« | Home | »

2010/07/08

前回、唐突に「東南アジア競技大会(SEA Games)」の名前が出てきましたが、今回はその話題を書いてみたいと思います。

東南アジア競技大会は、その名のとおり東南アジア各国による総合スポーツ大会で、オリンピック(五輪)やアジア競技大会(アジア大会)の東南アジア版と言ってよいかと思います。
ただ、五輪やアジア大会が4年おきの開催なのに対して、SEA Gamesは2年おきの開催となっています。
参加している国は、ベトナム・ラオス・カンボジア・タイ・ミャンマー・マレーシア・シンガポール・インドネシア・ブルネイ・フィリピンの10カ国で、これらの国々による持ち回り開催です。
行われる種目もおおむね五輪やアジア大会に準じますが、開催国の経済事情により省略される種目もあります。
その一方で、アジア大会同様東南アジアならではの独自種目(ペタンク・中国武術・ムエタイなど)が盛り込まれています。
また正式種目ではありませんでしたが、「頭脳スポーツ」と言うべきか「Go」すなわち囲碁が公開競技として行われていました(爆)。
そして私が見に行った2007年の大会は、タイの「ナコン・ラチャシマー」という街を中心に開催されました。
このナコン・ラチャシマーは、タイの首都バンコクからバスで約4時間ほどの所にあり、「イサーン」と呼ばれるタイの東北地方の主要都市としても知られています。
タイでのSEA Games開催は6回目ですが、過去5回のうち4回は首都バンコクで、そして残り1回はタイ北部のチェンマイで行われました。
街の規模としては当然バンコクが突出していますが、ナコン・ラチャシマーとチェンマイは似たり寄ったりという感じでしょうか。
また2007年は、タイの国王が80歳を迎えるとのことでその「記念事業」がてら開催した感があります。
なにしろメインの競技場がその名も「国王陛下生誕80年記念競技場」と言うくらいですからね(爆)。
いかにタイ国民の国王に対する敬意が大きいかが、このことだけでもよくわかります。
なお、すべての競技がナコン・ラチャシマーで行われたわけではなく、ハンドボールやボウリングなどはバンコクで行われましたし、ヨットやトライアスロンなどマリンスポーツ系の種目は海沿いのリゾート地、パタヤで行われています。
最近のスポーツイベントの例にもれず、このSEA Gamesでもシンボルマークやイメージソングが作成され、特にイメージソングは会場やテレビでもよく流れていましたね。

さて、私がわざわざナコン・ラチャシマーまで出向いてどういう種目を見たかといいますと、当然「Choreograrhy」が中心で体操とダンススポーツ、そしてなぜかビーチバレーを見ました。
内陸部のナコン・ラチャシマーでビーチバレーとは意外でしたが、メイン競技場の一角に砂を敷き詰めて、そこで競技を行っていました。
当然屋外で行われたわけですが、最初は客席に屋根がなくて強烈な直射日光をもろに受けて、観戦も命がけでした(苦笑)。
そのかわり、そのときの入場料は無料でした。
翌日再度出向いたところ、今度はしっかり屋根が付いていましたが、入場料100バーツ(約300円)しっかり取られました(爆)。
それと、コートの横にあった観覧席とは別に両サイドのそれぞれ後方に「応援席」というべきものがありました。
そこにはなぜか地元の中学生らしき集団が座っていて、先生の指導のもとに各チームに声援を送っていました。
とくにどのチームをというわけでもなく、いわゆる「盛り上げ役」だったようです(笑)。
ご存知のとおり、ビーチバレーの女子は上下セパレートの水着を着用の上で競技を行います。
これが、ある意味この競技の人気の秘訣でもあると個人的には思うのですが(爆)、日本ではその人気が高じすぎて撮影禁止になってしまったことは、本末転倒の感もあります(苦笑)。
そんな中、なぜかラオスの選手はは下が短パンでした(原爆)。
前回書いたとおり、競技場のとなりに練習用のコートが2つほどあり、出番前の選手がウォーミングアップを行っていました。
また試合後には、先ほどまで戦っていた両チームの選手がなごやかに記念撮影をしていたりするわけです。
そしてそこに観客も加わったりするわけで、前回ご紹介した写真もそのときのものだったというわけです。
このように選手と観客の距離が近く、気軽な国際交流が可能なSEA Gamesを体験できたことは、私にとって大きな財産となったのではないかと思っています。

体操やダンススポーツの観戦記は、稿を改めて後日お送りさせていただくことといたしましょう。

2010/07/08 07:18 | 芸術系スポーツ観戦記 | 2 Comments

Trackback URL
Comment & Trackback

[…] ちなみに、バリ島在住の由佳さんに「現地では話題になっていますか?」とうかがってみたのですが、「まったく耳にしたことがない」とのことでした(苦笑)。 まあ同じインドネシアといっても、国土は広いですからねえ。 私も2007年にタイのナコン・ラチャシマーで行われたときに見に行って、国際大会にもかかわらず選手と観客の距離が近いという、独特の雰囲気が楽しかったのでぜひまた行きたかったのですが、やはりスマトラ島は遠かったですね(苦笑)。 […]

[…] い出を語らせていただこうかなと思います。 以前に、2007年にタイで観戦した東南アジア競技大会(SEA Games)のお話をさせていただきましたが、今回は2002年の韓国・釜山で行われたアジ […]

Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">