« 六本木アートナイトの搬入始まるの巻 | Home | google先生に怒られる@gmailアカウントのロック »

2009/03/30

週末、六本木アートナイトに行ってきました!

ヨーロッパで開催されているアートイベントと同じような形式で、
街を丸ごと使ってオールナイトで開催される日本ではあまり前例のないイベントッス(゚∀゚)。

3月後半にしては気温が低く、かなり寒かったので、
参加者は少ないと思って六本木に向かったのですがそんなことはありませんでした。

六本木はいつもより人通りが多く、一眼レフを持った人や少し変わった格好の人が、
アートナイトのパンフレットを持ってたくさん歩いていました。

というわけで、今回はそんな大盛況のアートナイトにいけなかった人のためにも
画像多めで投稿します。(ページ表示が重かったらごめんなさい><)

まずはアートキューブ。
dsc02179_r.jpg
コンテナ内に回転系の作品が設置されてます。
dsc02180_r.jpg
どの作品の前にもかなり人がいました。
dsc02181_r.jpg
夜を想定して作っているのか、ライトを使った作品が多かったですね。
dsc02182_r.jpg
こちらもライトと回転系の作品。
dsc02183_r.jpg
カーテンからチラッと見えているのは、野菜ですw
dsc02184_r.jpg
作品にはクロスワードパズルのキーワードが一つ一つに与えられています。
dsc02185_r.jpg
パンフレットにあるクロスワードのページのキーワードをすべて埋めて、ゴールに持っていくと、
賞品がもらえるという、心憎い演出もありました。(私は寒くて参加しませんでしたが。。。)
dsc02186_r.jpg
中にはこんなメルヘンチックなものも。
dsc02187_r.jpg
でもってこれは体張ってました。たぶん作家さん本人だと思うのですが、
寒空の中、ずっとコンテナの中に座りパフォーマンスしていました(((゚Д゚)))ガタガタ
dsc02189_r.jpg
熊の可愛いぬいぐるみが、引き回しの刑になってる作品。。。
ちょっと可哀そうでしたT_T
dsc02190_r.jpg
大きな頭がい骨。
頭の中の世界を表してるんですかね?
dsc02191_r.jpg
画像ではわかりづらいのですが、虫眼鏡の中にひとつだけ
マックシェイクのふたみたいなのが混ざっていますw

そんな感じでアートキューブを見て回っていると、予備校時代の仲間に遭遇。
予備校時代の仲間と合流し、一緒に作品を見て回ります。
(その後、大学時代の仲間にも会えました。こういう形での再会はいいものですね(つД`))

続いては六本木ヒルズ周りのインスタレーションを見ていきます。

まずは開発好明の発泡スチロールで作った「森の中の発泡庭」
dsc02192_r.jpg
発砲スチロールで作られた茶室。
私は見ることができませんでしたが、茶室を使ったパフォーマンスもあったみたいです。
dsc02195_r.jpg
その他にも、発砲スチロールで作った動物が何体かありました。

続いては、今回のアートナイトで個人的に一番好きだった作品。
ドゥ・ジェンジュンの「私はあなたの跡を消す」
dsc02196_r.jpg
画像ではわかりづらいのですが、地面に白い絨毯が敷いてあり、
その上を歩くと、センサーが反応し足跡を裸の男が一生懸命掃除してくれます。

ホースを持って水をまくひと、バケツで雑巾を絞ってふく人など、
いろんな人がいて、不思議と飽きのこない作品でした。
気づけば20分くらい遊んでいたと思います^^A

そして今度はヒルズの建物内の作品を見ていきます。

藤原隆洋の「into the blue」
dsc02197_r.jpg
みんな見た瞬間に「でかいう○こ」と言っていましたwww
dsc02198_r.jpg
真下からみるとこんな感じ。
これがゆっくり回っていて、ずっと見ていると頭がボーっとしてきます。

そしてまだまだ、ヒルズ内の作品は続きます。
丸山純子の「泡花壇」
dsc02199_r.jpg
画像では見づらくて恐縮なのですが、スーパーの袋で作られた造花が
石鹸水を泡立てた水の中にきれいに並べられています。
綺麗だけど何か怖い。そんな現代の化学製品に感じる違和感のようなものに似た印象を受けました。

続いては、ヒルズの外に出て毛利庭園に設置された作品を見ていきます。

森万里子の「プラントオパール」
dsc02203_r.jpg
気温や風で作品の色が変わるそうです。
当日は気温が低かったので、青白く妖しく光っていました。

そして、今回一番ロマンチックだった作品。
中谷芙二子の「霧の庭:毛利庭園」
dsc02204_r.jpg
毛利庭園の池を霧がやさしく包み込みます。
神秘的な光景でした。

そして本日のメインイベント!
ヤノベケンジ作、全長7.2mの「ジャイアント・トらやん」です。
dsc02200_r.jpg
人間と比較すると、その大きさがわかるかと思います。

そしてこのトらやん、なんと火を噴きます!!!!!
dsc02202_r.jpg
寒空の中、シャッターチャンスをずっと待って撮った貴重な一枚☆
トラやんが火を噴くと、一瞬会場があったかくなりますwww
それくらい火力があります、トらやん恐るべし(*´д`*)。

そして、トらやんが火を噴くところを動画に収めたので、youtubeにアップしておきました。
一生懸命火を噴くトらやんを是非見てやってください。

◆火を噴くジャイアント・トらやん
http://www.youtube.com/watch?v=VJ8_ph5cFbc&feature=channel_page

トらやんを堪能し、深夜3時くらいになっていたので、
予備校の仲間と別れて、アートナイト終了。

と思ったのですが、ヒルズカフェが無料で入場できるクラブに様変わりしていたので、
気になってちょっと踊ってから自転車で帰路につきました。
dsc02214_r.jpg

いや~、だいぶ駆け足で多くの作品を紹介してきましたが、
これでもすべての作品はフォローできていません。

それくらい盛りだくさんな楽しいイベントでした^^

第1回にも関わらず大きな混乱もなく、うまくいったのは
運営スタッフさんが頑張っていたからだと思います、ナフリスペクトorz

しかし、いくつか問題はあったと思うので、
是非次回のイベントで改善してほしいと思いました。

本当に私はかなり楽しませていただきました。
企画・運営スタッフの皆さんありがとうございました。
無料でこんな楽しいイベントに参加できて、ほんとに嬉しかったですヽ(´ー`)ノ

2009/03/30 08:18 | 感じたこと | 1 Comment

Trackback URL
Comment & Trackback

Les deux derniers c?tés disputeront un match de barrage avant le tournoi pour déterminer de quel c?té est en concurrence dans le groupe.

Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>