« | Home | »

2008/09/19

午後からミューザ川崎にてリハーサル二日目でした。

台風の接近で雨予報、さすがに傘嫌いの私も折り畳み傘を鞄に忍ばせましたが、幸い行きも帰りも傘を使う事はありませんでした。

怪しげな空模様を横目にミューザに到着したら、多くの楽員さんが客席で熟睡中。

そういえば昨日コントラバスのKI君が

「今日はリハーサル終わって夜から録音の仕事、明日は朝10時から音楽観賞教室でベートーヴェンの交響曲第7番を演奏して午後からリハーサルなんですよ…」

と言ってました。
ちなみに彼はオペラの前からずっと出番で休みが無いそうです。

我々フリー奏者であれば一日に演奏の仕事がいくつ入ろうと、休みが無く仕事が詰まっている事はある程度評価されているという安心感や自信に繋がりますが、楽員さんでずっと仕事がダブルじゃ肉体的にも精神的にもキツいでしょう。これだけのスケジュールだと「演奏」が「労働」になりがちですし、彼も「どの曲が何だか、衣装がどれだかも混乱してくるし、練習も追いつかない」と笑っていましたがとんでもない、そんな事を全く感じさせず見事な「演奏」をしていました。

さて、今日のリハーサルはラフマニノフ作曲「パガニーニの主題による変奏曲」から。
楽しみにしていたニコライ・ルガンスキーとの合わせでした。

ステージに入ってきたルガンスキーを見たら眼鏡をかけており、数年前に比べて若干垢抜けた感を受けました。いざ合わせてみると、やはり素晴らしい!高い技術を持ち合わせていながらそれを誇示する事なく、サラリと弾いてみせる。私の大好きな第18変奏「Andante cantabile」の音色も美しく、音楽は決してしつこかったり甘過ぎたりせず、しかしロマンティックに歌い上げる。こうしてオーケストラを引き込む力、雰囲気を持ったソリストは久しぶりだなあ。

ラフマニノフは一度通してからルガンスキーの要望で数ヶ所テンポやダイナミックスを変更、確認し1時間弱で終了。「展覧会の絵」も、今日は最初に全曲通してから少しずつ確認と修正をしてリハーサルは2時間程度で終了となりました。

あとは本番、明後日日曜日の14時からミューザ川崎です。
プログラム的に多少短い演奏会になりますが、2曲とも必ずどこかで聴いた事のある有名な曲ですから、クラシック入門編には良いかもしれません。

オンラインでのチケット販売は修了していますが、電話での受付はまだしているようです。

Tokyo Symphony チケットセンター
TEL: 044-520-1511 FAX: 044-543-1488

   

2008/09/19 07:11 | 演奏の現場から | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">