« | Home | »

2010/12/01

 「集客」・・・この2文字を見るだけで鬱々とした気分に
なる、というミュージシャンも多いことでしょう。特にジャズとも
なると、元々聴いている層も少ないし、聴いてみたくてもどんな
お店にどうやって行けば良いのか。。。と不安で二の足を踏む
方も沢山いらっしゃると思います。イメージとして、年配の男性が
多く高いチャージを払ってお酒を飲みながらタバコの煙にまみれ
ながら聴くもの。。。なんてのも、若年層の足を遠のかせている
原因かもしれません。
(ステキな楽しみ方をされてる中高年のお方も沢山いらっしゃる
ので、不快になられた方々ごめんなさい)

 たしかに一部にはそういうお店もありますね。
一昔前は(と、ヒト括りにすると諸先輩方に怒られそうですが)
高級な雰囲気と音楽を楽しむようなバーと、「俺たちは客になんて
媚びない!好きな音楽をやるだけさ!」と格好もかまわず、埃
まみれの店内で過激なジャズを演奏するライブハウスと、
そんな風に二極化していたのではないかなーと思います。
 それが今は、リーズナブルに明るい雰囲気でジャズを楽しもう、
というお店が増えていると思います。不景気で高級なお店がやって
いけなくなる、というのもありますが、楽器を楽しみたいというアマチュア
プレイヤーの方々が年々増え、そういう人たちが気軽に出演できる
お店が増えていることも一因です。
 一般社会では、格差社会とか、二極化が進んで。。。などと言いますが、
ジャズ界でいえばその逆の現象が起きていている昨今なのであります。
これはとても良い傾向だとは思うのですが。。。

 実はこの傾向は、日々ライブを続けるプロミュージシャンにとっては
とても風当たりの強いものとなってしまっています。
 集客を沢山してくれるプレイヤー、ヒトが沢山集まるセッション大会、
そういうものが増加し、毎日ライブをやっていて集客が難しいプロの
プレイヤーが敬遠される、という現象です。
 もちろん、演奏内容を重視してブッキングしてくれるお店も沢山
ありますが、経営が成り立たなければお店もつらいところ、お客を
集めてくれれば出すよ、というところが増えてしまうのも仕方ない
現象です。

 
 この問題については、プロアマお店、それぞれにいろいろな意見を
持つ方がいらっしゃるので、あまり多くは語りません。でも
『俺たちゃミュージシャン、集客なんてするもんじゃないさ!』なんて
息巻いてるのもいいですが、やっぱり集客努力というのは、お店も
ミュージシャンも揃ってやらなければいけないもの、だと思います。
 
 ライブが近づく度に、せっせとメールを出し、ハガキを出し、ホーム
ページを更新し、、、いろいろと頑張るわけですが、こんなことをしていると
「ワタシは集客の仕事をしているのか、演奏の仕事をしてるのか、
どっちなんだ?」なんて思ってしまうこともしばしば。
 でも、よっぽどメジャーな市場に乗っているミュージシャン以外は、皆
体験する壁の一つなのです。この壁は、音楽そのものではないけれど、
続けていくためには乗り越えなければいけないもの、と私は思います。
音楽的に向上していくことは言うまでもなく、多くの方に自分の演奏を
聴いてもらう努力をコツコツと続けることで、自分の認知度も少しづつ上がり、
相乗効果でさらにやりたいことが気持ち良くできる場所を確保できるのだ、、、
と思いつつ自分を元気づけてます(笑)

 私なんぞは、普通に皆さんにお知らせするとか、そういうことしか
考えられないのですが、他のミュージシャンのお話を訊くと、
いろいろと工夫していてビックリです!あるグループはステッカーを
作って配っているとか、CDならぬ「メモリースティック」で音源を売って
さらにライブに来た方々に1曲づつメモリーを上書きしてあげる、とか。
今流行のU-Streamをやっている方もいるし、You Tubeに動画を
アップして宣伝、とかは常識ですね。
 私がほえ~っと思ったのは、なんと「ポイントカード制」です!
ポイントが溜まると、2ショット写真が撮れるとか、手形がもらえるとか、、
 ・・・いや~~~ホントにいろいろありますね。ミュージシャンの才能
のみならず商才も必要なんだな、、、。

 あまりにそういったことに疎い私に、今度出演する六本木のお店の
オーナーが特典を作ってくれました。なんと「外山安樹子トリオ特製
ワインボトルプレゼント」!!(笑)メンバー全員の写真が入ったラベル
入りワインです。こっぱずかしいですが、いい機会だからワインもらい
がてら聴きに行ってみようか、なんて方、是非いらしてみてください。
 ジャンケン大会で1名様にプレゼントです。

ワイン

 12月2日(木)20時~22時半(2セット)
 六本木「SOFTWIND」
 http://www.softwind.jp/
 チャージ:3200 円
 外山安樹子トリオ:関口宗之(b)秋葉正樹(dr)
 

 六本木ですが、とても明るいお店で、女性1人でもお気軽に入れます。
私自身、お酒はほとんど飲めずタバコの煙も苦手な女子ですから♪

 
 

2010/12/01 02:58 | ジャズのお仕事 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.