« ご主人様のじもとにいく腐女子、方言を楽しむ | Home | ふわふわの世界でご主人様、いつもはっぴぃ。 »

2008/02/27

忘年会シーズンならぬ、歓送迎会シーズンですね…★

ちぃは、新人のため歓送迎会の幹事を命じられることがすごーく多いです。
主たる宴会の幹事は、ちぃだったりします。

ちぃが勤めている企業様は、今実はとっても苦しい日々。
サブプライムローンは人事ではありませんでした。
はっきりいってしまえば、資産となるような価値ある金融商品の価値は、
地に落ちてしまったわけです。
日本は、それでもあまり影響は低かった、はずなのですが、
日経平均は一時期の1万7000円代はどこへやら、日々ちぃは会社にある
日経平均とTOPIXのボードの乱高下を見ながら、
悲しい気持ちになっているわけです。

日本の市場とともに、気持ちの浮き沈みもはっきりしているちぃの上司。

そんななか、異動シーズンのためちぃは幹事を立て続けに勤めさせていただきました。
ちぃの会社での評価は、この「宴会の仕切り」にかかっている、といっても
過言ではありません。。
おかしな会社のように思われるかもしれないのですが、
「営業ウーマン」たるもの、「おもてなしの心」を忘れてはいけないのです。

ちぃは、場所取り、宴会に奔走しました。

二次会も誘われるまま、お酌をしなければいけないのだろうか。
お酌をしすぎて嫌われるのではないだろうか。
そんなことを考えながら明けがたに帰宅することもしばしば。

そんな折。

やはり明けがたに帰ってまいりまして、ご主人様を起こしに向かったところ。

明らかに怒っているのです!

「毎晩、毎晩、朝帰りしやがって」

…ちぃは悲しい気持ちになりました。
こればかりは辛かったのです。なぜなら、ちぃだって早く帰りたいのです!

気を遣って、いるということはお酌をして、メニューを注文し、
ただひたすら気配りをしても怒られるだけの役回りから、
どうしてその場にいたいでしょう?

営業とは「おもてなし」の心。
だけれど、ご主人様におもてなしが出来ない自分。
とても悲しく、辛い気持ちになっていた日々です。。。


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>