« ロミオの蒼井そらは事件です | Home | 人を愛することを躊躇わない勇気-”3THREE” »

2009/10/31

最近、結婚式に出席するきっかけが多いちぃです。
そういう年齢なのですね…。うかがうたびに、「お前のところはそろそろか?」
といわれるのですが、ちぃのところ、結婚フラグ
※JunkStage今年版のパンフレットをご覧くださいませ★
すらたっていないのです。

ご主人さま、ちぃはどうすれば…
このままいけば、着回しのきかないドレスばかりがたまっていきます。。。

さて、そんなちぃですが。
今回、ものすごい結婚式に出席いたしました!
場所は六本木、グランドハイアット。
そう、六本木ヒルズに併設されている、あの高級ホテルです。
その最大宴会場であるボールルームで、招待客は200人を超えていたでしょうか…。
ちぃは、ちなみに新郎の同僚だったのですが、
「二次会」みたいなもの、と聞いていた上司(ちなみに取締役も複数名いました…)
含め、構えられた式場で

「場所を間違えたのか? 招かれざる客なのか!?」

と、半ば不安になるほど…。
ちぃの勤務している会社は、世間一般では割と固いイメージを持たれがちなのですが、
とてもフラットな会社です。
クールビズも励行していますし、全員とよく語り合うのです。

そして、何より結婚式が衝撃でした。
司会進行は、元地方局のアナウンサー。
挨拶は弊社の取締役と新婦の勤務する店舗の支店長。
なのに、きている方はモヒカンの方や、なんだか爆発事故にあったようなヘアスタイルの方とか、
もう何がなんだかよくわからないのです。

なぜか、突然チアリーダーが表れて踊りだしたり、
日本舞踊を舞う人が出てきたり、花を生け始めたり、
結婚式って、こういうものなのでしょうか!?
それとも、これがグランドハイアットの結婚式なのでしょうか!!??

申し訳ないのですが、ちぃのあこがれる結婚式の荘厳さ、
というものはコンセプトに入っておらず、
そこは別に存在したんだろうな…と思ったのですが、
とにかく本当にお金のかかった結婚式だったな、と思います。

何より、全員がよく笑っていたので、それが新郎新婦の願いだったのではないでしょうか?
来賓が喜ぶことが、結婚式の意味ですから…。

けれど、改めてちぃが思ったこと。
もし、ご主人さまと結婚式が挙げられるんだったら。
小さな教会でも、神前でもいいから、
家族とこじんまりと、手作りの式をあげたいな。
ということでした。

派手婚は、本当に無理だと思います。
その前に、結婚の予定さえありませんが…(苦笑)


Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.