« 第2話) 一人っ子の6年間。 | Home | 第4話) リーダー論 »

2010/03/24

6才下の兄弟で、誕生日が全く同じ日というのは、かなり珍しいであろう。通常、帝王切開ではなく自然分娩で、誕生の日を狙って狙えるものではない(笑)

そんな弟の誕生を、今か今かと待ち望んでいる。その時のウキウキと心待ちだった感情は今でも脳裏に焼きついている。母親が「今、お腹の赤ちゃんが足を動かしているの、手で撫でてあげると足を引っ込めるの」と教えてくれていた。母親のお腹に手をあてながら「ふーん」と、とても不思議な感覚だったのを思い出す。

誕生まで性別が分からなかったので、弟なのか妹なのか…、早く知りたくて知りたくて毎日が落ち着かなかった。それが「弟」が産まれた!と分かった瞬間に「やった~!」と両手を挙げたのだった。「大きくなったら、キャッチボールができるね!」と喜んだ。命名「宏昌」。

母親が病院から退院して戻る日、弟が初めて我が家へやってくる。自分の6才の誕生日なんて忘れていたし、それどころじゃない、この“ビッグイベント”で頭がいっぱいなのである。

母親が、テレビの前に座布団を引いて、そこに寝かしていた。最初は「可愛いね~可愛いねぇ~と頭を撫でていたのだが、それも飽きてきて(笑)僕は自分の好きなテレビ番組が始まる時間になったので台所から走ってチャンネルを変えにテレビに向って行った。もう直ぐテレビのチャンネルに手が届くと思った瞬間、父親の手が僕の身体を目掛けて飛んできて、僕は吹っ飛ばされた。間一髪で生後数日の赤子のお腹を踏むところだったのだ。あのショッキングな出来事は思い出すと冷や汗が出てくる、危うく6才にして殺人犯になるところだった、しかも退院してきた当日にだ。

そのエピソードが、後に「宏の鼻が低いのは、お兄ちゃんが踏んづけたからだ」と言われ続けることになる(笑)いまだに大人になっても弟から言われるのだが、ここで言っておく、鼻ではない(笑)この事件があった日から「人は簡単に死ぬんだ」ということを身をもって感じた。6才ながらに、こんな小さな赤ちゃんのお腹を踏んだら死んでしまうというのは十分想像できた。いまだに本気で殴り合いの兄弟喧嘩が無いのは、この所以からだと思っている。

僕が6才になるまで、寂しい思いをしていたから尚更のこと。弟には同じ思いはさせたくないという感情があった。しかし自分の友達が遊びに来て、遊びに行ってしまうと寂しそうな弟の顔がある。自分から友達の家に遊びに行こうとしなかったのは、自分の6年前の姿と弟の姿を重ねていたからだったと思う。

やはり、お腹が空くと泣き出すし、それでも親は仕事をしている。僕が何かを作って食べさせないと、もう可哀想で見てられなくなる。そうなると、自分の判断で食べ物を冷蔵庫から調達をして、親に怒られないものを分別しながら2人で分けて食べる。その判断を間違えれば全て僕の責任だ。

親が留守の時に、弟が寝てしまったので、新聞紙を布団代わりにかけたことがあった。親が帰ってきたときに怒られたこと・・・怒られたこと・・・(笑) テレビの中では、公園のベンチでお昼寝している人は新聞紙をかけて寝てると信じていたので、まっ公園じゃないけど昼寝だし、「昼寝=新聞紙」という判断は間違いだった(笑)

全て自分の判断で決断をし、それが間違えば起こられる。しかし上手くいった時は褒められ、弟も幸せそうだ。そしていつも「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と親しんでくれる。自分のおもちゃを勝手に使われて頭にきて叩けば泣き出す、暴力ではなく相手が納得する交渉をしないと、自分の感情だけでは相手と衝突してしまうというのも学んだ。

この弟の存在が、知らず知らずのうちに「リーダー論」を学んで実践していたんだと自己分析できる。そして親子愛に非常に似た「兄弟愛」というのも教わった。次回は、もっとリーダー論、組織論について思い出しながら書き出してみたい。

2010/03/24 04:05 | 第三章 われ、弱ければこそ | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.