« ■ごしゅじんさま、ちぃの地元に逝く | Home | ■干物女と腐女子…どう違う?(1)~祝”ヒモノ”ノヒカリ発売 10å·» »

2007/10/22

ちぃは日ごろ、お堅い金融機関のOLさんとして働いております。
働くOL、としてのちぃを想像できない方も多いかと思いますが、
立派に黒いスーツを身にまとい、颯爽と大手町の仕事場を歩いております。

が。

ちぃは日々、ひたかくしにしているのです。
たとえば、資料を出すときになかなか紙が出てこなくて、思わず
「おろおろ」「がーん!!」「どきっ」「いやーん」
などと思わず擬態語を発してしまいそうになるのをぐっと堪え
「大変申し訳御座いませんが、少々お待ちいただけますでしょうか」
といったりしているのです。

しかし…ついこの間、思わず出てしまったのです。

しかも、取り返しのつかない形で。

 ある日、営業先にてお客様。お年を召した部長さんと、その下(といってもちぃより
ずっと年次も上、課長さんでいらっしゃいます)の方から応対いただきました。
ちぃは元々、お二人をよく知っていて、ご飯を二度、ご一緒したこともあるほど。

そんな折、熱心にお話いただいていたのですが
日ごろの疲れもあり、ついうとうととしてしまいました。
気がつくと会話が進み、どうやら談笑になっていた模様。

「…似てますよねぇ」
「ほんとに」
ちぃの上司と、お客様が熱心にその相手の部長さんのことを褒めていらっしゃるのです。
その部長さんは、サラリーマンでありながら声もよく、ラジオに出演なさってもいるほど。
当然、見た目のダンディ。
まさに執事、といった感じ。
いや、むしろ船長。

思わず、ちぃにとって最大限の褒め言葉が出てしまいました。
常日頃思っていたことでした。

「はいっ、●×部長は、私にとってネモ船長って感じです!!」

一同、唖然。
しばらく、なんのことかわからなかったようでした。

ちなみにネモ船長とは、あの新世紀エヴァンゲリオンの監督、庵野秀明の
出世作で、NHKで放送されていた「ふしぎの海のナディア」
の登場人物。
声はちなみに大塚明夫氏。
それはもう、かっこいいのですv

しかし、その場はフリーズ

以下に今までちぃが真面目な金融OLという称号を仮に得ていたとしても、
そこですべてが決まりました。

が。

世の中とはわからないもの。
ちぃのその発言は印象深いものとなり、

「あのアニメが好きな子、どうしてる?」
とお声かけいただけるようになりました。

営業にとって、名前を覚えてもらうことは必須条件!
いうまでもありません。
皆様、どうぞ真似なさらず、よろしくお願いします★ 

2007/10/22 09:34 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>