« ■風邪をひきました。 | Home | ■新年明けましたのらー。 »

2007/12/31

今年一年で、わたしには変革ばかりでした。
大きな利益面の変革はちぃ個人に「投資」されるようになったことです。

厚生年金に自ら加入しました。保険に入りました
(微々たる積み立てなので、どうか保険金殺人などでご主人様に
殺されないように願っております)
そして、気付くと、ご主人様の家に転がり込んでいました。
junkstageをはじめました。

今まで、ちぃは食費を切り詰めてマンガを買えれば満足でした。
そして、色とりどりのレエスで出来た衣装を購入できれば、
それでよかったのです。そんな自分が嫌いではありませんでした。
すきでもなかったけれど。
ただこっそりと、社会と余計な繋がりを持ちたくない、などと思っていたのです。

今は、マンガをブックオフで買わなければ、と待つことはなくなりました。
ブックオフを巡る時間をうしなった代わりに、本屋で本が買える日銭を手に入れました。

「社会人」になって、「ちぃひとり」のために、
入社した会社はお金を払ってくれるようになりました。
額面どおりの給与明細ではなく、保険、研修(ベル●ッツとか)、医療費、
その他もろもろの莫大な金額をちぃに「投資」しているのです。

ちぃは、この結果、この「投資」に対して責任を持ってしまいました。
それは、投資以上の利益をいつか会社に与えるということ。
ちぃは会社に「借り」があるのです。
そして、税金という形で国に今まで与えてもらっていた分の借りを、
返す作業に入りました。

きっと、こんなこと当たり前、と思っている方ばかりだと思います。

けれど、ちぃはわかっていなかったのです。
自分の小さな社会で、そう、ちぃの収支のなかで食費を削った分、
漫画を購入、という動きだけで完結する。
そんな風に思っていましたが、ちぃが守られていたのは
学生時代まで、周りの人間がちぃの負債を肩代わりしていただけだったのです。

金融関連の仕事につき、話題のサブプライムローン問題など、
それなりにお金の循環を考えてばかりの日々のなかで思うこと。
それは、「もらったものは返さなければならない」ということ。

いつも美しい文章、とのがたのこと、いつも考えておりましたが、
社会人になって悲しくなったことは、やっぱりそんな「出版」も今はビジネス、
ということです。
楽しんだなら、どんな形であってもお返しをしなくてはいけない。
これがわかったことは、もちろん悪いことではないのですが。

ちぃは、今までたくさんの人に与えてもらっていました。
今も、与えられていることばかりが多い。
だから、少なくとも今ちぃができる限りで、お返しをしたい、と
日々思っています。

世界は丸い。どこかだけとてもラッキーで、どこかはアンラッキー。
そんな場所があるように見えるけれど
きっとほとんどの人たちは、がんばった結果を得ているのだと思います。
一生懸命、やれるだけやる。
そして、やっぱり大好きな世界に「投資」の出来る、
大人になっていきたいと思います。

2007/12/31 12:00 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>