« 官能小説とや●いを考察する② | Home | ■凍えそうな季節に君は…何を思う?~ちぃのRevolution »

2007/11/14

こんにちは、全国のご主人様、お嬢様。

 今日はちぃの普段、生活営業スタイルにおける苦しみ、
苦悩を聞いていただけますでしょうか。

皆様、どんな方であったとしても「表」と「裏」の顔、
おありかと思います。
ちぃにとって、ある意味「表」は「昼間の顔」、すなわち職場での
お客様のために生き、お客様によりよいご提案を考える。
そのスタンスはどこであっても変わりません。
特に、ちぃは金融機関でも「営業」という立場におります。

夜になると、ちぃにとって
「よりよく」生きていただきたい方はほかならぬ「ご主人様」。
そして、ご主人様といる以上に、ちぃにとって
「萌え」そして「すばらしい書物に出会うこと」は、
「夜」の大事な一面。

きっちりと切り分けたい!
むしろ切り分けないと仕事に支障が出る!!
…こともある。

ちぃにとって、クライアント先が「池袋」であることは、
大変に重大な問題でございました…

池袋とは。そう。
乙女、いえ、腐女子、貴腐人の皆々様の聖地。
乙女ロード
でございます…
ちぃのクライアント様、なんと池袋サンシャインに本拠地構えていらっしゃったのでした。

隣にあるあのK-BOOKS。
アニメイト。
そしてまんだらけ(腐女子専用!!)

ずっと日本経済について話しながら。
貯蓄から投資、という美しい流れを考えながら。
サブプライムローンのことを考えながら。

心はすっかりちぃのお金をアニメイトに投資することのみ

嗚呼、なんて罪な場所なのでしょう、池袋。
乙女ロード。
ビジネスオフィスの隣に堂々とあるなんて!!
ぱりっとしたスーツでお店にたまらず入ると、ちぃははっきりいって
違和感で浮いていました。

嗚呼、乙女の道は険しい…
それでもこの道の険しさこそ、禁断の愛へと繋がっていくのです。

2007/11/14 09:00 | 殿方の恋 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>