« 恋愛小説依存症 | Home

2010/01/02

新年明けましておめでとうございます。
そして、このたび更新ができておらず申し訳なく…。

年末にかけて、怒涛のような忙しさと、そのなかでご主人様とのふれあいが少なく、
ネタがなくて悲しい日々でございました。

ただ、その間、本当にいろいろと未来を示唆するような事件もあり、
ゆっくりと記載させていただきたいと思います。

というのも。

皆様、初詣に行かれましたか??
ちぃは、先ほど行ってまいりました、ご主人様とともに。
年越しは、初めてご主人様と過ごしたのですが、鬼怒川温泉へ向かったのです。
そして戻ってきてから、今日。
家の近くにある神社(毎年伺っています)にて、初詣とおみくじを引いてまいりました、
ところ…!

第一弾(つまり後ほど書きますが、二回ひいたのです)
「小吉」。

基本的にあまりよくない運勢、ということが書かれており、
実はちぃ。最近、自分でも、すごく思い当たる自業自得なこともしばしばあり、
まじめに謙虚にただ生きよう。
そう誓ったところでした。
恋愛=感情を抑えよ

「ほらな、あんまり俺にベタベタくっつくんじゃないよ」
といいながらも、少し落ち込んでいたので、ご主人様。

「セカンドオピニオンを聞きに行こう、おれもこれだけでいいのか不安だから」

とやさしい言葉をかけてくださいました。
ところ。

違うおみくじで、まさかの

「凶」。

正直、大学受験に失敗して行き場がなかったときでさえ、
そんなおみくじを引いたことなどありませんでした。
というより、大吉ばかりを引いた人生だったのです。
世の中の神社はほとんど大吉だらけだと信じていたほどでした。

なのに。
最近のちぃの行いが悪すぎて、セカンドオピニオンはなんと「凶」。

人生でひいたこともありません。
ご主人様は笑いをこらえきれない様子でしたが、
ただ、ちぃは本当に落ち込んでしまったのです。

帰り道。
ご主人様が思わぬことをいってくださったのです。
「いいか。『凶』っていうのはな、「メ」が箱から出ようとしてる。だから、
めでたい、って意味なんだぞ」

「そうなのですか??」

「そうだよ。漢字、見てみろ。」

そういって、ご主人様は凶の漢字を空に書かれました。
ほんの少し落ち着いたので、ほっこりしていると、「落ち着いたね」
といわれたので、「はい」とお伝えすると。

「ただ、とりあえず、お前、俺に近づくなよ。
凶がうつるから」

という爆弾発言。
ひ、ひどい。
ちなみにご主人様、ファーストオピニオンもセカンドオピニオンも、「末吉」
でした…。
あたっているのかも知れません。
とりあえず、ちぃは今、インターネットで「凶」の対処法について、
ものすごい勢いで調べております…・


Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.