« | Home | »

2015/09/30

久しぶりに見上げた満月。

深まる秋、冷たい空気が漂う中で見る満月は穏やかで美しかった。

月の引力が大きくなる満月の夜は地球上の生物達に様々な影響を与える

という。

満月の日には私達人間を含めて様々な生物に出産や産卵が多いと聞く。

明治以前、まだ月の周期を基準に置いた太陰暦が使われていた頃、

当時の産婆さんは月の満ち欠けを見て出産の予定を立てたという。

私達と月の密接な関係性について、科学の知を超えた不思議な力を感じずには

いられない。

masayuki_yamada_20150930_2

満月の夜の森。

これまでの撮影行でも幾度もそのタイミングを迎えてきたが、

やはりどこか雰囲気が違う。

それは満月が放つ強い光のせいだけではないだろう。

静まり返った森の中であちこちでうごめく生命の気配に耳を澄ませる。

masayuki_yamada_20150930_1

きっと自然の中で生活していた先人たちは、私達より更に深いところで満月の力

を感じ取っていたに違いない。

さらに深いところで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

2015/09/30 01:33 | エッセイ | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.