« | Home | »

2008/08/06

JunkStageの第1回公演に出演させてもらいました。
まずはありがとうございます。

実は前の日まで、いいえ直前まで何するんだろうってわかってなくて、ほんと半信半疑のまま吉祥寺にいったんです。
おかげさまで最近は2,3ヶ月先まで朝昼晩とスケジュールがばんばん入って時間ない中、
リハーサルも15時集合?本番って18時からじゃないの?
年に200回近く呼んでいただく講演会でも、例え1000人規模の大きなやつの本番ですら5分前にしか行かないし・・・。

久しぶりにイスバスの安に会うのは楽しみだからまあしかたないかって・・・。
でも代表の優さんには、なぜか私のスケジュールを空けさせる魔法の力があるらしく、
15時にはライブハウスに着いている自分。
それって理屈じゃなかった!
何かの感性が私をそうさせたんでしょうね。

本番が始まる前くらいから、JunkStageの魅力がわかり始めました。
そうジャンクなステージなんだって。
いろいろな人がいるなあ、みな個性的だし。でもどの人もどの人も魅力的なんです。
サルサもクラッシックも芝居も着物も私の憧ればかりです。
わたしの憧れのことに夢中になって生きている人たちってどんなんだろうと、興味津々で話したりすると、実はどこかで縁のある人だったり。

みな純粋で情熱をどの人にも感じました。
ここにいる自分は最初は場違いかなって思ってましたが、必然の運命だと感じました。
出会ったすべての方々、ありがとう!と心から言いたいです。
来てくれたたくさんのお客さんにもありがとうって言いたいです。
わたしのスラムダンク勝利学読んでますっていう人も結構いて嬉しかった。
次回はわたしの知り合いももっと呼ぼうっと。

また、会場の写真を撮っている東京タワーの写真家、裕仁くんに魅せられました。
今度、彼の写真集買うことにしました!カメラもわたしの憧れなんです。
こんな素敵な人たちの異分野の中にバスケのカテゴリーがあることにも驚きだし、わたしがいること自体驚き!

何よりも須藤優さんの人徳に心から感動。
こんなにもすばらしいステージが上手くいったのも集まっているすべてのユニークな面々のお陰だと。
それは彼女の魅力もあるんだなって・・・。

とにかく出てくる言葉は“ありがとう”ばかりです。

スポーツドクター辻秀一

2008/08/06 12:12 | Sports | 1 Comment

Trackback URL
Comment & Trackback

こんにちは。山口から見に行っておりました、観客の一人です。
先日は、辻先生のお話を生で聞くことができて、本当に楽しかったです!
また、先生と直接お話をすることもでき、私にとって非常に貴重な日となりました。(友人や家族にも自慢ばかりしています!)
私は、この日を一生忘れることはないと思います。
本当にありがとうございました!

Posted at 2008.08.6 9:38 PM by kihara ryoko
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">