« ■みなさま はじめまして | Home | ■新宿歌舞伎町裏談義パート2 »

2007/03/30

ずいぶん間が開いてしまって申し訳なく思っております。

「腐女子」代表 アキバ系編集長こと ちぃです。
このブログ、待ってる人がいるのか、そんなことは関係なく 
毎日のセキララな日記(赤裸々ってすごい言葉。
脱いだら真っ赤になっちゃうのかしらん。うふふふ←死)
綴るのが好きな

「いやよいやよも好きのうち」
(これは裏コンセプト)

思えば編集長 ユウ氏に連載のお言葉をいただいて、
ただ普通に暮らしていただけのわたしが
こんな文章を綴る機会をいただいたのは、本当に光栄の極みです。

ここの連載やってるヒトシ兄さん(彼はイケメン。ちなみにめっちゃイケメン。
もう知り合って何年かわかんないけど、このブログスタッフに
「ホストでも儲かるんじゃ」といわれていたハンサム君。
なんで紹介ページ彼の顔じゃないのか)も、
三度の飯より「嫌がるオンナノコがセーラーを着ちゃう瞬間」の好きな
コスプレ忸怩なまっつ も見た目紳士、中身は変態な怪盗紳士
わたしはそんなすてきな殿方と時間を過ごせているわけです

いつもご指導ご鞭撻、本当にありがとうございます

ギザ幸せ(中川翔子さま、憧れの女性です)

そんな凡人なわたしなのですが、今回初の「赤裸々日記」として、
3月の半ばにご主人様に連れて行っていただいたことについて、
ぜひ書かせていただきたいと思います。

正直、この件はかなりプライベートなことだと思っておりまして、
ここに書くのは気が引ける。
そう思っていたのですが、実はわたしの思う「腐女子」の定義にも
当てはまるのではないか、と思いましてこうしてペンといいますか、
キーボードをとらせていただいたわけでございます。

個人的なことで大変恐縮なのですが、
わたしには、ずっと夢がありました。
それは、

「お姫様みたいに、ホテルのルームサービスでご飯を食べること」

…これがお姫様か、といわれるとよくわからないのですが、
わたしはもともと九州の片田舎に育って(ちなみにヒトシ兄さんも)
情報源がおそらく10年ほど遅れていたと思います。
中学生の折、いただいた情報誌(少女コミックなど)では、
金髪碧眼の若いポルシェに乗った男性などにかわいらしい女子高生が
ホテルのスィートをとってもらったりするシーンなどがあって、
それに憧れてしまったり、したわけです。

残念ながら、わたしのご主人様は金髪でも碧眼でもなく。
日本産、しかも座高×二分の一=足の長さ
という男性なのですが、わたしが今回大学を卒業するにあたりまして
「どこかにいこうか」と声をかけてくださったのです。

わたしは、ふっとかつて読んだ少女マンガのワンシーンがよぎってしまいました…

「夜景を見ながら、ルームサービスを食べたい」

ささやかな夢です…

(続く)


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>