« | Home | »

2009/02/15

昨夜はズボンの裾直しがうまくいかず、結局両面テープで裾を固定する強硬手段に出ました。やれやれ。

今朝はホテルのロビーで待ち合わせ、ホールまで歩いて頭を起こします。

img_4841.JPG

朝の狩野川の景色、なかなか壮観でした。

11時からのゲネプロは1時間ほど軽く摘みながら調整程度。
レッドラインタンゴはこのゲネプロでようやく全貌を掴む事が出来て、楽しく弾けるようになりました。

ゲネプロから本番まで約2時間、「本番前のランチは沼津の漁港で食事をしたい」という私の希望を汲んで頂き、ホールから港まで約3kmの道のりを低音隊でゾロゾロと歩いて向かいました。

空腹も限界に達したとき港に着きましたが、日曜日にこの天候と条件が揃ってしまい、市場は人で溢れ返り目的のお店「丸天」は約30組待ち。

img_4848.JPG

本番に間に合わないとマズいので、予定を変更して「かもめ丸」というお店へ。

img_4851.JPG

全員一致で「ぬまづ丼」なるものを注文しました。
これ、沼津名物鯵の干物による炊き込みご飯に、桜海老・生しらす・鯵のたたきが乗った一品。葱と生姜を溶いた醤油をかけていただきます。なかなかのお味でした。

帰りはタクシーでホールに戻り、着替えたら出番です。

img_4854.JPG
 
今回は「オーバー・ザ・ギャラクシー」が降り番だったので、舞台袖からこっそり隠し撮り。
これ、MC中ですね。演奏しているところにすれば良かったな・・・・
 
 
実は人差し指の豆が本番直前に膨れ上がっていたので、一度潰してから本番に向かうか悩んでいたのですが「まあ大丈夫だろう」とそのまま舞台に出たところ、レッドラインタンゴの途中で見事に潰れました。
 
090215_172402.JPG
 
仕方なくそこからピチカートは中指に変更、ポイントだけ人差し指の肉ごと弾く気合いの奏法へチェンジ。指も何とか最後まで持ってくれました。

終演後は会館の方が楽器ごと駅まで送って下さって、三島から予定より早めの新幹線に乗る事が出来ましたが、それにしても、楽器とキャリーを持ち運んでいるのに世間は冷たい。人々は歩いていても避けないし新幹線も普段なら楽器を入れてくれる乗務員室に入れさせてくれないし、 何だかツイてない一日でした。

この国は、もう少し楽器に対する理解が深まらないかなあ。
せっかく本番が楽しかったのに、帰途は残念でした。
 
 
 
さて、実は皆さんに報告があります。
 
ちょっとここしばらく大変忙しく、4月にアルバムの録音が終わるまで一時休載をさせていただきたいと思います。突然で大変申し訳ありませんが、また新しい連載形式などを考えて復帰させていただければと思います。

それでは、一時的にごきげんよう!!
 
 

2009/02/15 10:37 | コンサート報告 | 1 Comment

Trackback URL
Comment & Trackback

鷲見様、
昨年5月11日以来鷲見さんのページを見つけてしまい、楽しみに読ませていただいています。しばらくお休みとのことですが、4月以降も楽しみにしております。 2月20日は康郎先生のご命日とのことで、私は昨日ご冥福をお祈りしてきました。 録音担当でしたが楽屋を一緒にさせていただき、大ハプニングだけでなく楽しいひと時を過ごさせていただきました。ありがとうございました。コントラバスの前にSchoepsのマイクを置かせて頂きありがとうございました。

Posted at 2009.02.23 11:57 AM by ECM99A
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">