Home > 季節行事

2014/03/25

やっとお彼岸が終わり、くたくたです。
今日はちょっと朝が遅かったので、たくさん寝ました。

でも、もう桜が咲くので忙しさはなくなりませんね。

今年のお彼岸は「お中日」からが忙しかったように思います。
お彼岸て、「お中日」を真ん中に前後三日の一週間で、最初の日が「入り」最後の日が「明け」になるんですけど、いつもなら「入り」から「お中日」までが忙しいんですが、曜日周りのせいか、今年は「お中日」が金曜日だったから、金、土、日と忙しかったですね(>_<)
アタシとしては、ちょっとやりにくかったです。

これからは、お花見のお客様の予想をしつつお菓子を作って行きます。
いらっしゃるお客様の人数がわかったら、商売も楽なんでしょうねぇ。

2013/12/31

12月。。
2013年最終日でございます。

もぅ一年終わっちゃったょ。
あっという間でした。

和菓子屋は今が稼ぎ時。。
年末は大忙しです。

お餅で。。
のし餅とお供え餅、で大変です。
年々、注文は減っているようですが。
大手企業が今はいろいろ安価で出してますからね。
小売店はなかなか売れなくなります。

でも、御餅は本当においしいですよ!
一度、和菓子屋でお餅を買ってもらいたいものです。

お供え餅をお供えしましたか?
玄関とか、台所とかとか。。。
アタシは個人的におせち料理も作るのですが。。。
明日はおせちとお餅を食べます!

とは言っても明日もお仕事なんですが。
がんばりますょ。

何はともあれ、一年無事に過ごすことができて、よかったです。
皆様、一年お世話になりました。
よいお年をお迎えください。

2013/08/13

 

おはようございます。
パソコンが動かなくてショックを受けてる高橋です。
ちゃんとバックアップとっておけばよかったです。(;_;)
今日から三日間、お盆でございます。
和菓子屋では、夏、唯一ちょっと忙しくなる時期ですね!!
世間では土曜日辺りから夏休みだったりするんでしょうか。うらやましーですね!
アタシ達は朝早く起きておはぎを作ります!
この時期はご進物も少し出ますね。
なんにせよ。
毎日お菓子をつくりますよー!
2013/03/03

今日は女の子の節句(桃の節句)雛祭りです。 女の子のすこやかな成長を祈る年中行事ですねー。

桃の花、雛人形、雛あられや菱餅を飾って、白酒、寿司、桜餅、草餅などの飲食をして楽しむ節句祭りです。

菱餅は、色づけした餅を重ね、菱形に切ったものです。 赤(ピンク)・白・緑の3色が多いですが、地域によっては5色、7色のところもあるようです。

そして、もう一つ雛祭りの時にかかせないお菓子!

「引千切―ひちぎり」

京都の雛祭りではよく使われるお菓子なのですが、 餅は草餅や、求肥、こなしなど、なんでもいいのですが、形は引きちぎった形にします。 その引きちぎった餅が杓子(スプーン的なこと)になって、餡子やきんとんなどを載せたものです。

子供の幸福を願う公家のお餅として登場したものです。

ひな祭りは節句の中でも、女の子の節句なだけあったて、やっぱり華やかですね。色もピンクがふわぁってお店にひろがるイメージがあります。

ちなみに、3月3日はいちご大福もかなーり、売れるんですよo(^▽^)o

2013/03/02

三月に入りましたね。

陰暦三月の異名は「弥生(やよい)」といいます。 「弥生―いやおい」草木がいよいよ生い茂ることから、春たけなわの時候のことをいいます。

三月は仲春の頃。 寒さと温かさが交互につづき、少しずつ日も長くなり春の気配が見えはじめます。 雪も溶け、木々の芽がふくらみ、動物たちは冬眠からさめるなど、あらゆるものが、春に向けて動き始める季節ですね。

三月には、桜餅、草餅、引千切り、など。お菓子もおいしい季節ですね♪

2013/02/27

 

和菓子屋の店内や外から見えるディスプレイは、季節によってとってもかわります。

 

少し前だとお正月や2月の節分。

 

お正月だったら、お供え餅や門松を飾ったりします。
節分だと、鬼に関するものや豆など。ですかね?

 

今は、もちろんひなまつり!

 

アタシの勤めてるみどりやサンはこんな感じです。

これは、お干菓子・半生菓子。
石衣・すはま・干錦玉・などなど。
ちょっと遠くて柄は見えないですけど、これも季節によって変わります。
右側の籠に入ってるのは、動物キャンディ♪
猫・パンダなどの金太郎飴。

これは、包装台の上の雛人形。この時期は色んな雛人形が拝見できるので、楽しいです♪

これは、お客様から見えるウィンドーの上です。
上から垂れ下がってるのが、「吊し雛」
右側には、見えにくいけど、椿と桃の花が活けてあります。
近づくと桃の花の香がふわぁっとしてきて、季節を感じますー。

最後に餅花。お正月から飾ってるものなんですが、
枝についてる赤と白の丸いのは本物のお餅です。
これを飾り終わったら、よーく干して揚げて食べます♪

 

2013/02/26

雛祭りが近づいてくると、もう一つ和菓子屋では良く売れるものがあります。

なんと!それは、
菱餅(ひしもち)の切り落とし。
雛段の両脇に飾ったり、お祝のお返しにうち祝として送ったりします。

菱餅の注文が来るとひし形に切るので、お餅の端っこがのこります。
それを、切り落としとして普段のお餅より少し安めに売るのです。

それを目当てにしているお客様も多くて。。。

カラフルだから見た目も美しいですし?
お餅好きなひとは結構多いですよね!

アタシもお餅は大好き♪
特に砂糖醤油で食べるのが好きなんです♪

2013/01/28

 

今日の朝は雪が降ってました。

今年横浜で見た二回目の雪ですよ。
寒いなぁ…
さてさて、もうすぐ二月。
二月三日は節分の一つ立春です。
節分は各季節の始まりのことを言います。
なんで、年に四回ですね。
立春・立夏・立秋・立冬。
季節の変わり目には邪気が生じると考えられていて、それを祓うための行事を行います。
確かに季節の変わり目は体が痛くなったり風邪をひきやすくなったりしますね。
それを昔は邪気だと思っていたのかしら?
節分には、豆まきをして、自分の年の数だけ豆を食べるといいます。
アタシも小さい頃は近所の神社の豆まきに行って豆ひろってましたね(笑)
最近は恵方巻が流行ってるようです。
お寿司屋サンはもちろん、スーパーやコンビニでも販売しているようですね。
アタシの働いてるみどりやでも完全予約制で販売してますょ!
そして。
鬼のお菓子!
赤鬼じゃ!
求肥にキャラメル餡です!
これ!おぃしいのo(^▽^)o
2012/03/05

今日の雨はすごかったですね。
そして、とても寒かった!!

でも、明日は暖かくなるそうで♪
うれしいです。

 

3月3日は雛祭りでしたね。
女の子の健やかな成長を祈る節句です。

ひな人形や桃の花を飾って、白酒や寿司、雛あられや桜餅などの飲食を楽しむ節句となるわけですね。
それで、今日はこんな話をしました。

雛人形は3月3日を過ぎても、片付けずにいると、嫁入りが遅くなる。とよく言われていますね。
それは、「季節の節できちんと片づける。ということができずに、だらしなくしていると、嫁のもらい手も現れない」という意味もあるそうです。

ですが、

雨の日は片付けない方がいいんですって。
お人形のためにも、できるだけ晴れた日に。

また、飾り始めた日から数えて、手が開く時の数字でしまうといい。
って昔言われたそうです。

手をパーにしたところから、親指を折り曲げて「1」「2」と数えていくと、開く数字は「6」から「10」。
そのあとは「16」から「20」と。
飾り始めた日をちゃんと覚えてないとこのしまい方はできませんね。
そういえば、うちの雛人形はどこにしまわれているんだろうかぁ。。
たまには、飾ってあげないとかわいそうですよね。

2012/02/02

今日は木曜日なので、茶道のお稽古に行ってきました。
通い始めて、早、18年目になるでしょうか?

私の師匠に

「テレビを見ていたら、アナウンサーのクイズ番組をやってててね。
 『如月』の語源はなんですか?っていう問題だったんだけど、
 誰も答えられなかったのよ。
 もちろん、わかるわよね??」

と言われました。

えぇ。もちろん知ってます(笑)

2月の異名を「如月(きさらぎ)」というのですが、
語源は「衣更着(きさらぎ)」寒さがまして、衣(ころも)を更に重ね着する月。
なのです。

皆さんは知ってましたか??

 

そして、明日は節分です。
節分は年に4回です。
立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを言います。

明日は立春の前日の節分です。
そして、明後日が立春。

立春をすぎると、だんだん暖かくなってきます。
「三寒四温」といって、3日寒い日が続いて4日暖かくなり、それが続いてだんだん暖かくなっていきます。

もぅ春に向かっていますね。

和菓子屋さんでも春のお菓子が店頭にならびはじめました。
草餅や桜餅などこれからの楽しみが増えますね。

Next »