Home > オンラインゲーム

2008/08/25

韓国で一緒に働いていた同僚の転職先の会社がイベントをやるので、
一緒に行かないか、と誘われホイホイ両国国技館まで行ってきました。
dsc01994_r.jpg
彼とは韓国本社で同じ部署で働き、
お互い日本に戻ってきて転職、
そして同じ歳、
と似た要素が多く何か奇妙な縁を感じます。

彼はweb masterとしてスキルを向上させるため業界内で転職。
私はトータル的なスキルを向上させるため他業界に転職。

彼が転職したのは、業界最大手の会社。
事前申し込みの人数限定イベントにもかかわらず大盛況でした。

やっぱり楽しんでいるユーザーを生で見てしまうと、
何かこみ上げて来るものがありますね。

今やっている仕事に不満があるわけではないのですが、
エンタメ系で広告費に頼らないネットの仕事って、
そうそうあるものではないので、元いた業界ですがちょっとうらやましくなりました。

枡席でいろんな事を話した後は、昼食にちゃんこを食べにいきました。
さすが、両国かなりおいしかったです☆

その後、大学時代の先輩の展示を見に根津へ。

ギャラリーKingyoという、かわいらしい名前のギャラリー。
かなり綺麗で空間も贅沢に使える良いギャラリーでした。
dsc01995_r.jpg
作品は大きなものではないのですが、
どの作品も密度がかなり高く、興奮してしまいました。

そして、ここでもまだ隣の芝が青く見えます・・・

韓国行く前はちょこちょこ木彫してたのですが、
戻ってきてからは、まったくしていなかったので、
木が恋しくなりました。

すこし復縁を考えています。。。

しかし、なんでみんなあんなに輝いて見えるんだろう。

2007/12/06

そういえば、私が働いているオンラインゲーム業界についてまったく触れていなかったので、
数回に分けてボチボチ書いていこうと思います。

(最初の日記でも書きましたが、元はコミュニティ業界の人間なのでオンラインゲームについて勉強中です。至らない箇所が多々あると思います。)

まずは、韓国のオンラインゲーム事情が現在どうなっているのかすごく簡単に説明すると。
「日本の家庭用ゲーム機」の普及と同じくらい「韓国ではPCオンラインゲーム」が普及しています。

大人から子供まで「PCバン(日本でいうネットカフェ、マンガ喫茶)」で
気軽にオンラインゲームを楽しんでいます。

なぜ日本のように家庭用ゲーム機が普及せず、韓国ではオンラインゲームが普及したかというと。
数年前まで家庭用ゲーム機の輸入が制限されていた。

また、家庭用ゲーム機が輸入され始めても海賊版のソフトが出回って売り上げがあまりでないため、
メーカーが積極的に韓国での事業展開をしなかった。

(最近、任天堂DSが韓国に進出し、成功し始めていますがそれはまた別の機会に書きます。)

そのような理由から、海賊版が出回らず確実に利益を回収できるPCのオンラインゲームが
韓国で普及したのだと思います。

では、どのような経緯でオンラインゲームが普及しだしたかというと。
最初はコアなユーザーだけがPCでオンラインゲームを楽しんでいたのですが、
90年代後半に「リネージュ」というMMORPG、「ディアブロ2」というMORPGが登場し、
若者の間で徐々にオンラインゲームの人気が高まってきます。

その後、「カートライダー」というマリオカートのようなオンラインゲームがブームとなり、
大人から子供までオンラインゲームを楽しむようになります。

———-
「韓国のオンラインゲーム事情 2」に続きます。