« 恵比寿はきれいすぎるんですよ | Home | 恋と仕事、どっちをとるのか議論 »

2008/06/21

初恋、といえば。
やはり島崎藤村の『初恋』。それなのに、会社の健康診断で
「要経過観察」といわれてしまったちぃです。
いったいどうして、このような最果ての地まで来てしまったのでしょう。
心は乙女でいたい、と思いながら、
いたい、という文字が痛いと変換される。
痛い乙女って、そのままちぃのことじゃあありませんか。
嗚呼、ご主人様にハラニク大佐といわれるだけはあります。

まだあげ初めし前髪の 
林檎のもとに見えしとき…

未だになんと呟くことの出来てしまう、この詩。
ちなみに今回のテーマはまさに
「乙女たること」です。
若く、かわいらしくいたい、という願望を常に持っているちぃは、
前回ご連絡の通り、前髪を切ってみました。
ちなみに、前髪がある、ということは、
彼の島崎藤村が詩にされているように、「少女の証」なのです。

少女に見られたい。
そんな話を、またまた前回もご紹介しました
『臨死!江古田ちゃん』の最新刊でも言及されておりました。
前髪がある、ということは乙女でいたい、
という情けない野望なのだ、と。

けれど、ちぃは前髪を切り、ご主人様に前回こけしといわれたにもかかわらず、
あれから伸びた髪をまた切りました。
扉をあけ、美容院から帰ったちぃを見たご主人様

思い切り笑われたのです。
美容院にいって、髪型を変えたのにマスオさんが
気付かなくて、怒るサザエさん。
というテーマはよくありますが
(実際、ちぃも何処が変わったのやらわかりませんが、
きっと人間はその程度しか他人を見ていない、ということの
メタファー(というほど暗喩でもない)を、長谷川町子巨匠は
お伝えになったのだ、と思います)
ちぃのご主人様は目端が利かれる方なのです。

ご主人様はちぃの髪型や体型、果ては腸の状態まで敏感に反応をされています。

ひとしきり笑われるご主人様に対して、どう対応すれば、、、
と思っておりましたところ。
「いや、俺は幸せ者ですね。
何もいわなくても、何もしなくても、ただ顔を見れば
笑いがこぼれるような、素敵な生き物が俺のそばにいるんだから」

それは、ちぃが珍獣。
といっているのでしょうか。
重ねて、ご主人様は、よく言えば草間弥生といえなくもない。
といわれたのですが。
草間弥生大先生。
ほめ言葉でしょうか。いや、才能はほめ言葉だと思うのですが…

草間弥生 オフィシャルサイト:
http://www.yayoi-kusama.jp/ 


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>