Home > 未分類

2012/02/09

和菓子の職人をしていて一番質問されること。
最初の頃はよく言われたぁ
「なんで、なろうと思ったの?」
 って。

私は両親はもちろんのこと、祖父母とも一緒に暮らしていました。
いわゆる、二世帯住宅ですね。
共働きだったので、祖父母と一緒にいることも多かったと思います。

そうなると、和菓子ってたぶん、食べる機会が多くなると思う。
普通の人がどのくらい食べてるのかわからないけども。

スーパーで買えるような、お団子なんかは、おばあちゃんが買ってきてたから、普通に食べる習慣もあったし、「おはぎ」は手作りだった。
昔のビデオを見ると、なんっか知らないけど、良くお菓子の袋持ってるんだよね。。。私(笑)
母とビデオ見ながら爆笑したことあるくらい。

そぅだなぁ。
それで、初めて「上生菓子」って私が良く写真を載せるような和菓子を食べたのが、茶道のお教室に行った時。
小学校3年生。
緑の葉の練り切りでした。
これは、不思議と覚えてる。すっごいおいしかったなぁ。
今までにない味というか。

上生菓子って子供には高級な和菓子だしね。

でも、和菓子屋さんになろうと思ったわけではないんだけど。
中学校を卒業するときに『普通科には行きたくないなぁ』って単純に思って情報処理科を選択。
まぁ。英語も理数系も不得意な私ですから、なんとなく、高校生活は送れたけど、これを仕事に食べていけるとは思わなかった。
高校卒業後の進路を決めるのに
『この道はアタシに向かない。じゃぁ??どうする?
 お菓子を作るのは好き。料理も好き。栄養の勉強もしてみたいかも。』

そう思って、結局「日本菓子専門学校」という製菓の専門学校に通うことに。
その時は、普通の女の子のように「パティシエ」を目指してたんですけどね。
1年生で 和・洋・パン の授業をして、2年に上がるときに和菓子か洋菓子の選択をします。

 

なんで和菓子にしたんだろうなぁ。。。。。

 

母や茶道の先生にはもちろん勧められましたよねぇ。
最後の最後まですっごい悩んだの覚えてるわぁ。

この辺は本当に自分でも「謎」

まぁ、でも、今は和菓子を選んで正解だと思っていますけどね。

専門学校を卒業した時は、和菓子のお教室を開いて、生計をたてていくんだ♪と思ってましたね。
今はやっぱり普通の和菓子屋さんを経営したいと思いますね。

なかなか難しいかな。
と、悩む日々が続きます。

近い将来。私の和菓子屋が開けるよう頑張ります。

2010/10/29

初めまして。
和菓子職人の高橋由美です。
自分の店を持つ夢を目標に和菓子屋で働いています。

この度はJunkStageという素敵な場所でコラムを書かせていただけることになりました。
ドキドキ。
やたら緊張してますが。
縁って素敵。

私はもともとお菓子が大好きだったのです。
製菓の専門学校に入った時はパティシエになろうと思っていました。
でも、小さい頃から茶道もやっていて。
和菓子も大好きでした♪
勉強しているうちに和菓子の魅力にはまっちゃったんですね。うふッ。

製菓の専門学校を卒業し、大和市の千本桜にある「みどりや」という和菓子屋に就職しました。
やっぱり、とうか、当然というか・・・専門学校にいたころよりも和菓子の良さを知ることができました。
可愛くておいしい和菓子を作って、食べた人を笑顔にできる。
なんだか、すごいですよね。
おいしいって言われるとこっちまで笑顔になっちゃいます。
まだまだ、自分で作った和菓子とは言えないかもしれないけど、自分で働いてる店の和菓子でもおいしいって言ってもらえるとやっぱりうれしいです!

みどりやは桜でも有名な千本桜にあるんです。
春はお花見のお客様でいっぱいです!

「みどりや」に4年。。。
もう一歩踏み出さねば!!
と思い、次の和菓子屋サンに行く決心をしました。

そして、武蔵小杉の「桔梗屋」に1年という約束で。
同時期に大和の「鈴木家」と2件で働けることに♪

1年たって、感謝、挫折感、自信喪失。
と自己嫌悪にも陥りました。
が!しかーし。こんなところではあきらめられません。
まだまだこれから!

今は、引き続き神奈川県大和市の「鈴木家」
最初にいた「みどりや」
の2件で働いてます。

まだまだ未熟な和菓子職人ですが、立派な職人になるべく!がんばります。

ここでは、季節の和菓子や日本の伝統行事に関連した和菓子などなど。
和菓子についていろいろお話できたらなと思っています。
これからも、どうぞよろしくお願いします。