« 第4話) リーダー論 | Home | 第6話) 親からの視点 »

2010/04/29

よく質問されるのが「子供の頃から両親の姿を見て、理容師・美容師になろうと思ったのですか?」 だ。トンでもない!冗談じゃない!子供の頃から大変な目に合い、6才下の弟の面倒を見ながら、いつもお腹をすかせて、学校の行事には親は来てくれなく、遠足のお弁当だって近所の俵谷商店で買ったパンと牛乳だった時もあったんだぞー!と言いたい(笑)

子供の頃から、「お兄ちゃんは、大きくなった らお父さんの後継ぎをするのかい?」なんて近所のおじちゃんおばちゃんから言われたが、「わからない・・・」と返事はするものの、心の中では「絶対に後継 ぎなんかするもんか」と叫んでいた。

当時は恨みもした親の職業だが、今となっては、その育った環境にはとても感謝をしている。親は決 して計算をしていたはずは無いだろうが、その偶然の環境が社会人になってからの僕に途轍もない良い意味での影響を与えてくれている。

【お 金が無い】
母親は口癖のように「お金がない」「お金があったらねー」を毎日のようにぼやいていて、それを小さな頃から聞かされていた僕は 「あぁぁ、うちは貧乏なんだ」と思うようになった。確かに周りの友達と比べると下の方で、うちは木造の店舗付き住宅で、昼間でも電気を点けないと暗いような居間 だったし、お風呂も家には無かったので18歳までは銭湯通いだった。靴下の親指に穴があいたら新しいのは買わずに、その穴を縫い付けるのでいつも親指の爪の間には糸の結び目が食い込んでくる違和感があった(笑)

しかし、お金が無いはずなのに、子供の知らぬ間に土地を買って新築を 建てて、そこは借家として人に貸していたのだ。子供に贅沢もさせず、いつもお金が無いといいながらコツコツとお金を貯めていた母親の力量には頭が下が る。素晴らしい母親だ!

【食べ物】
商売をやっていれば当たり前なのだが全てがお客さん中心。自分を犠牲にしてでもお客さん第一 という商人魂は、親から自然と教わっていたのだろう。そりゃ夜の6時にご飯を食べるなんて夢のような話で、ドラマの中の「夜6時になったら夕食ですよー」 なんて不思議でたまらなかった。最後のお客さんが夜遅く差し掛かる時などは、母親が仕事を終わるのを待ちきれずに寝てしまう事もあった、晩飯抜きである。

しかし、これも小学校高学年になってくれば智恵も出て くる。釜の冷ご飯をよそって、塩をかけて食べたのが始まりで(「ゴマ塩ふりかけ」の、ゴマ抜きという発想だった)、生卵ご飯、醤油とバター、おかずの材料にな るものを盗んで食べると怒られるので、分からないように量を差し控えながら盗み食いをし飢えをしのんだ(笑)

ガムの味が無くなると、砂糖を噛んだガムにからめて食べてみ ようとやってみるが、ものの数秒で味が無くなり、次はハチミツとか甘いものを探してガムの寿命を延ばそうと智恵を絞ぼり(10歳の頃だった)、しかし、ど う頑張ってもガムの甘さの寿命は延ばせないんだと気付き、ガムを作った人は天才だなと子供心に感動した(笑)

親は火曜日休みで、学校は日曜日休み。夏休みや冬休み期間だけが親とデパートへ行ったり外食できる唯一の時間。しかし…。おもちゃ付きの旗の立っているお子様ランチを注文するなんて夢の夢!いつも「ほら、ざるそばと盛りそば、ざるそばは海苔がかかっているんだぞー!」と父親に助言され、なぜかデパートの最上階のレストランでの我が家の定番はざるそばだった、たしかに一番安い。

【節約】
ここまで 「うちは貧乏でお金が無い」と洗脳されていると、誕生日プレゼントに何が欲しいと聞かれても、欲しいものを欲しいと言えるような子供に育つはずがない (笑)弟にも「それは高いから駄目だよ、もっと安いものを考えろよ!」という始末。小学校高学年の時に要求した誕生日プレゼントは、「納豆をどんぶりで独 り占めにして食べたい」。親は驚きながら、「もっと他にないの?」と聞いてくる。「それじゃ、牛乳1リットルを独り占めしたい」。そうキーワードは「独り 占め」(笑)

本当に欲しいものは、お年玉を貯金し新聞配達などをして、自分でお金を貯めて購入した。天体望遠鏡も一眼レフカメラもコツコ ツとお金を預金しながら買ったものだ。親の立場にしても、子供から「お金がかかるからプレゼントはいらない」と言われると、何か買ってあげたくなるものだ ろう!そういう心理というのも子供のクセに解っていたので、自分から「欲しい!買って!」とは言わなかった。「追うと得れない」というのも解っていた、恐 るべし12歳。

海外生活を長くしぶとく続けていけるのは、この食べたいものをコントロールし、節約できるというのが本当に 役に立っている。欲を抑えることができるのは、うちの両親の下で育てられたからで、お坊ちゃんに育っていれば、挫折していたと思う。物が無かった環境で、 アイデアを絞って工夫をして生きていくと言う事も、この環境下で学んでいたのだと思うし、これが美容師という仕事にも間違いなく繋がっているのは間違いな い。

両親が子育てをしながら忙しく仕事をしていた、そのいくつもの偶然の重なり合いが、今では全てが繋がって僕と言う人間が形成されている。そんな両親には感謝してもしきれない。


2010/04/29 09:54 | 第三章 われ、弱ければこそ | 1 Comment

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.

[…] 【Podcast】 2010年5月5日番外編    Standard Podcast [15:57m]: Play Now | Play in Popup | Download (1) 冬が近づいてくるブリスベン。札幌出身の二人は冬が嫌い!?5月の番組テーマ「旅」について。母の日を前に、親を泣かせてしまった話。そのコラムはここ http://www.junkstage.com/yasuyuki/?p=57 […]