« | Home | »

2010/03/03

s-fotos141-018.jpgs-fotos141-020.jpgs-fotos141-019.jpgs-fotos141-017.jpgs-fotos141-016.jpg

ブラジルの話題にはそぐわないのですが、お隣の国チリの大地震についてのお話です。日本まで津波を運んだチリの大地震に付いては皆さんも良くご存知と思いますが、当地新聞に出ている写真等を見ながら少しお話しさせて下さい。

 227日午前334分(現地時間)にマグネチュードM8.8の大きな地震がチリ首都のサンチアゴから325km、コンセプシオンの街から115km、綺麗なチリ富士の一つチジャンの温泉スキー場から100km離れた震源地に大地震が起きました。

27日(土)朝、メールを開くとフジテレビの『めざましテレビ』と言う番組の糸川記者からのメールが入っており地震の現地の事情を聞かせて欲しいとの事で大西洋岸に近いブラジル南部のポルトアレグレでは地震があったのも知らなかったと返事しましたが、チリにお知り合いがいれば教えて欲しいとのことで首都のサンチアゴにお住みの山本雅俊さんの電話番号を教えました。

所要に出ようとしていると携帯に電話が入り今度は読売新聞の女性記者からの緊迫した声で『私たちの40!!』に掲載されているコンセプシオンにお住みの三好貴志子さんの電話番号を教えて欲しいとのことで教えておきましたが、コンセプシオンではまだ電話が開通していない状況です。

コンセプシオンの街には日本製鋼所の押出機を納めており改造の際に通訳としてお世話になった三好貴志子さんがお住みですが、電話は不通で直接現地の様子が分からず気になっていますが、PETROQUIMと言う会社のサンチアゴ本社のジェネラルマネジャの方からの当方のお見舞いに対する返信ではサンチアゴの本社は被害なし、プラントのあるコンセプシオンは、地震後すぐに無事製油所を含めて総てのプラントをシャットダウン出来た。現在の所、押出機への被害はない。10日か2週間程度で原料供給が可能となれば生産を再開したいと思っているがどうなるか分からない。何か必要となれば連絡するので手伝って欲しい。 プラントのあるコンセプシオンは、生活線が寸断されており、電気、水道、電話が総て駄目で復旧までに時間が掛かる。携帯電話は通じていたが電気が無いので充電が出来ず繋がらなくなって来ている。問題は水と食物で食べるものが無くなって来ている。PETROQUIMの職員で家をなくした者もいるが、一部の職員と連絡が取れておらず被害に巻き込まれている可能性もあるが現在の所、関係犠牲者は確認されていない。以上現地の様子を知らせて頂いていますが電話、インタネット等は繋がらないようでサンチアゴ経由の情報と成りました。

ブラジルのルーラ大統領は、逸早くサンチアゴを訪問バケレッテ大統領と飛行場で面談(写真1)、野外病院の設置等医療関係の援助をさせて欲しい申し入れている。港の岸壁に乗り上げた大きな船(写真2)、津波で街の中まで押し出された船(写真3)、地震後の街に座り込む住民(写真4)、家の家財道具を取り出し呆然と座り込んでいる住人(写真5)

2010/03/03 05:47 | ブラジルの話題 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.