2009/07/25

信じられん…。
遠賀川(※ローカルなそこそこ大きい一級河川)が溢れとうし、
江川(※ローカルななかでもさらにローカルな何等河川かわからない川)は
溢れて道路が水浸しで帰れんわ…。

というのも、ちぃ、ただいま一日だけお休みをいただき、
北九州に帰ってきております。
そして、なぜかちぃの帰るタイミングを狙ってか、
記録的な大雨 となってしまいました。

博多にいる親戚の家に寄って、ご挨拶をしたのちに、
北九州の実家に帰ることにしたのですが、
主要な線路である鹿児島本線(ローカル)が完全にストップしてしまったのです。

※鹿児島本線…ちぃの理解で恐縮ですが、福岡県の主要都市である
福岡市と北九州市を結ぶ路線で(ほかにもあると思いますが)、
乗降者数は九州でもっとも多い路線、という理解です。

そこが、金曜日の夕方の帰宅時間から、深夜の23時まで、ほとんど
まともに動いていませんでした。
母と一緒だったのですが、どうしようもなかろうもん!
ちぃは、母と、叔母と酒盛りをしていました。

タクシーで帰ろうにも九州自動車道は通行止めやし、
人は死にんしゃったらしいし、JRに文句いってもしょうがないわ・・・。
というわけで、ほとんど動かない電車のため、込み合う下道を通って
何時間もかけ、小倉方面にある家に到着しました。

家では、愛猫が雷が光るたびに跳ね上がっており、
警報はまだまだ続いておりました。
場所によっては、避難勧告が出ていて、近くの公民館にいたようです。
ちぃの実家は玄界灘に近いので、場所によっては
水が溢れて大変だったようです。

なんでこんなときに帰りようんやろ。

こんなこともあるんやね。
と、とりとめもない実況中継でした。
今日は、花火大会なんやけど、増水しとって無理やろうなあ。

2009/07/22

書くに事欠いて、こんなこと…。
いえいえ、大切なことです。

と最近しみじみ思いました。
かつて、サナトリウム文学にあこがれ、クララの車いすに乗りたい、
と祖母の入院する病院で妹と車いすで遊んだりしていたちぃですが、
最近、思ったことがあります。

それは
「社会人として一番必要なもの、それは健康管理」。

当たり前ですが、病気であっても、誰もほめてはくれない。
やさしくしてくれるけれど、決して役に立つ人とは見られない。
仕事をするパートナーとしては、間違いなく、”信頼できない人”と
位置づけられる。

それほど、健康である、ということは前提条件だと思いますし、
何よりも健康であるために努力をする、たとえば定期健診にいく、
ということはとても重要なことなんだ、と骨身にしみてわかりました。

メタボ自慢、貧血自慢。
病気自慢が日本人の悪い癖だけど、いざ、病気になってみると、
自分が楽しいことも何もできなくなってしまうのです。

というわけで…自慢です。
ちぃは、この間の健康診断”オールA”でした!!
健康だけが取り柄です。
これをいうしかありません。
というわけでこれからもオールAを目指して邁進します。

メタボにならないよう、実施した断食プログラムの結果は、またお伝えいたします。
お楽しみに(?)!

2009/07/19

※印ここは、決して、どこかの美容なんとかの宣伝ではありません。
あしからず。。。

実は、ご主人様と初めて、沖縄に行くことになりました。
石垣島 です。なのですが…以前もお話しました。
健康診断で「史上最高の体重」を記録してしまったちぃです。
ご主人様に「痩せろ!!」との指令が出ました。
海に連れていかないぞ!! との脅し。

そ、そんなぁ。
けれど、そんな短時間で痩せられるものでしょうか。
確かに、鏡を見るたびに自分とは信じたくない体型。
こうなったら、仕方ない。なりふりは構っていられません。
何事も形から入るちぃです。
「断食プログラム」なるものを決行することにしました。

ところは六本木・東京ミッドタウン「シュウ・サンクチュアリ」。
あの化粧品ブランド「シュウ・ウエムラ」でも有名な美容家 植村秀氏がプロデュースする、
サプリメントのお店です。
こちらの「断食プログラム」実は、学生時代にお世話になったことがあったのですが、
そのときからなんと 体重がプラス5キログラム!

皆様。
5キロの肉の塊って、見たことおありになりますか?
ちぃはないのですが、スーパーでパックの300グラムのお肉でも、
結構ボリュームあるのですが、その6倍。
それを落とすことって、本当に難しそう。

ですが・・・、ちぃは何度目かわからない決意をしました。
ここで、きれいになる努力をしなければ女がすたる。
きれいでいるのはもともとの素材からして無謀、だとしても、
少なくとも、もの好きにも一緒にいてくださるご主人さまのために、
きれいでいる努力はすべき。ですよね!?

というわけで、現在断食プログラム真っ最中です。
飲んでもいいのは、こちらのお店「イムダイン」さんが作られる美容ジュースです。
が、このジュース。
味は完全に普通のオレンジジュースみたいな感じです。

だ、大丈夫なのかな。
すでに騙されていないか不安ですが

ミッドタウンだし!
シュウ・ウエムラだし!
日本でも絶対大丈夫そうなブランド!!
(こういう人が一番騙されやすい、ということは往々にしてあることです)

ちなみにご主人様に「断食始めます」とお伝えしましたところ、
「とりあえず、もうお前は形から入れ」
とあきらめのような言葉を言われましたので、形から入ることにしました。

何キロやせられたのか…これは、請う、ご期待、です!!

2009/07/19 12:23 | 未分類 | No Comments
2009/07/12

さて、続いて資格のお話です。
実は、ご主人様に「ファイナンシャルプランナーの資格を取りました」とお伝えしたところ、
出てきた回答がもうひとつありました。

それは、「お前は日本お片づけ検定 略して JKA」を取得しろ!
というミッションでした。

日本お片づけ検定
Japan Kadaduke Authorization 略して JKA とは。
お片づけ能力を測る試験で、資格試験としては当然、日本を名乗っているので、
国際資格ではなく、日本における住宅事情を配慮し、明確に片付けの方法を考え、
プランを提案できる技能試験です。
当然欧米、諸外国とは住宅事情、経済状況、また世間も異なりますが、
世界のそういったものを学ぶことも専門的には可能です。
ただし、こちらの資格を持って、具体的に家具、電化製品を販売することはできません。
あくまで、アドバイスのみ、となります。

当然ですが、ご主人様。
資格をお持ちです。
アドバイスを実際にちぃに行われております。

200907121235000.jpg

すごくわかりづらい絵ですが、こちら実は実際にJKAを設立、
世界に普及を推進していらっしゃるご主人さまが、実際にJKAから
最も遠い身近な人間に向け、指導をされている例。
T都N区のあるマンションの一室のカベに張られた図。

それは
「ストッキング」「女性用下着」「繊細なビーズ等のついた服」は
それぞれ袋を分け、丁寧に洗濯しましょう、ということが書かれています。
オリジナルキャラクターは設立者 ご主人様の自ら書かれた「イテク」くんです。
ちぃには、エクトプラズマにしか見えませんが。

それよりも、JKAの方々。
男性の加盟者が多いようです。
最近増えてきていた「片付けられない女子」にたまりかね、
指導されているインストラクターが多いようです。
しかし、皆様。
少しでも羞恥心があるなら、「女性用下着」は別にしましょう、
なんてことを恋人にかかれない嗜みを持ち合わせているかと思うのですが、
BとOの結集したちぃです。

羞恥心もあるものの、JKA保持者のご主人さまにはかなわないのです…・

2009/07/12 12:50 | 未分類 | No Comments
2009/07/07

200907071.jpg

さて、今回はこの場を借りて、ご報告です。
実はちぃ。
ずっと黙っていたのですが・・・

ファイナンシャルプランナーの資格試験を受けておりました。

憧れの先輩も、FPとして独立され、4児の母であったりですとか、
大好きなお姉さまもバリバリとFPとしてメディアに出ていたり、
そんなこともあり、ひょんなことからちぃはそんなお姉さま方とコンタクトをとれ、
しばしば勉強会に参加させていただいていました。

●ルリッツは道半ば。
ちなみにご主人様、何気に英検準一級をお持ちです。
どのくらい難しいのか、5級すら持っていないちぃには皆目見当がつかないのですが、
実はセンター試験で英語 満点を取られたという ご主人様です。
英語は普通にお得意のようです。
(ちなみにちぃはセンター試験本番で自分史上最低、という恐ろしい経験をしました。
あの時の恐怖は、今だに夢に出ます)

というわけで、こと英語と、フランス語学科出身(中退)のご主人様に、語学に関しては
常にけなされる日々ですので、もう何も言えません。
努力する気も張り合う気も毛頭ありません。
何しろ口でご主人様に勝とう、などということが無謀なのです。

ですが。
そんなちぃが唯一、ご主人様に秀でていること。
それが 金融の知識。

文学部出身で、数学をとうに捨てたちぃですが、なんと、数字だらけの
金融の世界で資格を持つことになったのです。
そして冒頭が証拠写真です。

ファイナンシャルプランナー、とは、ライフプランに関するアドバイスをする人のこと。
基本的に法律相談、実際の投資、金融商品へのセールスはできませんが、
一家に一台。
相談くらいには乗れるかもしれません。

こちらの資格が届いたとき、ご主人様。
「ふーん…。ま、そういう金回りのことは、お前に任せたから」

そ、それは。
ご主人様。
ちぃとずっと一緒にいてくれる、ライフプランを一緒に過ごしてくれる、
そういうことなのでしょうか!?

ファイナンシャルプランナーの資格、とってよかったぁ。
何より、良妻賢母への一歩前進じゃないでしょうか!?
いかに漫画を楽しく買うか。
漫画が積まれても、大丈夫な賃貸を借りることとか。
住宅ローンとか。

腐女子ならではのコメント、書かせていただきますっ★
というわけで…

名実とともに、「金融腐女子」名乗ることになりました。
また、ここに宣言します。次回、さらにもう1ランク上の「AFP」を目指して、
勉強したいと思います。

2009/06/30

ご主人様、再び札幌に行かれております。
今回は、月曜日から木曜日、と少し長い期間となっておられます。

もちろんちぃはさびしい。
と、おもいきや。

ひとりの時間がちょっとうれしい。。。

そんなことを思ってしまうちぃがおります。
A型のご主人さまと、B型のちぃ。
互いに流れる、半分の血液型Oによって結ばれているのか、
どうにかうまくいくことはあっても、ご主人様はちぃの片付けできない部分が許せない。

ちぃは怒られるのも悲しいですし、何よりご主人様が正論だと思うので、
いらっしゃるときは片付けます。
ですが。

出張に出られている時。
ここぞとばかりに酔っ払い、服を脱ぎ棄てほぼ、裸のような恰好で
ごろごろ

ごろごろ

ごろごろ
嗚呼、素敵…!!

ブーッ。
バイブレータが鳴ります。
見ると、ご主人様の着信。

そう、ご主人様にモーニングコールをするため、前夜に次の日の朝の時間を聴く、
というのが出張中の恒例なのです。
そういうわけで、出張中は毎晩毎朝、電話をする、
という巷の恋人たちのようなことが味わえるのですが…。

今日のご主人さま、上機嫌。

「だいじょうぶ? そっちは」

と優しいお言葉。

もちろん

だ、だいじょう、ぶ、です。
目の前に散乱する、もしいらっしゃったら激怒するような部屋、ソファを除けば。

ご主人様。
帰ってきたらきっと怒ると思いますが。
ほんの少し。
干物女の気分を味あわせてくださいまし。

2009/06/26

最近、会社の方々に少しずつ、少しずつ、こちらの記事の存在を
お伝えしています。

お伝えしていると、ちぃのコスプレ(※営業ウーマンスーツ)が功を奏しているようで
「○○さんって実は、腐女子なのね」
「普段、見た目じゃわからないね」
と、ほめていただけることがあります。
これも一重に、コスプレスーツのおかげです。
ありがたいこと、ありがたいこと。

ありがたい=有難い、ですから。

ご主人様にもご評価いただき、「より豚であることをみなに知らしめろ」といわれ、
いずれおいしいお肉としてご主人様の血となり肉となれるよう、
稼ぎに稼いでいるちぃです。
とはいえ

今回のボーナスは激減でしたけれども。
すずめの涙、なんていうものは、涙があるだけいいのにね、
とちぃは思います。

そんなわけで、ちぃは会社でもこちらの存在を少しずつ、
浸透圧のようにもらしていくこととしました。
社内の方々、見ていても、こっそり見守っていただきたいものです…。

2009/06/12

た、たいへんです。

ご主人様。

ちぃ、ちぃ、、、
史上最大の体重になってしまいました!
と。ここに告白をいたします。

ご主人様からずっと、ハラニク大佐とよばれつづけ、すでに幾星霜
それでもそんなハラニクを笑えるほど、まだお年を召すことすらできないちぃ。
なのに。

努力はしていなかった。
ここに認めましょう。
最近、まったく走りこみもしていなかったのです。

新年度に入り、健康診断の時期がまいりました。
ちぃは昔から、血液検査、というものが苦手で、というよりも、
5年ほど前に少し大きな病気をしてしまい、その際に血液検査をするたびに
倒れてしまう、という症状に見舞われるようになってしまったのです。
(よく、血を抜かれて具合が悪くなったことはありませんか、
といわれる類のものです)

そのころは、ちぃは、明らかに具合が悪く、自称サナトリウム文学のヒロインもいける、
その程度にはやせていたと思うのですが、
今。

体重は5~7キログラム程度増加し、すっかり健康。
ちぃは自分の健康を過信し、血を抜かれる際、
「もう肉もついているし、大丈夫だろう」と思いながら、
「血を抜いて、具合がわるくなったことありませんか」というお言葉に、
「ありません」と答え、丸椅子に腰掛け、
「うーん、いい血管ですね」といわれながら、普通に血液検査に臨みました。

が。

「ちょっとチクっとしますよー」

といわれた瞬間、そしてぷす、と刺された瞬間、自身の体から
さぁっと抜ける血の気。
吐き気とともにざわつく意識。
そう、これは明らかに、あの慣れた症状。

「ちょっ、ちょっ、大丈夫!?」

看護婦氏らしき人の声を聴きながら、ちぃは、大きな音を立て、
倒れていたのです…。

どっすーん!!

と。

しばらくして、頭脳の痛みとともに、目が覚め起き上がろうとすると、
「ちょっと、だめよ!!」
看護婦さんに押し付けられ、しばらく横になるように指示されました。

「大丈夫と思っても、ダメなのよ」

そうか。
ちぃは、あのころより体重がこんなにも重くなっても、
変わらず、あの悪しき症状だけが残ってしまっていた。
そして、太った体が倒れる瞬間を想像し、ちぃはぞっとしました。

それは、さながら、

麻酔を打たれた巨大な豚

これから屠殺される豚の気持ち。

…

「豚になった、気持ち、です」

つぶやいたちぃの声が聞こえていたのか、いないのか。
看護婦さん。
もう少し、美しく倒れられるよう、もう少しやせなければ。
残ったものは、昨年から更新された、体重の印ばかり…。

2009/06/12 08:04 | 未分類 | No Comments
2009/06/03

新しい月が始まりました。
ちぃとご主人様。

かわらず二人で「仕事いやだなあ」「バカンスにいきたい」 
を連呼しています。
ご主人様は先日、北海道への出張に金曜日、土曜日といかれ、
楽しんできたのか・・・と思いきや、ぐったりとされていて、よほど、
精力を使われたのではないかと疑いさえしてしまったちぃです。
さて、それはおいておきまして。

ちょうど、上期の最終月です。
そして、四半期決算の第二クォーターの最終月でもあります。

営業ウーマンにとっては、最後のおいこみの月でもありますが、
世界金融不況、まだまだ厳しい現実を見せております。
アメリカの象徴、ジェネラルモータースはとうとう、100年に及ぶ歴史の終焉を迎え、
新たな歴史を踏み出しました。

きっと、いろいろな面でかわらなければいけないのでしょうね。
ちぃのような古い人間には、この心臓に悪い変化。
ついていけず五月病ならぬ六月病になりそうですが・・・、

とにかく楽しく生きていきたいな。
そう思う次第です・・・。

2009/06/03 09:03 | 未分類 | No Comments
2009/05/31

なんと、ちぃはずっと夢見ていたことをしました。
しかもしかも、愛するご主人様とです。
こんなに幸せなことがあるでしょうか。幸せすぎて、社内の先輩(一部)たちに、
お伝えしてしまったのです。

それは…
「社内メールで秘密のラブトーク」。

…ちなみに。ここで重大な「企業人」としてのルール。

通常、企業では「私用メール」の”乱用”を原則禁止しています。
黙認、という企業も多いかと思いますが、基本はメールアドレスも
「会社の資産、所有物」と考えられますので、やってはならないことです。
もちろん、情報漏洩といった危険性もあります。
現在、もし企業に所属されていない方には、想像もできない部分もあるかと思いますが・・・

「コンプライアンス」(法令遵守)への企業の取り組みは、
本当に年々厳しくなっている、といっても過言ではありません。
特に上場企業など「まとも」と一般に言われがちな企業の厳しさは
その基準以上だと考えて間違いがありません(実際とは違っているかもしれませんが)。


そのうえで、暴露します、、、
ちぃは、そのようなコンプライアンスのカベ。花も嵐も踏み越えたうえで実施する
「オフィスvラブ」を、やってみたかったのですぅ!!

それが、常識人ご主人様によって、阻まれていたのですが。
ある日、唐突に実現しました。

ちぃとご主人様、日常として「夕飯をどうするか」という連絡を取り合います。
大体20時ごろでしょうか。
2人の帰宅が21時くらいなので、その前か、その日は仕事に「ハマって」いるか、
もしくは接待がある場合はその日の朝、声をかけていきます。
もちろん、携帯電話です。

ですが。
ちぃはその日、携帯電話を忘れてきてしまいました。
そのため、仕方なく、会社のアドレスから「今日のお夕飯、いかがしますか」
というご連絡をしました。
その後…このような素敵なメールがきたのです!

——————————————————————————
●●様(ちぃの苗字)
 
いつも大変なお世話を焼かせていただいております。
 
ご連絡いただきました件ですが、
本日わたくしが22時の退社を目標としている為、
それを見越して今まさにとりカツサンドを食しました。
(まったく野菜が入っておらず、パンとトリカツだけのサンドでした。
 なんだかミリメシのようで、逆に闘争心が萎え、困窮しております)
 
そのため、帰宅後はそこそこの空腹状態でいることが予想されます。
 
大変申し訳ございませんが、準備の方よろしくお願いいたします。
(なお、フルメニューでなくても結構です。多少口に入れるものが残っていれば、というレベルです)
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
××(ご主人様の苗字)
———————————————————————————————–

…!
このメールを頂戴したとき、ちぃは本当に幸せな気持ちになりました。
「いつもお世話になっております」というのは、他社の方へお送りするときの
枕詞のようなものです。
それが、ご主人様の日頃のちぃへの思いを含んでアレンジされていて、
かつなんだか秘密のラブレターのよう。

なんとも素敵。
しかも、ご主人様のユーモアと文才があふれた素敵ぷり。
改めて、ご主人様の才覚に感じ入った次第です。

思わず、ちぃは会社の先輩に転送してしました。

先輩からのひとこと。
「…うん、ちぃ馬鹿だな~ と思った」
と失笑。

な、なぜ…。

ちなみに、唯一わからなかった言葉が文中、「ミリメシ」。
家に帰りまして、はてなキーワードで調べましたら、軍隊の食事らしいです。
こちらで、ご主人様闘争心が萎えてしまったら、元も子もないのではないでしょうか…。

« Previous | Next »