« | Home | »

2012/05/15

こんにちは。

GWにどこかへお出かけして、ついついお金を使いすぎてしまった。給料日までまだまだ日にちがある。仕方がないから、家でじっとしてよう。そうすればお腹も空かないし…。

ひょっとしたらこの週末、そういった過し方をしていらし人もみえると思います。

 

何もしない、という選択肢

 

確かに無い袖は振れないので、正しい選択なのかもしれません。

お金を使いすぎた事が原因なのですから、もう少し計画的にお金を使えばよかったといった反省も、次回に繋がる前向きな考え方です。

とはいえ、やはり財布の中身が乏しいのは現実問題困る訳で…。

それならば、違う選択肢を取ってみるのもアリですよね。

 

そう。

稼げばいいんです。

 

学生時代の頃の話なのですが、長い浪人生活を経てようやく「学生」という身分を手に入れた嬉しさの反動か、遊びや趣味などを思いっきり楽しんでいました。

実家は普通のサラリーマン家庭で、決して豊かな訳ではなく、しかも姉弟は地方に行っている為(何故か弟が先に大学生!)、自分自身の事は当然ながらアルバイトで稼いで、そのお金でやりくりをしていました。

時はバブル経済まっただ中で、アルバイトの時給も1,000円を超えるものも珍しくありませんでした。

早朝から旅行会社のツアーパンフレット配布のアルバイトを数時間して、日払いのアルバイト代を片手に学校へ。夕方まで目一杯講義を受講して(卒業に必要な単位の2倍を修得)、夕方からはホテルのベルボーイのアルバイト。休みの日は塾の講師をしたり、家庭教師、工事現場の肉体労働系から交通量調査、コンビニ店員にマクドナルド、ディスコ(今でいうクラブ)の黒服、スナックのボーイさんまで、ありとあらゆるアルバイトをしていました。休みは1ヵ月のうちで1日か2日というのは当たり前でした。

ですから、学生の分際ながら、逆輸入車のオートバイを新車で購入したり、日本一周ツーリングに出かけたりと、友達からは羨ましがられたりもしました。読者の皆様は、僕が努力した賜物だという事は認めてもらえますよね?

社会人になってからは、日中大学へ通っていた時間が会社の勤務時間に変わり、しかも給料までもらえてしまう。もちろん初任給なんて、たかだか知れていますが、それでも学生時代のアルバイト代よりは良いんです。学生時代は深夜早朝休みなくアルバイトしていたので、社会人になったら以外と時間に余裕が出来てしまいました。

それならばと、自分で企業のロゴマークを作ったり、ホームページ作成の仕事をしたりと、自分のやりたい仕事(いわば副業)を始め出しました。

給料は毎日の生活費や、学生時代の奨学金の返済などに全て消えて行ってしまいましたが、副業で稼いだ分は、全て趣味に使う事が出来きちゃいますよね。

今現在は、いろんなジャンルの仕事(副業)をしており、正直いって休みはありませんが、少しも辛さを感じた事はありません。サラリーマン業は生活の為、自分の感情スイッチをオフにしていますが、自分自身の仕事(副業)は、頑張った分だけ即収入増につながります。収入が増えれば、それだけ自分の趣味・車道楽に使えるお金が増えてきます。そして何よりもワクワクするのが、昼間の仕事を辞める日が1歩ずつ近づく事なんです。

こんな楽しい事はありません!

朝、起きなくても良くなるんですよ!ウザイ課長の厭味を聞く必要も無くなるし、満員電車で痴漢と間違えられない様に、手を上にあげる必要も無くなるんです。

とはいえ現実問題として、サラリーマン業が忙しくなると、当然ながら自分の仕事をする時間が少なくなり、業績も悪化してしまうのが、当面の課題なんですが。

Job」も「Business」も仕事と訳しますが、まったく意味が違ってきます。

 

前者がサラリーマン等お勤め人の仕事。

Just Over Broken. 使い捨てと言う意味があるとかないとか。。。

 

自分自身のBusinessを持つと、毎日の人生が充実します

是非お試しあれ。

 

じゃまた。

2012/05/15 09:00 | 未分類 | 1 Comment

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.

[…] なかったという勉強とバイトに明け暮れた大学時代、社会人となってからは空いた時間で副業三昧。 勿論日常生活において発生する家賃や食費などの必要経費は抑えつつ(具体的な抑え […]