Home > ソロモン諸島

2013/12/08

元トンガ在住の鈴木です。
タイトルを「古今東西音巡り」と変えて、全く「音」に触れてないのが心苦しいのですが…

12月1日のJUNKSTAGEパーティー、ついに参加でき、スタッフさん、他ライターさん方と初めてお目にかかることが出来ました。いろんな刺激も受けました。大分からはるばる出かけていった甲斐がありました。一流の皆さん方の中に「何故自分が???」という思いが一段と強くなってしまいました(笑)そして、数日後、「11月は更新が一回だったため」と月ごとに格下げされました。頑張ってネタを探さなければ…。

さて、先週大分の別府にある立命館アジア太平洋大学(以下APUとします)の太平洋諸国からの留学生を中心にオセアニアウィークが開催されました。APUは学生総数の半分以上が留学生で、授業のすべて日本語と英語の両方で開講され、大学構内の公用語は「日本語か英語で」という決まりがあるという、メッチャクチャ国際色豊かな大学でして、世界中から学生が集まってきています。(ちなみに就職率95%以上という脅威の数字を残してたりもします。)なので、秋から年明けにかけて、一週間単位で地区や国別のイベントを行なって、異文化紹介を常としています。で、先週からオセアニアウィークを皮切りに始まりました。ちなみにオセアニアからはトンガから10人、フィジーから5人、あとはパプアニューギニア、オーストラリア、ニュージーランドから。以前はサモアとかクック諸島、タヒチ、ソロモン諸島、ヴァヌアツと言った国からも来てたそうですが、今現在は在籍していないとのこと。

僕が参加、鑑賞したのは、水曜日と金曜日の2日だけ。

水曜日はオセアニア、特にポリネシア(ハワイ、ニュージーランド、イースター島の3点を結んだ三角形の中にある国々)固有の文化であるカヴァセレモニー。僕がトンガにいる時に毎晩やってたあのカヴァです。僕にとっては日常的で、当たり前のことなんですけど、やはり日本、しかも大分ではかなりレアな催し物。参加者は大学生ばかりですけど、サラッと入ってきました。ちなみにトンガ人10人ですけど、トンガ在住時会ったことあるのは一人だけで、後は知らない人たちだったんですけど、とりあえずサラッと入って、サラッとトンガ人とトンガ語で挨拶交わした所、初対面のトンガ人たちが「えっ?なんで????」「あの人俺の国の言葉喋ってるよ!!!」みたいな感じで寄ってきて、更に初めて会ったくせに、その他の留学生や日本人学生に「この人は〜」みたいにあたかもずっと前から知ってるかのごとく紹介しまくってる(笑)。その辺さすがオセアニア人だなぁって。おかげでなんの違和感もなく入ってきましたけど、さすがに大学生、若いね。おじさんは中々ついていけませんわ…。
ソロモン諸島に行く前に、ボランティアで3週間ほどパプアニューギニアの結構山奥に行ったことがありまして、パプアの留学生がいたので、喋りかけた所、なんと自分が行った地区にほど近い場所出身だったとかで、その留学生曰く「その地名を出して、話が通じたのは、日本で初めて!!!」と喜んでました。こういうことってあるんですねぇ。ちなみにシンブ州と行って、標高1500mほどで、赤道に近い国でありながら椰子の木が存在しない地区だったりします。朝10度以下まで下がって寒かったなぁ…。

カヴァセレモニー
これはカヴァセレモニーのカヴァです。カヴァボウルという木製のボウルの中でカヴァを作り、ココナツの殻で作ったカヴァカップで回し飲みします。ちょっと日本の茶道に通じるものもあるかも。

s1394424_629270520444803_665292085_n
こちらはトンガ人留学生と。一人オーストラリア人が混じってますけど。最近の学生はドッカ〜ン!!!と大きい人が減ってきたなぁ…。ラグビー留学生じゃないからかな?

翌日木曜日は取り立てて特別なイベントはなく(昼間学校のカフェテリアなどで民芸品の紹介、販売などやってたらしい)、鹿児島からわざわざやってきた元JOCV(海外青年協力隊です)で、トンガでも交流のあった人、APUの卒業生で、そのまま大学事務に残ったトンガ人とその奥さんと4人でディナー。別府でインドネシア、バリ料理店に行ってきました。当然APUの卒業生。

金曜日がオセアニアウィークのハイライト、グランドショー。
歌、踊り、ファッションショーといったステージパフォーマンスを披露してくれました。7年前にオセアニアウィークが行われ、今回は7年ぶり。7年前、丁度ソロモンから一時帰国してた時で、その時も見に行きました。その時はオセアニアの学生だけのパフォーマンスでして、ステージの上で一人もしくは少人数で踊り、歌うという感じだったのですが、今回は日本人をはじめ、オセアニアと関係ない学生たちも巻き込んでの一大イベントとなっており、予想以上に盛り上がり、予想以上にハイレベルなパフォーマンスとなり、かなり驚かされました。ステージ上の学生だけでなく、裏方も含めて協力者を求めたら、初日だけでなんと250人に達し、初日で募集を撃ち切ったとのことです。オセアニアが日本に知られてないので興味がある現れ、そして、オセアニア学生が大学内で存在感ある現れですかね。これらを文章でうまく伝えることは不可能なので、実際に見てもらいましょう!

こちらです。

実はUstreamで生中継されまして、その録画を見ることができます。結構面白いので、是非見てください。オセアニアのいろんな踊りが見られます。
しかし、トンガの学生が多かったせいか、なんとトンガ色の濃いことか!!!(笑)きっとわからないと思いますが。結構トンガトンガしてました。

中々オセアニアのイベント映像を見ることができませんし、特に一つのイベントの中で多くの地区の様々な違いを一度に見ることができないので、こういうイベントは中々意味の濃いものだと思います。でもやっぱり会場での臨場感は超えられません。知り合いがいなくても、是非来年以降開催されるようでしたら、別府までお越しいただけると嬉しいのですが。その価値はあると思います。

というわけで、今週やたらとトンガ語と英語三昧で、寒くても暖かい週でした。やっぱりオセアニアはいいですね。

あ、今週12/9からはスリランカウィーク、12/16からアフリカウィーク、年明け1/6からネパールウィーク、1/14から台湾ウィーク、そして最後は日本ウィークと続くそうです。興味のある方は是非大分別府のAPUまでどうぞ。

2012/07/01

7月に入りましたね。もう2012年も下半期に突入です。日本は梅雨真っ最中というところでしょうか?

さて、僕はオセアニア生活が8年目を迎えました。というわけで、僕が勝手に考えている生活スタイルを書いてみようと思いまして。ちなみに僕が滞在したのはパプアニューギニアが1ヶ月半、ソロモンが3年、そしてトンガ王国に来て5年目です。なので、パプアはほんとに短期滞在で、ほとんど旅行者レベル。

さて、僕が海外で長期滞在する際に、心に留めていることがあります。

1)なるべく現地の共同体に入り込む。
2)なるべく日本を持ち込まない。
3)自分が楽しむ。

他にもいくつかありますけど…。

1)に関して。
これは、ソロモン、パプアの生活が基準になってます。ソロモン、パプアにはワントクシステムという社会構造があります。ワントクシステムとは、部族、村ごとに言葉が違うという社会の中にあって、お互いの関係を保つためのものです。ワントクとは、one talkで、母国語が同じであるという人間関係を指します。このワントクという状態は、ほぼ家族、親戚に近い関係にあり、何か助けを必要な状況にあると、徹底的に援助するという社会構造。普通は経済的理由がメインですがね。なので、なにか経済的に問題があったりするとワントクのもとに転がり込めば、なんとかなるし、転がり込まれた側は拒否できない訳です。そんなわけで、ソロモンなどには貧しくても、ホームレスといったものが「基本的には」存在しません。なんと人に優しい社会構造!!!

でも、それだけでなく、怖い面もあります。もしワントクの誰かが危害を加えられた場合、報復も考えられるのです。しかも「加害者」が報復対象になるのでなく、「加害者のワントク全体」が被害者のワントク全体からの報復対象になります。なので、例えば日本人が誰かを傷つけた場合、日本人全体が、「無差別に」狙われることも十分考えられるわけです。

もっと軽い意味で「友達」という意味合いでも使われます。

というわけで、外国人であれ、彼らのワントクとなることができ、一度そうなれば、徹底的に守られるというか…。

トンガには「トンガ人同士」のワントクシステムは存在しませんが、日本人からすると、やっぱりワントクかなぁ。

さて、海外で生活する上で、恐らく最も大切なことは「安全管理」。やっぱり自分で色々と考えなくてはなりません。安全で、楽しい生活を送るためには。家のセキュリティを上げるのも当然ですが、それ以上に地域での人間関係を作り上げること。これが先決だと思います。そういう理由から、僕はなるべくトンガ人の共同体に足を運ぶようにしています。カヴァクラブ、教会、ブラスバンドに聖歌隊、等々…。こういうところに顔を出していると、その地域に顔が割れ、その結果、自分の安全確保に繋がります。実際、この5年、いや、ソロモンも含めて8年、お陰で身の危険を感じたことは一度もありません。ココナツ爆弾の危険や犬に追いかけられて噛まれたことなどは何度かありましたがwww。

僕はJICAや大使館職員といった、いわゆるオフィシャルな立場でないし、任期が決まっているわけではありません。そして、一匹狼。なので、あまり日本人のグループには属さないようにしているというか…。あっ、決して日本人を敬遠しているわけでもないし、仲が悪いわけではありませんので…。

というわけで、なるべく現地の人の集まる場所に顔を出すようにしています。

と、偉そうに書いてますけど、そういう意味合いもありますが、やっぱり自分の趣味?その辺のトンガ人との関わりが一致しているというのが大きいんでしょうね。

というわけで、海外で長期滞在をする場合、現地の人と共有できる趣味を持つというのが有効なのかもしれませんね。楽しく、かつ、安全な海外生活を。

2009/10/25

こんにちは、トンガの鈴木です。

大分間隔があいてしまいました。ネットトラブル続きでなかなか…。言い訳ですね、ハイ。すみません。

さて、前回に引き続きパプアニューギニア(以下PNG)のことを書きたいと思います。と書きかけた後、サモアの地震、津波の災害がありまして、そこから中断してますね。

今回は参加したボランティアグループ(ドンボスコ海外ボランティアグループ、略してDBVG)でどんな活動をしていたかと言うことを書いてみようと思います。

DBVGの基本となる二つの柱は仕事と交流です。「仕事」と言うことだけ考えるのであれば、ぶっちゃけた話、送金して現地労働者でやってもらった方が、はるかに効率がいい。それはDBVGの参加者のほとんどは大学生で、早い話労働力としてはかなり???な部分もありまして、それは引率する立場の人間もそうです。でも、あえてその非力な日本人を送るのは「一方通行で終わらせたくない」という希望があるから。現地の労働者や人々の中に入って行って、交流を深めながら作業を行っていく。そういうわけでDBVGの基本路線として仕事と交流は全く同レベルに重点が置かれています。だから仕事の他にも、活動する場所周辺の村を訪問したり、夜な夜な近所の若者たちと歌って踊って、朝から晩まで彼らと交流を深めていきます。かいつまみ過ぎですが、詳しいことは先にリンクしたホームページをご覧ください。

さて、僕がPNGに行ったのは2004年8月。 場所はPNGの真ん中、シンブ州のクムギにあるDon Bosco Techという工業学校。学校自体は基本寮制で、自動車整備、電気工学、情報工学といった職業訓練校的な学校。僕らはそこで何をするかというと、当然学校関連ではありませんね。そんなスキル持ち合わせているわけないし…。与えられた仕事は学校の境界線を仕切るフェンス張り。期間は3週間。みんな「やるぞ~~~!」というモードで乗り込んだものの、乗り込んだ週は修道会の創立者の記念日と言うわけで、一年に一度の文化祭みたいな週でして、仕事なし…。

というわけで、学校の生徒との交流も兼ねて思いっきり楽しみました。

題して「Enjoy! Don Bosco Days!!!」

Mad man

これぞPNG!と言わんばかりに有名(らしいです)なマッドマン。全身に泥を塗り、粘土で焼いた仮面をかぶり、めっちゃくちゃゆっくり動きます。終始スローモーション。どうやら戦いに行くみたいらしいが、赤ちゃんのハイハイより遅くて、戦えるのか?

Mad Man 2

なにげに顔がかわいかったり…w

traditional fashion 1

全身装飾のPNGの女子高生。

dance

どうやら戦いの踊りらしい…。槍をつきながら行進して行ってました。

dance 2

違う部族の踊り。こっちは太鼓を叩きながら…

makeup

鳥の羽根はどうやら山で拾ってくるらしいけど、こんな羽根が大量に落ちているものなのか?

学校はいろんな人が集まってくる場所であり、当然いろんな部族が集まる。いざこざも絶えないらしいけど、かなり多文化国家なPNGをちょっとだけ垣間見てしまっちゃいました。

各部族によって様々な顔を持つPNG。ソロモンと同じくワントクシステム(ワントクシステムに関して、こちらを)が存在し、いろいろと難しいらしいですけど、それだけ多様性に長けているPNG。思いがけなくカルチャーショーを満喫した日本人ですが、よく考えたら

「こいつら高校生で、プロじゃないんだよなぁ…」

日本もいろんな文化が存在して、地方独自の踊りや祭りがありますが、果たして、同郷5,6人集まったとして、地元の踊りを披露できるかと言われると、全く自信がない。地元の盆踊りですら踊れないし…。 恐らく自分の部族を誇りに思ってるんでしょうね。だからこそワントクシステムが成立する。果たして僕は日本人として、誇りをもっているのかということを問われた気がしました。

僕は今ポリネシアのトンガに生息しています。ポリネシアとメラネシアの違いは?と聞かれると、僕は「単一国家内の文化の多様性」 と答えるでしょうね。部族ごとに言葉を有しているPNG。話によると850以上の言語が存在するとも言われているらしい。ポリネシア国家は単一言語国家だし、大きく言って「ポリネシア語」の方言のような言語で、ポリネシア国家間の言葉にはかなり共通項があるようです。

トンガはどこまで行ってもトンガ。PNGはちょっと離れると全然違うPNGなんです。どっちも面白いです。安全面から言うとダントツにトンガですが、バラエティーを求めるならダントツにPNGです。大きく言うとポリネシアかメラネシアか。すみません、ミクロネシアは行ったことないので、ホントに分かりません…。

PNG、なかなか奥が深いです。

当時一緒に参加した仲間で、DBVGリピーターの一人が活動のHPを作ってましたので、許可もらいましたのでリンク張ります。

Photo Gallery of P.N.G.

僕の写真も使われてます。この記事の写真はそちらから転載です。 まぁ、基本的に自分の写真ですが

2009/09/14

こんにちは、トンガの鈴木です。

先日、日本の大学で勉強しているトンガ人留学生の手を通して、実家から楽器とCD,DVD(計20枚)をいくつか受け取りました。(別府に学生の半数が留学生で、構内の公用語が日本語と英語という超国際的なAPUという大学があるんですけど、そこの留学生)

それで、そのCDを漁っていると、 そのうちの5,6枚はソロモンやパプアニューギニアでのボランティア活動の記録写真や報告会のプレゼン用パワーポイントデータなど。もう5~8年前の話ですが。自分がかかわった活動を後から振り返ると言うのは、めちゃくちゃ面白いものですね。何から何まで懐かしい。一緒に活動したみんなは今頃何してるんだろうなぁ…。

と言うわけで、ソロモンとトンガの他に、パプアニューギニアのカテゴリーも作って紹介します。タイトルは「南太平洋から~」ですから。ちなみに短期ボランティアで3週間しか活動していないので、 それほど詳しくは書けないし、続かないと思いますが…。自分の防備録代わりに、写真など見て、思い出しながら書いていこうと思います。以下パプアニューギニアのことはPNG(Papua New Guineaから)と記すことにします。相変わらず主観バリバリなので、これがすべてではありませんが、僕のフィルターを通したパプアを紹介いたします。

PNGに関する基本データはPNG大使館外務省、を参考にしてください。位置はオーストラリアの北にある大きな島(ニューギニア島)の東半分です。ちなみに西パプアはインドネシアです。

ポートモレスビー国際空港に着くと、こんな壁画が出迎えてくれます。

空港壁画

僕が引率したボランティアグループ(Don Bosco Volunteer Group略してDBVG)の活動地は、PNGのど真ん中で、首都のポートモレスビーから小型飛行機(セスナ?)で一時間半ほど飛んだハイランド州、シンブ州の境目辺りにあるクムギという場所(シンブ州側)。まぁ、地図ではなかなか見つからないでしょうね。もしかするとKundiawaという地名がPNGの真ん中辺で見つけることができるかもしれませんが、クムギはkundiawaのそばにあります。そのハイランド州 にはPNG最高峰のウィルヘルム山(4,508m)がそびえ、活動地自体標高1,500m付近。完全に山の中です。「海?なにそれ?」そこには山と高い空があるだけ。椰子の木すら生えてない。椰子の木の生えてない南太平洋なんて、そんなのうそだ!と思ってしまうほど多彩な顔をPNGは見せてくれます。

近くを流れるワギ川

ボランティア活動は、大学生が中心ですので、大学の夏休み8月に行われましたけど、赤道を越えるとその時期が一番寒いことになってますが、PNGは赤道をちょっと南に下がった場所。日本から考えると完全に「赤道直下の熱帯雨林」。なんですが、上述のように活動地は標高1,500m。朝は、1m先が見えないくらい濃い霧に包まれ、気温は10度を割る。当然吐く息も真っ白に凍る。その前の年に、ソロモン諸島に行ってましたので、オセアニアは多少体験済みでしたが、まさか、こんな冬を南太平洋で体験するとは…。まぁ、事前に標高と冬場で寒いので、ジャケットをもってくるように伝えておりましたが、ジャンバーと言えばよかった…。そりゃ、椰子の木も生えないわけだ。

もやの中で

朝は凍えますが、日が昇り始めると急にポカポカ暖かくなり、しばらくすると太陽はギラギラと輝き、あっという間に30度越え。夏と冬、一度に味わえる、おいしい(?)場所です。やっぱりオセアニアの太陽は「痛い」です。これはホント。日差しは痛いものです。暑いものではありません。(暑いけど…)あっという間に日本人たちは黒く、小汚くなっていきます。もっともPNG人は、元々真っ黒。それが日焼けによるのか、生まれたときから黒いのか分かりませんが…。チモールからフィジーにかけての地域をオセアニアの中でも「メラネシア」と言い、「黒い人」と言う意味で、実際に黒い人が住んでます。PNGとソロモンの国境付近が中でも黒い人たちで、話によると世界の中で一番「黒」い人たちらしい。実際にソロモンの中でも、黒さが違いましたので、かなり信憑性ありです。木炭みたいな黒。あそこまで黒いと逆にかっこいいですよ。黒が黒として映えます。

PNGの子供たち

おっと、話が逸れた!何の話してるんでしたっけ? 話がごちゃごちゃになりそうなので、一旦ここで閉めます。次はDBVGというグループが、山の中のクムギと言う場所で、どんな活動をしていたか紹介します。