« | Home | »

2009/08/29

145.jpg

こんな写真が見つかりました。

 あるぜんちな丸第12次航は、途中オランダ領のキュラサオ島に寄港しました。船内ニュースでもバナナが安いが余り食べ過ぎないようにとの注意事項を掲載しましたが、このキュラサオに下船して町を探索の途中、バナナの1房10本を購入し吉田和子さん(旧性)、龍川いく子さんと私の三人でこの10本のバナナを3本と3分の一づつ一度に平らげたそうです。私は覚えていないのですが見つかった写真を見ながらのいくちゃんの説明ですので間違いはなさそうです。キュラサオの町でバナナをたらふく?食べたあとの記念撮影らしいのですが如何にも若々しい両手に花の幸せ一杯の『こんな時も本当にあったのか』と自分でも不思議がる写真です。青春の思い出大事にしたいですね。

(注)左側の龍川いく子さんは、昨年5月11日、私たちがサントスに到着した日に着伯46年で乳癌で亡くなられました。藤間流の名取藤間芳嘉師匠を名乗りブラジルに置ける日本舞踊の普及に人生を掛けて居られた龍川さんの余りにも早すぎる他界に深い悲しみを覚えます。何れ私たちも召されることに成りますが残されたものが先に逝った同船者を悼み残された日々を力強く生き抜くことが供養と成るのではないかと思います。ご冥福を祈ります。合掌

2009/08/29 10:20 | ブラジルと私 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.