« 人を愛することを躊躇わない勇気-”3THREE” | Home | 「凶」の意味は、「めでたい」 »

2009/11/21

皆様。

恋愛小説って、お読みになられますか?

ちぃは、恋愛「マンガ」は本当によく読んでいたのですが、恋愛を主題にした小説は
人並みには読んでいるのですが、ちぃの絶対評価的には割合が低いと思います。
パーセントでいうと、おそらく20%程度かと思います。
どちらかというと、推理小説、エッセイ、歴史小説、と来て、恋愛小説、といったところでしょうか。

ですが。
最近、「恋愛小説」で一番ぐっとくるのはなんだろう?
と考えて、インターネット(モバイルAll A●out)で検索をさせていただきました。
恋愛小説ベスト10…。
そして、何気にちぃは、1位から10位のうち、1作品を除きすべて読んでいました(汗)
やっぱり、ちぃは妄想家。
恋愛小説も読みこんでいるのかも。

ちなみにその検索では、以下のような小説が挙げられていました。

片山恭平先生の「世界の中心で愛をさけぶ」
江国香織先生の「冷静と情熱のあいだ」
等々、あまり読書フリークではなくても知っているタイトルばかり。
そんななかで、ちぃが拝読したのは、唯一読んでいなかったもの。
辻 仁成先生の「キミトイツカ」、でした。

そもそも、なぜ急に恋愛小説を読みたくなったのか…。
それは、自分の今歩んでいる道へのゴールが見えず、カタルシスのような解放感を
小説の人物に投影させてみたくなったから、かもしれません。
20代半ばの「ちぃ」は、時々、こうして「女性」としての迷いが顔を出すわけです。

けれど、この小説。
主人公同士は、ある意味「魂の深いところ」でつながるけれど、
ハッピーエンドと呼べるかどうか。
それはわからない。

最近、ちぃはよく迷います。
結婚がある意味、恋愛のゴールとされているし、世間でもそうされているけれど、
人の生きる道にゴールなんてあるのでしょうか?
仕事をしていると、ゴールはとりあえず、小さく小さくやってくる。
けれど、人の一生はちぃが何もなければ、おそらく、80年あまり。

すごく長いトンネルに迷い込むような気もします。

恋愛小説は、そのゴールを描いてくれるのかな、とちぃはいつも期待しながら、
結局裏切られています。
誰か、ゴールのある小説。
ご紹介いただけませんか?笑
できれば、少しハッピーになるくらいで…。

2009/11/21 11:06 | その他 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.