるシナプスというシナプスの門を叩いて「この人ご存知ですか、この人ご存知ですか」とマッチ売りの少女並の絶望的な展開を繰り広げるのであります。
 
誰も…マッチを買ってくれない…
パパに怒られる…

誰も…覚えていない…
都庁勤務のこの女性の存在を…
メールが…しづらい… 

ヨダレ垂らして酔っ払っていたアタイに名刺をくれるほど仲良くなった都庁勤務のMさん、一体アタイとあなたは何を喋っていたのでしょーか!?
そして名刺と一緒に持って帰ってきたビニール袋いっぱいのまだ土の付いているゴボウはコレ、Mさんがくれたんですよね!?

ありがとう、だけど何故!?

きちんとお礼は言えたのだろうか…というかそもそもこのゴボウはMさんがくれたのだらうか…。

聞きたいBUT聞けない。ここにまさかの悪魔のルーティーン再来。   
 
忘れましたなんて言えるもんか…。

 
 
Mさんごめんなさい、まったく覚えてないので良かったら一からやり直させてください。
そして今年の夏はきっと一緒に野外劇へ!!
  

2008/02/12 03:47 | 未分類 | No Comments
2008/01/24

 
毎度どうもんちこりん!

おびーでげす!

この度「帯金ゆかりのナマモノ一辺倒」から「帯金ゆかりの軽はずみ」にタイトルをチエ~ンジいたしましたわっしょいしょい!!

いや今考えてみるとほんと何なんでしょう、ナマモノ一辺倒って。
まるで意味が分からない!
酔っ払って命名したとはいえ、ほんとまさに軽はずみだったにも程があります。

という訳で、ここはひとつどストレートなネーミングでリスタート!!
新しくなったフリして中身は何も変わっちゃいねえそんなあたいをヨロプクりん!
 

さてさて雪やコンコンあられやニンニンな今日この頃、めちゃむちゃにお寒いですが皆様寒中してますか!?
私はすっかりさむなか(寒中)な日々に凍えおたつき部屋にかたつむりんぐです!

 
あぁさむなかさむなか。

 
これだけ世間で省エネをうたっているにもかかわらず、我が家の電力をガンガン使いすぎてブレーカーをバツーン飛ばしてしまったのはこの私です、すみません。
しかもぶっ飛んだ瞬間家中の同居人達がワラワラ出てきて真っ暗な廊下をガンガンぶつかりながらうろたえていたのを他人事のように笑っていたのはこの私です、すいません。 
 
でも…でも…

ブレーカーぶっ飛ばしてでもぬくとくなりたかったんだあたいは…。

 
ぬくとくなりたかったんじゃいーーーーーい!!!
 
 
はう、はう…。

 
という事でまあ上記のことからも分かるように、あたいは寒いのがほんっっとこさ嫌い。
 
例えるなら寒中が思わず喪中になるくらい嫌いなのでありまふ!

  
なんつうか、忍耐?
みたいな事が極っ端に苦手というか、耐え忍ぶというやり方が皆目見当もつかないのです。 

 
プリーズ教えてハウトゥーNINTAI!!

 
中学の時バスケの試合中に、単に疲れたからという理由で「まいっか」と言ってドリブルを突然やめてビタっと試合の流れを止めて試合放棄にかかった私には、「何事においても最後までやり抜く」という小学校の学級目標レベルの課題が常日ごろから守護神様のやうにつきまとっているのでございます!

 
とまあそんな生まれつき根性の無い、そんなアタクシがですね。
上京してきて何をうっかり間違えたのか門を叩いてしまったのが、そう!

 
早稲田大学演劇研究会!!!

 
ここはもうキングオブ・ザ・忍耐というか血ヘド吐いても忍耐というか、マジでガッツリ根性系の場所だったんですよね。
…ほ~んと早く誰か教えて欲しかったわ。

もうだって入会希望ですと足を踏み入れた瞬間嫌な顔されますから。 
 
嘘!?

普通…
普通歓迎しねえ!?みたいな。

 
で、ヘラヘラやってきたあたいは(ただやってきただけなのに)そりゃあもうライスシャワー並に舌打ちを浴びせかけられ、そのまま新人稽古という恐怖のカリキュラムに挑むわけですが。
 
 
あ、死ぬ?
 

 
と本気で思ったことがその1年間で何度襲ってきたでありましょうか。

白目むくほど走らされては「もっと走らんかい」と脅され、内臓が飛び出そうなほど飛ばされては「もっと飛ばんかい」と脅され、フラッフラになっていると「疲れたフリすんじゃねえよ!!全部出せよ!!!」と脅され、うるせえフリなんてする余裕ねえんだよこっちは!つかまず「全部出せ」の意味がよく分かんねえよこれ以上何おっぴろげればいいんじゃ死ねハゲ(←心の叫びってほんと粗野ね)!とか思っている暇もなく「今度は走りつつ飛べーーー!!」うぎゃぴーーーー!!!
 
…あげく面白いことをやれと言われて舞台上に立たされ渾身の一発芸をやっては「ふうん」と冷たい目で見られ…。
あ、そこは引くんだ!?そこは怒鳴ってくんないんだ!? 
 
何その「この空気お前が責任取れ」みたいな目!!

 
…という、肉体的にも精神的にも極限に極限を重ね着させた十二単みたいな、限界の厚着を強いられるのであります。

 
そんな、平成の生き地獄みたいな稽古からやっと開放されたのもつかの間。

今度はメシを食う暇もなく公演作業という、人が横で寝そべって軽く2人分の幅のある立て看の色をひたすら塗ったり舞台セットに使う装置を作ったりと、まだ入団させてはもらえぬ先輩劇団様の下っ端労働力として働くというミッションをこなすわけです。

しかし残念ながらわたくし帯金は記録的な不器用さ故、塗ったモノはみ出す、持ったペンキは落として皿ごと割る、なぜかそこらじゅうウロウロする、切っちゃいけない材木は切り落とすなどの数々の失態により、ついに先輩のみならず同期からも「使えねえ」と呆れられ天涯孤独の境地に立たされる羽目に。

 
絶体絶命の大ピンチ!!!

 
 …ああもう死にてえ、今度こそ間違いなく死にてええ!
いっそ誰かトドメ刺してけろ!!!

と疲労と不器用と孤独の桶狭間に立ってプルプルと断末魔の呻き声をあげてるところに。

 
くるんだ。

 
先輩が気まぐれなやさしさで「食う?」と差し出される一本のポッキー。

 
…ああああああ!!!
 
虫ケラ同然のわたくしめなんぞに!! 
ポポポポポッキーなどという人間様が召し上がる贅沢品をば!!!

 
 
あざーーーーーす(感涙)!!!
 

 
自分、マジ、ギリギリでしたあ!!

 
 
…と、このようにそれがこれほどまで効果を発揮してると知ってか知らずか先輩方は、ムチ25に対してアメ0・5みたいな、完全に比率の狂った戦法で我々の残り微かなやる気エナジーを絞り出し、新人どもを生きながらえさせるのであります。

まあそんな具合で365日あったら355日くらいはこんな感じで過ぎてゆき、あたしたちは毎日を誤魔化し誤魔化し、ある意味夢のような新人時代という刑期を終わらせるのでありました。
 
 
 
 
…あ、なんだわたし、意外と根性あるじゃん…。 

 

2008/01/24 02:35 | 未分類 | No Comments
2008/01/03

あーだるい!もっすお(ものすごく)ダルい!!あたいめちゃくちゃ…ダルビッシュYOU!!!

この年末年始、いかがお過ごしんぐですか!?
怒涛の芝居ラッシュもひと段落して、わたくし心置きなく体調不良に身を投じております。

いや普通に風邪です。

誰も心配してないだろうけどもし仮に誰か心配してくれる人がいたらどうぞご心配なく。
普通に風邪です。

そして今何故か猛烈にピアノに取り憑かれております!

実家で。

もう毎日アレグロまくり。

全然上手くならないのに不協和音出しまくり。

犬、つられて吼えまくり。

ああ楽しい!!!

何がいいって田舎の一軒家は24時間大音響許され放題ということなのだ!!

万歳ボリュームフリーダム!!!

こんな時間にわたしってば弾くわ歌うわ踊るわで、隣近所と密接しまくってる中野区では決して出来ないことを存分に満喫しているのであります。

コモン・センス大崩壊イン山梨!!

ということで今日はそんな(どんなだよ)コモン・センスのお話だよ!

というのも、「常識と非常識」というテーマで何かお書きなさい、ほら早く!
というJUNK編集室からお達しが来てから(←ほんと怖い)数日に渡り「常識とは何か、非常識とは何ぞや」ということばかり考えてきましたわけでございまして、そしてあっさり締め切りも過ぎましたわけでございまして(←ほんとすんません)。

あ、わたし特にこだわりはねえや。

という結論が今しがた出たばかりでございます。

…えー、まさかとは思っていましたが、ここまで自分が常識ボーダレス人間だとは思ってもみませんでした…。

まあ、ボーダレス帯金としましてはですね。

常識なんて所詮幻想でしょ、という思いを常に胸に抱いているわけでございますのですよ。

ハイ極論出た~。

だってでもね!
みんなの「DA・YO・NE~」の集まりだと思うのです、常識って!

「いい国作ろう?」
「鎌倉幕府!」

「DA・YO・NE~」

ホラ!!

いや何がホラだ!

まあでも二ッポンというコモンに属しちゃってるなら鎌倉幕府が正解なのだ。
江戸幕府の皆さんだって多少はいい国作っちゃおうぜーって言ってた気がするんだけどその辺はやはりあたいもニッポニア・コモンの一員なもんだから。

だけど!

いいじゃないか、新年にメリクリ連発したって(怒られた)!
いいじゃないか、御中に書きなおさなくったって(怒られた)!
いいじゃないか、犬にタマネギ与えたって(それはダメ)!

だって死なないじゃん(いや犬は死ぬ)!!!みたいな。

私的にはだからもう、法に触れなければ概ねOK!な生き方ドンと来いな日々なのですが、だからと言って無神経にはなるべく生きたくはないぞと。
無鉄砲バンザイな私でも、エスカレーターできちんと左詰めで並ぶのはやはり右側を駆け上がるセッカチさんのためなのであります。

その辺はわきまえングでいきたいなと!

人として破綻しない程度に常識に抗っていきたい齢25なのでありまする!!
…いやなんか、ほんとは常識ファック!!とか大声で叫びたいんだけど個人的には。

実家は人をやさしくさせます。

あとこんなことばっか言ってると嫁に行けない。
ワタシ、嫁イキタイ。
シアワセ、ナリタイ。

2008/01/03 12:00 | 未分類 | No Comments
2007/12/31

皆様ーー!!
メリー新年明けましておめでとうイブいえーい!!

ちょっとちょっとお!
知らない間にまもなくらしいじゃない!?まもなくで、幕開いちゃうらしいじゃない??
にせん飛んではちねんが!!

さあ締めくくりますよ、無理やりにでも!ガッツンガッツン今日と明日の線引きしちゃうんだから!!

本日は皆様に、「2007年おびーに何が降りかかったか、主にえんげきにおいて」という、まーもーほんと読む人が読めば今すぐ「戻る」をクリックしたくなるようなお話をするわけですけれどチョット立ち止まれそこのあーた!この際潔くあたいと一緒に濁流に飲まれてしまいなさいよ!!

えー今年はですね、おかげさまで8本の舞台に出演することが出来ました!
だいたい1.5月に1回のペースでしょうか。

いやいや有り難いこってす!

普通はまあ、避けて通りますよねこの本数は。

役者だけでは食ってはゆけぬ小劇場業界、年に8本舞台に出たらあの、もう、死にます物理的に。
よく生き残れたもんです、生き残してくれたもんです!

神様ありがとう!
今年も残高0円でどうにか命を繰り越せそうだよ!何だったら来年も…ヨロスクね!お手柔らか系で!!

舞台下ではリアルに格差社会という言葉が身に沁みた2008ねん、その分舞台上では大いに格差ヤロウに唾を吐きかけてやりましたよコンチキショウ!!!2月!!イトウシンタロウ氏率いるバレンタイン芝居、「義理チョコ一掃クリアランスセール」!

シンタロウ氏の独断と偏見すぎる偏見で集められた魅惑の女子2人(もちろんわたくしその1人、異論反論の受付は終了しました)が、ま、要はシンタロウを取り合うお話。
「この人はあたいのものよ!」「いいえあたいのものなんだから!」「キーーー!!」「どっちも好きさハニー達」「キーーーー!!!」

…この人(シンタロウ)自分で書いてて何やってんだ…。

シンタロウ氏は劇研(早稲田大学演劇研究会)の大先輩なのですが、彼は私に、まさに手取り足取りな稽古をしてくれました。
もう、鬼。
いやどっかの某演出家みたいに物投げたり罵ったりとかは絶対しないんだけど、なんか、ゆるりと、鬼。

2人で読み合わせをしてても

氏「今、集中切れたね?」
私「切れてません(伏し目がち)。」
氏「はいもっかい」

氏「今、流れ汲んで無かったね?」
私「汲んでます(伏し目)。」
氏「はいもっかい」

氏「今、俺の台詞聞いてなかったね?」
私「聞いてます(伏)。」
氏「はいもっかい」

氏「…お腹すいた?」
私「すいた(俄然)!!」
氏「ほうらチョコレイトだぞう」
ヤター!せんぱいだいすきー!

なかなかの飴とムチ戦法で見事に私を調教するのですが、いったんムチモードになるとこちらの気の緩みや読み込みの甘い点をばっさばっさ切りまくりなのであります!

本番はオサレなキャッフェで血糊噴き出しまくりで(←シンタロウが)大いに暴れまくった3人なのでした。

3月!!

さりげなく卒業!
両親、今思えばこの1年で一番の笑顔。

はい4月!!

北京蝶々「ドラマ進化論β版」!
1ヵ月後に控える「ドラマ進化論本公演」に向け、β版と銘打ち芝居を打ったのであります。
そしてお客様にアンケートを書いていただき、それをもとに本公演を作り変えますよ、とそんな波乱必死の、無理難題ほどアタイ達…興奮しちゃう!なドM芝居でございました。

内容はですね、あるドラマ制作会社の双方向ドラマを巡るドタバタと、平行して多数派という謎の組織によって起こされる新東京タワーの開業セレモニーでのテロ事件、この2つの出来事が徐々に繋がって…果たして!?

…みたいな話だった、確か、うん。

まずい、早くもおぼろげ!
4月とか全然おぼろげ!!

いやでもこのときは北京蝶々初となる映像作品を作ったんだ!
某タワーや某都庁でのゲリラ撮影はなかなかスリル満点で、撮っちゃ逃げ撮っちゃ逃げ。
…あ、ダメかなオンライン上でこんなこと書いたら…まいっか…時効!!

このときは「貧乏な女優・クミ」という役作り必要あんの?みたいな役どころでしたね!

はい5月!!

北京蝶々「ドラマ進化論本公演」!
うりゃうりゃ~!!!
言われた通りに作り変えてやったぜ!!!
キャストもちょっと…変わっちゃったゼ!!

…皆様その節は本当に愛のあるご意見をありがとうございました。

ええ、もう、おかげさまで我々マジで大変でした。
お客様のご意見ご感想って、ほんっと申し合わせたようにバラバラですよね!

とっ散らかった彼ら(アンケーツ)をまとめることは、城北幼稚園のはだしで駆け回る園児達に一人一人靴を履かせることより数段難しいのでありました。

ではここで、当時鼻水垂らしながらはだしで駈けずり回った園児代表帯金の、今パッと思い出せるアンケッツ・ベストいくつかを紹介しませう!!

「ラストの展開が急なのでもっと分かりやすくして欲しい」
…お、ありがたいご意見!そうですよね、もっとラストに向かって丁寧に作品づくりをしていきたいと思います!終わったけど!

「役名の区別がつきにくい」
…あらすみません!気づかなかった!ちょっと言うだけ言っときますね!終わったけど!

「声が小さい」
…あ。基本的なことを…。お恥ずかしい。役者全員走りこみから鍛えなおします!

「手際が良かった」
…何のですか?何のですか?

「クミの女優の自覚が無い」
…私です。それ、私の役です!
それ、わたしの女優としての自覚の問題です!!!

「アンケートに左右されないで欲しい」
…出た!!
クレタ島人は嘘つきだとクレタ島人は言った、的な!!
正直この意見に一番左右されましたよコレ!

いやはや皆様ありがとうございました。
もっと本質に迫るケッツもうじゃうじゃあったのですが、めんど臭(にお)うんでプリーズ割愛で!!
そして本公演2日前に、世間と早稲田界隈を震撼させた例の事件ですよ皆さん!!

早稲田大学生、全体的に大惨事。
芋づる的に、北京蝶々大惨事。

そう。

HA・SHI・KA!
~打て!ワクチン!事なきを得るために~

だから事なきを得れなかったんだってバ!!

NO免疫な大学生達を狙って、麻疹ウイルス大暴れ。
いつもはあんなにやんちゃ極まりない早大生達が、バッタバッタとハシカんでいったのであります。

マズイ!
もうそこまで魔の手足が!!

結果、早稲田のアトリエで活動している我々も急遽公演を延期し、ワクチン屋さんへすっ飛んでいったのでございます!
確かに無理難題ほど興奮しちゃうアタイたちだけんども、誰もここまで頼んでない。
公演延期をしてとは、誰もアンケッツに書いてない。

そこまでウチら、Mじゃない。

…と、ここまでが上半期だけんども!!

長えよ!
まだ芝居5本分残ってるから!!!
言いたいことめっちゃあるから!!

大晦日な今の時点で、まるで終わりの見えない予感プンプンしてるわ…。

2007/12/31 12:00 | 未分類 | No Comments
2007/11/26

ああ終わった終わった!血と涙とアレにまみれた渾身のコントローラーが!!

いやあ、転がされた。惑った惑った。
今回はもうリアルに滅茶苦茶大変でしたっぷ。

役作りの段階で、あんまりにも辛すぎて五臓六腑が悲鳴を上げていましたからね!
ギャスコン!!
私の可愛い内蔵ちゃんを苦しめた原因は、ひとえに「取り繕わないそのままの帯金で演技して」という演出家・大塩様の一言によるもので

ございます!!

さあ困った。

そもそも自分嫌いがことの発端で始めた演劇でまさかこのような事態になるとは…!
すいません素の自分とかほんともう吐き気がするほど避けたいんですけども!

確かに以前にもこのような「YOU本当の自分だしちゃいなヨ」的緊急事態に直面したことはありましたが、今回はそれを遥かに上回るレベルだったのであります。「YOU舞台上で表現とかするのやめちゃいなヨ」みたいな。「目とか死んじゃいなヨ」みたいな。

今まで舞台上で散々虚勢ばかり張ってきた私に、ついに発令された客前威嚇禁止令!
「どう?ナチュラルでしょ?せせらぎでしょ?」とか言いつつガンガン身振り手振りのオーバーアクションをぶっこいてる私には、とうてい無理な話だ!!

0か100かの極端役者・帯金に課せられたリアル会話劇!!
ていうか北京蝶々でやってきてよく今まで回避してきたなオマエ!

普通になんかする、というなんとも普通のことがなんたって普通に出来ない私に!!

誰か、教えてくれ!
南アルプスの麓の小川のような繊細な芝居を!
そのような訳で、今回は必死に演技中に吠えだしそうな自分自身と大格闘でした。

わおーーーん!!

オオピヨぱん(大塩さん)の愛ある調教も加わり、どうにかこうにか氾濫しそうな帯川を食い止めることが出来た(出来たのか?)のは奇跡と言えましょう。

それでもやはり日によっては「表情が豊かだよね」という、それ保育園児だったらすごい誉め言葉なのに人生に疲れた保険の営業役には似つかわしくねぇよ!?な感想もありつつ、思ったことを全部顔でまず表現してしまう(ほぼ無意識)という深みも味わいも無い、安い缶コーヒーのような自分との戦いの日々だったのであります。

そんなこんな、あれやこれやで役者・帯金ゆかりが本格的に演劇と関わりはじめて6ねんめ。

やっとひとつ実感できたこと。

表現するのではなく感じる方が、観る側には深く伝わるんです、結局。

上質、知ってるんです。
ダバダ~なんです!

わたしは全然知らなかったけど。
…遅い!!

でも遅いなりに、牛歩なりに、吐いちゃ食い吐いちゃ食いしながらもその事実に気づけただけで、コントローラーは私にとって大きな一歩となる公演だったのです!

だからこそ、面白かったと言っていただけると私は涙がでるほど嬉しい。

公演に携わっていただいた皆様、わざわざ観に来ていただいた方々、本当にありがとうございました!!!

2007/11/26 03:27 | 未分類 | No Comments
2007/11/19

今日は。
えんげきってナマモノだ、って思い知らされた。
いやほんと、思い知った。

さあさあ鮮度のいいうちに、召し上がれ!!

いまやってますのでねー!!
北京蝶々第9回公演「コントローラー」

【作・演出】
大塩哲史

【出演】
赤津光生・帯金ゆかり・鈴木麻美・森田祐吏・垣内勇輝・岡安慶子・田渕彰展・白井妙美・他

【主催】
早稲田大学演劇研究会

【料金】
前売り 1500円/当日 1800円
初日割引 1000円

【期間】
2007年11月16日(金)~11月23日(金・祝)

【スケジュール】
11/16(金) 19:30◆
17(土) 14:30/19:30
18(日) 14:30/19:30
19(月) 19:30
20(火) 19:30
21(水) 14:30★/19:30
22(木) 19:30
23(金・祝) 14:30/19:30

開場は開演の30分前に、受付は開演の1時間前に開始。
◆マークの回は、「初日割引」を実施いたします。
★マークの回は、「昼ギャザ」を実施いたします

【会場】
早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエ
地図/アクセス→http://pekinchocho.com/new/map.html

【あらすじ】
行き詰まり、人生設計を組み直す必要に迫られた一人の女。
思い悩む彼女に旧友が薦めたのは、とあるシミュレーションゲーム。
「一度きりの人生だからこそ、慎重になるべきだと思うの」
ままならない日々を、コントロールすることはできるのか――。

2007/11/19 10:50 | 未分類 | No Comments

« Previous | Next »