« 姉妹都市「シバームとコーカバン」 | Home | スーク探検「サナア旧市街」 »

2009/09/25

p9231029_r.jpg
イエメン4日目。

イエメンの朝はいつもお祈りの放送で起こされてきたが、
今日は私の方が早起きをした。

というのも、朝7時の飛行機に乗るために4時起き。

起きて軽く仕事をして、そのまま荷造りをし、
5時にホテルを出発。

サナア空港へ。
p9231031_r.jpg

サアナから国内線フェリックス航空を使ってサユーンヘ移動。
p9231032_r.jpg

小型のジェット飛行機なので、ジャンボより低空を飛ぶせいか、
雄大な景色を見ながら50分ほどのフライト。
p9231035_r.jpg

あっけなくサユーン空港に到着。
p9231038_r.jpg
まずはホテルにチェックイン。
AL-Ahqaf Hotel。

このホテルには湯船があり、しかもプールまで完備していました。
(プールに水は入っていなかったけど・・・)

最近できたのか、エレベーターもあり、
イエメンにしては豪華なホテルだと感じました。

部屋はこんな感じ。
p9231039_r.jpg
イエメンはどのホテルも毛布がかわいいですね。

朝食がまだだったので、
スーク(市場)近くの食堂でさっそく朝飯。

豆を煮込んだものをパンにつけて食べる
オーソドックスなイエメンスタイルの食事。
p9231041_r.jpg
素朴な味ですが、美味しいです^^

その後、まっすぐな道をひた走り、
タリムを目指します。
p9231047_r.jpg

まっすぐな道の両脇にグランドキャニヨンのような、
雄大な景色を見ることができます。
p9231053_r.jpg

1時間ほど走ると、タリムに到着。
四角いモスクの塔が印象的な街です。
p9231055_r.jpg

ちなみにこの白いモスクはイエメンの
お札の絵にもなっています。
p9231059_r.jpg

モスクを見た後は、スーク探検!
p9231062_r.jpg
やはり地元の人の生活を垣間見ることが一番面白いですよね。

魚屋さんがサメの干物を売っています。
強烈なにおいが立ち込めています。
p9231063_r.jpg

こちらは肉屋さん。
p9231065_r.jpg
手づかみで内臓をよりわけています。
しかし全然汚い印象はありません。

そしてこの街の広場はこんな感じ。
p9231068_r.jpg
山岳地帯とは違い、山の上にイエメン建築はありませんが、
それでも、大きな岩山を背に独特のイエメン建築が
まぶしく映えている事に違いはありません。

その後、サユーンの中心地に戻り、
美術館見学と思いきや、ラマダン明けのため、
開館はしていませんでしたorz

ちなみに美術館の外観はこんな感じ。
p9231071_r.jpg
昔は王宮だったそうです。
こちらもイエメンのお札の絵になっているそうです。

美術館をあきらめて、
またもやスーク(市場)探検♪
p9231074_r.jpg
スパイスのにおいが立ち込めます。

こちらは青果商品売り場。
p9231077_r.jpg
様々な果物が売られています。
ガイドのキクチさんにお願いしてメロンを購入。

スーク探検もひと段落して、
お昼ごはん。

チャーハンのようなものと、
チキンと魚。
p9231078_r.jpg
魚は先ほどのサメだったかもしれません。

昼食を食べた後は、
ホテルに戻り2時間ほど休憩。

湿気がないので、それほど暑さを感じませんが、
最高気温は40度近くにもなります。
砂漠地帯なめるとやられます・・・

ホテルで休憩し、体調を整えて
砂漠の摩天楼シバームを目指します。

今回もまっすぐな道を1時間ほど走っていると、
前方に奇妙な町が見えてきます。
p9231080_r.jpg

砂漠の摩天楼シバームです。
p9231118_r.jpg

早速シバームの町の中に入ってみます。
p9231084_r.jpg
ちなみにシバームは外敵から身を守りやすいように
入口はここ一つだけです。

中に入ると少し違和感を感じます。
p9231085_r.jpg
子供が話しかけてこない・・・
大人でも話かけてくるのはお土産屋さんのみ・・・

これは私の勘違いかもしれませんが、
歓迎されていない印象を受けました。

というのも、シバームの近くの展望台で、
外国人を狙った自爆テロがありました。
(一説によると韓国人を狙ったテロだったとも言われています。声明が出ていたそうです。)

自分たちの安全の事を考えれば、外国人には来てほしくないという気持ちは
自然なことだと思います。

今回の旅で初めて無粋なことをしてしまったのではないかと思いました。

シバームは中に入らず、遠くから眺めるのが、
良いのかもしれません。

と言う訳で、シバームの中で撮った写真の掲載は控えます。

シバームを複雑な気持ちで後にし、
シバームがよく見える高台へ移動。
p9231125_r.jpg

高台から眺めたシバーム。
p9231129_r.jpg
手前に見えるのが新市街。
奥に見えるのが有名な旧市街のシバーム。

ここで1時間ほど日が沈むのを待ちます。
夕日に照らされたシバームが一番綺麗だそうです。

少しずつ色が変わっていくシバーム。
p9231137_r.jpg
p9231139_r.jpg

日が沈むのを待つユウさん。
p9231138_r.jpg

待っているとツーリストポリスの方が、
自爆テロのあった場所を教えてくれました。
p9231140_r.jpg
白い建物の手前の丘の上だったそうです。

現場を見ると、周りの岩が焦げて黒くなったり、
不自然な亀裂が入ったりしていました。
強烈な爆発だったのではないかと思います。

ちなみにこの場所は私たちのいる高台から10mの距離。
正直ゾッとしました、同時にとても悲しくなりました。

思う事は本当にたくさんあるのですが、
どれもまとまらず答えになりません。

その行為を肯定する気持ち否定する気持ちが入交、
うまくまとまってくれません。

そんな混沌としたことを考えていると、
日が暮れていきます。

シバームで宿題を残したままホテルへ戻ります。

早速夕飯。
p9241147_r.jpg
今回はラム・魚・チキンの炒め物をお願いしました。
パンにはさんで食べると美味しかったです^^

こうして、イエメン4日目も無事に終わっていきました。

———-
明日はサナアに戻り、
買い物等を楽しもうと思います。

2009/09/25 04:01 | 感じたこと | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>