« | Home | »

2008/09/01

12回本番という、久しぶりに多忙な8月を終え、今日から9月。

これから2週間はオペラ漬けになります。

東京交響楽団と二期会によるチャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」。

今日は大久保のクラシック・アートスペースでリハーサル初日でした。

弦楽器の中じゃ音符の少ないコントラバスですらパート譜は60ページある大作、今回はリハーサルだけで9日あります。

私はオペラの経験が少ないほうで、過去にやったのはモーツァルト「魔笛」「フィガロの結婚」、ワーグナー「ワルキューレ」、ビゼー「カルメン」、R・シュトラウス「無口な女」程度。

ワーグナーの時は依頼書のリハーサル初日に「譜読み」と書いてあったので、その日に読めばいいんだと初見で行ってみたら全く弾けず焦ったなんて事もありました。いま考えてみりゃ最高クラスの難易度を誇るワーグナーですから、ちゃんと練習してきていた周囲が当たり前だし、譜読みの一日で弾けるようになるオペラじゃないんですけどね。若気の至りってヤツで。

一応今回楽譜をコピーしたものの、先月忙し過ぎてほとんど勉強出来ないまま今日を迎えてしまいました。多少不安ながらも、さあリハーサル開始!

と思ったら

   

「マエストロが今ホテルを出られたそうなんで、15分休憩にします」

  

時間を間違えていたとかで、いきなり腰砕けなスタートとなりました。

結局マエストロはきっちり15分後に到着。近いホテルで良かった。

さてこのオペラ、いざ始まってみると、如何にもチャイコフスキーといったフレーズがそこかしこにちりばめられ、技術的にはそこまでの難曲ではありませんでした。

ただ我々のプルトだけは楽譜がコピー譜のため、弓順や余計なガイド(他の楽器の動き)の書き込みが消せない。変更があっても上から強く書き込むしかないし、ごちゃごちゃした余計なガイドで音符は読みにくいしで楽譜の汚なさに参りました。

今日は3分の2程度拾いながら通してリハーサル終了となりました。

まだあと8回ありますからね。

リハーサル終了後は新宿でプロデュース公演の打ち合わせ。
詳細は近いうちに宣伝するので、皆さんぜひご来場下さいね!

明日も昼からオペラのリハーサルです。

  

 

2008/09/01 09:10 | 演奏の現場から | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">