Home > 未分類

2013/09/17

皆様、今月の19日はなんの日かご存知ですか??
そぅです!
十五夜です。お月見をしましょう。

家でせっせとお団子を作るか、
和菓子屋に行き、だんごをかいましょう!

作るのも簡単です。
さ、上新粉を買いに行って♪
そして、お水で解いて、まん丸に丸めます。
20分も蒸せば完成。
あとは、センスよく盛るだけ!
ススキと、一緒に飾ってお月様を眺めてください。
晴れてよく見えるといいですね。

2013/07/22

更新が滞っております。 高橋です。

やばいですね。 1か月以上パソコン報知って・・・・(;一_一)

もぅ。すみません。

さて。。 先日、高校の茶道のお菓子見本を頼まれた話をしたと思うのですが。

見本を作ったのが、これです

四種類ですね。

緑色のはきんとんで。 ほたるを表したものです。

そして、その上のは、石に水が溜まってる姿ですねー。。 茶道で使う蹲(つくばい)がこんな感じです。 そこにひらひらと葉っぱが落ちた様ですね。

そして、黄色のきんとんは 「ひまわり」 です。 今お店では、練り切りの違う型でひまわりも出てますょ。

最後に 「涼風」と名をつけたのですが、 うちわのイメージです。 うちわに朝顔が描いてあるような、そんな感じですかね。 4つの中では一番のお気に入りです。

この中から二つ(二日間だったので)選ばれて作りました。 無事に終わってホッとしますね。。。

2013/05/31

ご無沙汰しております。
和菓子屋の忙しい時期も過ぎ、すっかり夏ですね。
もぅ梅雨入りしたそうで、今年は桜も早かったし、色々早いですね。

今日は社長に
「○○高校のお茶会のお菓子の見本を四つ考えてきて。
月曜日までに。」
と言われた。

お茶会のお菓子は茶道の先生が「こんなのを作って」と言ってイメージを伝えたり、写真をもってきたりすることもあるのですが、
「何月何日にお茶会があるのでお菓子をお願いします。」
と言って菓子屋にお任せする方もいらっしゃいます。

そんな時は、見本をいくつか持って行き、どれにするのかを決めたりするわけなのですが。

今度の高校のお菓子をアタシに考えろと社長がおっしゃいました。
アタシ、苦手なですよね・・・・・実は。

そんなことも言ってられないので、考えましょぅ。
若い子向けのお菓子。

出来たら、upしますね。。

2013/03/25

「わぁ!かわいい!」
「え?そうかなぁ?」
「かわいいと思わない?」
「んー…あんまり好きじゃないかも」

みたいなことってよくありません?
アタシは結構あるんですけど。

価値観って、人によって違うから、何がよくて何がいけないのかなんてわからないですよね。

当然
お菓子の見え方や味の感じ方も人それぞれ。
万人受けのお菓子を作るのってすごーくむずかしいんです。
だから、お店によってお客様のターゲットが違うわけなんですが。
いわゆるマーケティングですね。

どんなお菓子をどの位の価格で売って、包装はどうするのかとかで客層が観えてきたりするんですね。
で、それはもちろんお店の場所を決めたりする前に設定するものなんですけど、これが、意外と難しい。(アタシの場合は)
また、逆にどんな人に売りたいかで、場所や販売するお菓子を決めたりもします。
お店持ちたいから色々と頭で考えたり紙に書いたりとするんですけど、ぶれちゃうっていうか。
まとまらないというか。
アタシは作りたいお菓子があるので、それを受け入れてもらえるような場所がいいと思っているのですが…。

ホント、作りたいお菓子だけ作って売れたらいいのになぁ…と思います(笑)

まぁ、色々リサーチして、万全を期してやってもうまくいかないこともあるので、それが全てというわけでもないのですがね。
でも、やらなくていいことには、ならなくて。。。
これをしっかりやっとかないと、もっと大変になってきちゃいますしね。

アタシはアタシなりに。
自分らしいお店が持てるように努力したいと思います。

2013/01/30

 

まだまだ寒い日が続きますねぇ~

 
アタシの勤めてる和菓子屋では
先週、今週と、中学生が職業体験に来ています。

 

中学生が二人、朝から昼過ぎ頃まで働きます。
初めて働くし、和菓子屋は立ちっぱなしの上に工場は寒いので、中学生には大変ではないかと思います。
先週来た学生は「疲れた、疲れた」と声に出して言うほど(笑)

 

それでも、もくもくと言われたことをやりますね。

 

今日来てくれた学生は一人は和菓子屋になりたいとか。。。
うれしぃことを言ってくれますねー!
本当にやりがいのある仕事だと思いますね!

 
そしてジェネレーションギャップを感じる。。。
若いつもりでいたけど、歳を聞いたらアタシの半分だったぁ(笑)
んー歳をとるのが早くなった!
和菓子屋にいると一年があっという間です。。。

 

2012/11/11

だんだん秋もふかまって、寒くなってきましたね!

だんだん草木も紅葉してきたのではないでしょうか。。。

 

以前、Jank stage第三回公演でジャズピアニストの外山安樹子サンと少しお話をさせていただく機会があり、CDを譲っていただいたので、家で聴いていたのですが
ふと!アタシ一人じゃもったいないのでは。と思って、職場で流していただくことに~

アタシは基本工場の方で働いているので、あまり大きい音でなければ、何を聴いても大丈夫なのですが、売り場で流す音楽は、お客様に不快感を与えないことや購買意力をそがないもの、それでいて、お店の雰囲気を壊さないもの。
が、妥当だと思います。
もちろん。無音のお店も多々あります。
お話上手な店員サンがいれば、無音でも十分ですしね。

みどりやではクラシックやジャズがよく流れているので、お客様の中には「まぁ!こんなところでジャズが聴けるなんて、いいわね!」とおっしゃってくださる方もいらっしゃいます。
お店の個性もでるので、そういうのも楽しいですね。

 

 

 

2012/08/22

お久しぶりでございます(・・;)

晩夏ですね。。
朝晩が涼しくなってきましたぁ。。。
皆様いかがおず越しでしょうか
アタシはこんなにコラム書いてなくて、お叱りをうけますね。。。
さて、今日は名入れの「袋」についてちょっとお話を

先日アタシのつとめている「みどりや」で名入れの手提げ袋を作りました。
もちろん業者サンにたのみます。

営業の方がまず、袋のイメージを聞き、それをデザイナーに伝え一度、紙にそれを印刷してきます。
そして、それを、気に入ればすぐ袋に。気に入らなければ、またどこをどうするという指示を出して、再度待ちます。
それを何度か繰り返して、「みどりや」オリジナルの手提げ袋ができるわけですね。
デザインだけでなく、袋の素材や型もその時にきめていきます。

できた物が届いたときにはうれしかったですねぇ~♪

アタシも店を持ったら名入れの手提げ袋作りたいですねぇ(*^_^*)

でも、コストもかかるし、在庫も自分の店でしないといけないので、小さいお店ではちょっと難しいかもしれませんね(T_T)

2012/04/06

入学式シーズンですね
和菓子屋はこの時期忙しいです。

なぜなら、紅白饅頭の注文が入るからです。
もちろん3月の卒業の頃からです。
先日作った紅白饅頭です~。

 

これを箱に詰めて熨斗(のし)をかけます。
素敵な御祝いの品ですね♪

2012/02/09

和菓子の職人をしていて一番質問されること。
最初の頃はよく言われたぁ
「なんで、なろうと思ったの?」
 って。

私は両親はもちろんのこと、祖父母とも一緒に暮らしていました。
いわゆる、二世帯住宅ですね。
共働きだったので、祖父母と一緒にいることも多かったと思います。

そうなると、和菓子ってたぶん、食べる機会が多くなると思う。
普通の人がどのくらい食べてるのかわからないけども。

スーパーで買えるような、お団子なんかは、おばあちゃんが買ってきてたから、普通に食べる習慣もあったし、「おはぎ」は手作りだった。
昔のビデオを見ると、なんっか知らないけど、良くお菓子の袋持ってるんだよね。。。私(笑)
母とビデオ見ながら爆笑したことあるくらい。

そぅだなぁ。
それで、初めて「上生菓子」って私が良く写真を載せるような和菓子を食べたのが、茶道のお教室に行った時。
小学校3年生。
緑の葉の練り切りでした。
これは、不思議と覚えてる。すっごいおいしかったなぁ。
今までにない味というか。

上生菓子って子供には高級な和菓子だしね。

でも、和菓子屋さんになろうと思ったわけではないんだけど。
中学校を卒業するときに『普通科には行きたくないなぁ』って単純に思って情報処理科を選択。
まぁ。英語も理数系も不得意な私ですから、なんとなく、高校生活は送れたけど、これを仕事に食べていけるとは思わなかった。
高校卒業後の進路を決めるのに
『この道はアタシに向かない。じゃぁ??どうする?
 お菓子を作るのは好き。料理も好き。栄養の勉強もしてみたいかも。』

そう思って、結局「日本菓子専門学校」という製菓の専門学校に通うことに。
その時は、普通の女の子のように「パティシエ」を目指してたんですけどね。
1年生で 和・洋・パン の授業をして、2年に上がるときに和菓子か洋菓子の選択をします。

 

なんで和菓子にしたんだろうなぁ。。。。。

 

母や茶道の先生にはもちろん勧められましたよねぇ。
最後の最後まですっごい悩んだの覚えてるわぁ。

この辺は本当に自分でも「謎」

まぁ、でも、今は和菓子を選んで正解だと思っていますけどね。

専門学校を卒業した時は、和菓子のお教室を開いて、生計をたてていくんだ♪と思ってましたね。
今はやっぱり普通の和菓子屋さんを経営したいと思いますね。

なかなか難しいかな。
と、悩む日々が続きます。

近い将来。私の和菓子屋が開けるよう頑張ります。

2011/12/28

あと数日で今年も終わりですね。

今年はたくさんのことがありました。

私にもいろいろなことがあった年だと思いますが。
日本にも大変なことがあった年ですね。

来年はもっと日本が元気になれるといいですね。
今年はJunkStageに出会えました。

このような場所でコラムを書けることに感謝です。

そして読者の皆様。
いつも読んでくださってありがとうございます。
来年もよろしくお願いいたします。

それでは!

良いお年を!!!

« Previous | Next »