« | Home | »

2014/11/19

247

 

こんな日に君にそばにいたら、

あれほど緑に覆われていた森、

紅く染まった枯れ葉は空を飛びかい地上に、

あれほど騒がしかった森、

命を消しさった虫たちは、

今日は地上に横たわり、

あれほど手の届く場所にいた雲は、

今では空高く、

手の届かない青空、

秋になれば、

皆旅支度、

喜びも悲しみも風にたくし、

遠くの山を白い雪で覆い、

又会うことを約束するように、

今日は静かに眠りにつく、

森の女神が、

そっと地上にまいおりる季節、

静まり返った森の中で、

たくさん愛された事を、

思い出させる季節、

何も無い森は、

はなれている君を、

引き寄せて止まない、

孤独の中の森は、

総てを許す事でしか、

歩けない、

静まり返った森は、

総てを愛する事でしか、

満たされない。

2014/11/19 02:11 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.