« | Home | »

2009/11/25

こんにちは、前回はコントラバス運搬の苦労について書いてみましたが今回はその続き、電車や徒歩で運搬する場合です。

「車買えば簡単」という人も居ますが、私は時間の計算がしにくい点が好きになれません。
リハーサルに遅れない為にわざわざ早起きして車でホールに向かう労力と時間が勿体ないと感じてしまう。車が好きならそれも良いのでしょうが、私は車に一切興味がないんです。それに、楽器の維持費は車と同じくらい負担がありますから、短縮に予算の問題も出てきます。人それぞれに事情がありますよね。

楽器は肩に担いで運ぶのがもちろん良いのですが、ソフトケースによってはリュックのように背中に背負えるものもありますので、それだと肩への負担は少なくなります。ただ背負ったときの高さを理解していないと、高架などにぶつけてネックがボキッと折れる、なんて悲惨な状況にもなりかねません。

長年コントラバスを弾いていると腰をやられるケースも多く、身体への負担軽減の為に荷物などを乗せるキャリー(下画像)に積んでゴロゴロ転がす人が多いですね。

69-20050729-tgcgxnhd2.jpg 69-20051206-hpfnyrmr.jpg

私もその一人で、四輪の台車だと縛りつけておけば信号待ちや電車待ちの際に突っ立てておける利点があるのです。もちろん風が吹いたら倒れて割れたりしますからそこは注意が必要です。専門店にはコントラバスのエンドピンを抜いて代わりに車輪を差し込むタイプも置いてますが、これは安定しませんし、特に腕力の劣る女性にはあまりオススメしません。

ちなみにこの台車、購入場所によって大きく費用に差が出るのでご注意を!

例えば某「激安の殿堂」なら1500円もしませんが、有名デパートの旅行グッズ売場なんかだと7000円くらいします。高ければ長持ちするという訳でもなく、金額に関わらず最終的に必ず車輪が壊れますから、車輪がしっかりした物を選びましょう。特に車輪がプラスチックだと削れやすく、左右の車輪のサイズが違ってきて傾きが生まれ、車輪が外れる要因になり易いです。

近年はバリアフリー設備の充実でコントラバスの運搬もかなり楽になりました。
首都圏の駅ならほとんど階段を使わず移動や乗り換えが出来ますから、最もバリアフリーの恩恵に授かっているのは、或いはコントラバス奏者かもしれません。

ここで台車を使った移動の際のポイントをいくつか記しておきましょう。

まずエスカレーターは楽器ごと後ろを向いて乗ること。
正面を向いたまま乗ると楽器が自分に寄り掛かる形になり、プロレスのバックドロップのような不安定さな体勢になりがちですが、後ろ向きなら一段下に楽器を安定させる事が出来るんです。改札は一番広いところを使うのが良いのですが、楽器を縦にすれば普通の改札でも通ります。

ちょっと混んでいる電車に乗る際は、倒れやすい「駒」を守るようにしましょう。
車両の端で駒を角に向け、壁に両手を付いて楽器を全身で守ります。特に日本は楽器の価値を知らない人が多いですから、平気で「邪魔だよ」と楽器を叩いたり除けたり蹴ったりする輩が目立ちます。わざとらしく「600万」とか値札を付けておくのも一つの防衛策かもしれません。いや、実際は50万くらいだって大袈裟に表示しときゃ良いんです、「楽器は高いんだ」と認識させる事が大事ですから。

さて、演奏旅行などで苦労するのが飛行機、新幹線、バスへの楽器の持ち込みです。

飛行機の場合、国内線ならJALもANAも航空会社所有のハードケースをレンタルしてくれます。但し台数限定のため必ず事前申し込みが必要ですし、ANAのサイトには

「ANA便(機種Q84/Q83)、IBEXエアラインズならびにオリエンタルエアブリッジが運航する便では貨物スペースが限られているためコントラバスはお預かりできません」

と明記されていますから、事前に調べて航空会社に問い合わせるのが良いでしょう。
ちなみにJALならレンタルは無料です。最近ソフトケースのまま手荷物同様に預けてしまう人も居るようですが、私には信じられませんし絶対にオススメしません。

新幹線の場合、最も良いのは事前に駅員に相談すること。
運が良ければ使用しない乗務員室を使わせてくれます。以前グリーン車に乗った際には車掌さんの方から部屋の使用を申し出てくれた事もあります。最近はこの部屋を使わせてくれない場合もありますが、そんな時はあえて自由席で一番後ろに座ります。座席の後ろの空間にピッタリ楽器が入るので、自分が座席を倒せない点だけ我慢すれば確実に安全な移動が出来ます。ただ、2席分占拠する事になるので混み合っている際には遠慮しましょう。

乗務員室も自由席もダメな時は車両間の通路に置きます。
だいたい新幹線は路線によって開く扉が片側に集中しているので、あまり開かない扉側の手摺りに縛りつけておけばまず大丈夫。そちら側が開く時だけ楽器を移動させれば良いのです。ただ、目を離している隙に何があるか分かりませんから、出来れば楽器が視界に入る席に座るか、さもなければずっと寄り添っている事をオススメします。東京~静岡、或いは東京~新潟間くらいなら乗車時間は1時間半程度ですから、立っていてもそんなに苦じゃありません。

楽器を持ち運ぶと一番困るのが、演奏会の打ち上げを楽しめないこと!!!
車ならアルコールを口にする訳にいかないし、電車なら遅い時間のラッシュに遭いたくないしで結局打ち上げにコントラバス奏者が居ないことはよくあります。その日の余韻を楽しむのが打ち上げですから後日改めてって訳にもいかないですしね。私もよく「みんな今頃楽しく盛り上がってるんだろうなあ」と、地団駄を踏むような思いで帰途についています。
 
 
いろいろと楽器運搬の手段を書き連ねてきましたが、お金に困らないなら車が一番ですし、楽器を運ぶのが年に数える程度しかないなら電車で十分。人それぞれに事情や都合はあると思いますが、まずは楽器を大切に守ってあげる事が一番。今回のコラムを参考にして頂けたら幸いです。

   

2009/11/25 09:24 | 居酒屋トーク | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.