« | Home | »

2007/04/12

■音楽用語裏辞典 【さらう】

皆さんは「さらう」という言葉から、何を連想しますか?

おそらく多くの人は「人をさらう(誘拐する)」に直結する【攫う・掠う】であるとか、
「ゴミをさらう」場合に用いられる【浚う・渫う】という意味合いを想像されるのではないでしょうか。

クラシックの世界で「さらう」という言葉は、もれなく「練習する」といった意味を示し、
漢字では【復習う】と表されます。
辞書には「教えられたことを繰り返して練習する。復習する」と記述されておりますし、
まさに演奏家の日々の努力を指し示す言葉といえます。

演奏家の人生の半分以上は「練習」によって成り立っているといっても過言では無いでしょう。

学生時代は1年365日を練習や勉強に費やし、
プロになれば一度の演奏会のために2~3日のリハーサル(練習)をこなし、
そのリハーサルの為に自宅における個人での練習の時間を消化するのが演奏家の日常。
つまり、演奏会本番以外の時間のほとんどが練習によって成立しているようなものなんです。

そして、その「練習する」という言葉は「さらう」という業界用語として日常的に使用されています。

従って演奏家や音大生の日常には、こんな会話が飛び交います。

A「最近全然さらう時間がないなあ~」
B「ええ~俺なんか昨夜徹夜でさらいまくったよ!」

「徹夜でさらいまくった」・・・

これを電車の中で一般人が聞いたら、極悪な誘拐犯の会話にしか聞こえないでしょう。
しかし、これは紛れもなく音楽に真摯に向きあっている音大生の会話なのです。

そして「さらう」という言葉は日常的に会話に登場し、
「ゲームさらっとかなきゃ」などのように、他ジャンルに関する会話にも登場します。
ですから、演奏会に訪れたら、ロビーで、そして客席での会話に耳を澄ませてみて下さい。
きっとたまに「さらう」という言葉が耳に入ってくるはずですし、
そこには音楽関係者が真剣な顔で議論をしている事でしょう。

2007/04/12 08:08 | 音楽用語-裏辞典編- | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">