« | Home | »

2009/02/08

14時からミューザ川崎にて東京交響楽団「第44回川崎名曲全集」の本番でした。

img_4809.JPG

本拠地ミューザとあって11時からのゲネプロはかなり軽め、各楽章の冒頭部分でバランスを取りテンポの変わり目のみを確認して終了となりました。

img_4811.JPG

エクセルシオールカフェで軽めのランチを取って本番。

昨日今日とマエストロは全身で音楽を表現されてとても元気です。
秋山さんは母の高校の先輩ですから、もうかなりのお歳なはず。
溢れるパワーの源は音楽への情熱でしょうか。

個人的にはいろいろミスもあり反省点だらけの本番でしたが、反省は帰宅してからじっくりするとして、今日も満席のミューザの聴衆から浴びる拍手は本当に心地良い。拍手によってエネルギーを得られる気すらします、演奏家に実際の年齢より若く見える人が多いのはこんなところにも原因があるかもしれませんね。

本番を終えて楽屋に戻ると、いま演奏したばかりのブラームスの交響曲第1番が流れている。「録画していたのか?」とモニターを見ると、NHK教育の「懐かしの名演奏」という番組で、ホルスト・シュタイン指揮バンベルグ交響楽団の演奏でした。
 
 
演奏がバンベルグ交響楽団と分かるまで楽屋では

「テレビでやってるんだからN響だろ~」
「外人ばっかりじゃん!オーボエがマイヤーって事はベルリンフィルか?」
「あっ俺こいつ知ってる!これバンベルグだなあ」
「じゃ~マイヤーはエキストラか?それともあいつバンベルグから移籍したんだっけ」

などといろんな会話が飛び交っていました。

業界は狭いもので、それが海外のオーケストラであろうと、どこかしらに必ず誰かの知り合いが居るものなんですよね。

さて、本番終了後いまは東京駅。
これから新幹線で新潟に向かいます。
  
   

2009/02/08 05:48 | コンサート報告 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">