« | Home | »

2008/06/13

karetabiああブレッブレだ写真が!!


昨日は、去年の9月に客演したぺテカンの公演を観に参ってまいりますた!!

そのとき一緒に客演したメンバーも揃い、なんだか大騒ぎの大騒動な飲み会に仕上がりましたわ!!


 
今回のぺテカンはね、梅雨時ならではの、心にしっとりくる素敵な作品でしたよ!!


行くがいいさ、そらあもう!!


 
15日までだよ!

 
あそれよいしょーっとぉ!!!


うめあめうめあめ(梅雨梅雨)邪魔くさどーん!!

毎日毎日降ったりやんだり降ったり降ったりしやがって!
濡れんだろ、足が!
乗りづれえだろ、チャリに!
落ちんだろ、メイク!

 
あぁいいことナッシング。
まったくもってノンストップナッスィング。

 
バスは混む、カサはパクられる、諸々カビる。

 
 
嫌だ…。


オラおてんと様の顔が見てえだ…。

切に見てえだ。

 
 
カマン晴れ模様!!

(天に両手を広げうめあめの中立ち尽くす)
 
 
 
 
 
…おぅ、来ねえな晴れ模様。

しょおがねえべな。

ジトベタな今日は、外で遊べないし石ころも拾えないので家に篭って恋バナでもしましょうじゃないかい。

やれ缶ビール持ってこい!
そらサキイカでも食え!

 
 
よし開催するぞ!
ひとり恋バナ大会~時にはより赤裸々に2008~!!

ひゅーひゅー!
 
 

 
 

 
 
ゴメン。


ちょっと今、虚しさが通過するのを待ってた。
ホント、いくらなんでもだよね。
 
 
えーっと…
 
 
そうねえ、初めてアタイの赤い実がBOMBしちゃったのはねえ、7さいの頃だったかしら?

 
ひとし君。


もう、100パー忘れないけど敷島小学校のひとし君のことがね、ド大好きだったの

…っていうか実名これ載っけちゃって大丈夫なのかしら。
なんか、ひとし君的著作権とか大丈夫?

不安だから今から体裁的にひとし君(仮)にしておこうか。

 
 
うん。

 
ひとが恋をするとどんな現象が起こるのかしらないけど、アタイの場合完全に落ち着きがなくなるのだ。

もう、ひたすらワサワサしてた。ひとし君(仮)のまわりで。
なんか知らないけどゆかりちゃん(仮)流求愛ダンスみたいな。
それはもはやダンスかどうかも定かではあるまい、みたいな。

 
だから、当時からほっぺ赤らめてドアの向こうからじっと見つめるとかぜんっぜん出来なかった。

むしろほっぺ真っ赤、ダンスで。


で、あたいが何故ひとし君(仮)に赤い実BOMBしちゃったのかというと、これまたやっぱりダンス、ひとし君(仮)の。
 
ある日みんながいつも通りおとなしく帰りの会の歌をうたっていたら、一番最後の「さよおーなーらー」ってところの「おーなーらー」にあわせてひとし君(仮)が…

お尻をこう…

ぷりっぷりっぷりって!

 
振ったの!!

ひょうきん且つキュートに!!
そりゃあもう端整な顔立ちなのに!!

 
ズズズズキューン!


弾いてたオルガン(あ、アタイ伴奏してたんだけど)ジャジャーーーーン!!


 
ハイ赤い実BOーーMB!!!!


 
 
 
…ええ、
これが生涯初めてのフォーリンラブの瞬間です。

 
忘れらんねえ。 
多分永久(とわ)に。

 
 
 
で。

めでたくラブがフォーリンしてしまったアタイはそれから、生まれて7年間で培ってきた知識と経験を全員集合させて

「ひとし君(仮)をおとせ大作戦」を決行。

 
 
まずは朝登校して下校するまで常にひとし君(仮)の隣を確保して、放課後もとにかく毎日一緒に遊んで日が暮れれば家まで送ってゆき、雨の日にはカサ置き場に先回りして彼のカサを準備して待ち(そういう時はダッシュで先回りしたくせに「おそーい」とかちょっとふてくされる演出も忘れない)、いかにも彼女ヅラすることで周りも本人すらも「ひとし君(仮)とゆかりちゃん(仮)はただならぬかんけい」だとすり込ませる作戦に出たのだ!

そして時折混ざる渾身の求愛ダンス!!

 
 
どおだ!!

 
7歳にしてこの手練っぷり。 

見事だ。

 
だがしかし…うざい!

 
究極にUZAI(特にダンス)!!!

 
 
でも、とまらないアタイ。 

なにせ若かったから。 
若干7歳だから。

 
拍車がかかったアタイは、彼の通うソロバン教室の周りを無駄にうろついてみたり、彼の家の敷地に侵入して中の間取りを想像してみたり、彼の大切にしていた匂い付き消しゴムをそっと口に含んで流石に後悔してみたり、今だったら絶対に考えられない戦法というか、もうこうなるとストーカー行為をバンバン繰り広げていったのだ。

 
 
 
が。

 
この大作戦がなんとまあ奇跡的に大成功!!

 
 
な、何故!?

 
この私のどこがお気に召した、ひとし君(仮)よ…。

 
こちらが7歳なら向こうもまた7歳。

 
 
 
不可解。

 
 
 
 
 
…兎にも角にも「ゆかりちゃん(仮)7さい・チョットやりすぎ彼女ヅラ大作戦☆」は謎の大成功を収めることになるのだけれども、その数ヵ月後にゆかりちゃん(仮)より30倍可愛くて500倍ピアノが弾ける転校生まなみちゃん(仮)が登場、これをもってひとし君(仮)の赤い実が思いっきりBOMBするまでの期限付きだということに、もちろんこのときのゆかりちゃん(仮)は気づいていないのであった…。

つづく 

 
 
 
 
次回予告
 
・つかの間の幸せな時間
 
・ライバル登場
 
・彼の視線が完全にまなみちゃん(仮)へ
 
・本妻としてのプライド
 
・まなみちゃん(仮)に伴奏の地位も彼も奪われる

 

2008/06/13 08:02 | 未分類 | No Comments