« ご主人様とちぃ(リニューアル記念初顔出し) | Home | 水無月所感。 »

2009/05/31

なんと、ちぃはずっと夢見ていたことをしました。
しかもしかも、愛するご主人様とです。
こんなに幸せなことがあるでしょうか。幸せすぎて、社内の先輩(一部)たちに、
お伝えしてしまったのです。

それは…
「社内メールで秘密のラブトーク」。

…ちなみに。ここで重大な「企業人」としてのルール。

通常、企業では「私用メール」の”乱用”を原則禁止しています。
黙認、という企業も多いかと思いますが、基本はメールアドレスも
「会社の資産、所有物」と考えられますので、やってはならないことです。
もちろん、情報漏洩といった危険性もあります。
現在、もし企業に所属されていない方には、想像もできない部分もあるかと思いますが・・・

「コンプライアンス」(法令遵守)への企業の取り組みは、
本当に年々厳しくなっている、といっても過言ではありません。
特に上場企業など「まとも」と一般に言われがちな企業の厳しさは
その基準以上だと考えて間違いがありません(実際とは違っているかもしれませんが)。


そのうえで、暴露します、、、
ちぃは、そのようなコンプライアンスのカベ。花も嵐も踏み越えたうえで実施する
「オフィスvラブ」を、やってみたかったのですぅ!!

それが、常識人ご主人様によって、阻まれていたのですが。
ある日、唐突に実現しました。

ちぃとご主人様、日常として「夕飯をどうするか」という連絡を取り合います。
大体20時ごろでしょうか。
2人の帰宅が21時くらいなので、その前か、その日は仕事に「ハマって」いるか、
もしくは接待がある場合はその日の朝、声をかけていきます。
もちろん、携帯電話です。

ですが。
ちぃはその日、携帯電話を忘れてきてしまいました。
そのため、仕方なく、会社のアドレスから「今日のお夕飯、いかがしますか」
というご連絡をしました。
その後…このような素敵なメールがきたのです!

——————————————————————————
●●様(ちぃの苗字)
 
いつも大変なお世話を焼かせていただいております。
 
ご連絡いただきました件ですが、
本日わたくしが22時の退社を目標としている為、
それを見越して今まさにとりカツサンドを食しました。
(まったく野菜が入っておらず、パンとトリカツだけのサンドでした。
 なんだかミリメシのようで、逆に闘争心が萎え、困窮しております)
 
そのため、帰宅後はそこそこの空腹状態でいることが予想されます。
 
大変申し訳ございませんが、準備の方よろしくお願いいたします。
(なお、フルメニューでなくても結構です。多少口に入れるものが残っていれば、というレベルです)
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
××(ご主人様の苗字)
———————————————————————————————–

…!
このメールを頂戴したとき、ちぃは本当に幸せな気持ちになりました。
「いつもお世話になっております」というのは、他社の方へお送りするときの
枕詞のようなものです。
それが、ご主人様の日頃のちぃへの思いを含んでアレンジされていて、
かつなんだか秘密のラブレターのよう。

なんとも素敵。
しかも、ご主人様のユーモアと文才があふれた素敵ぷり。
改めて、ご主人様の才覚に感じ入った次第です。

思わず、ちぃは会社の先輩に転送してしました。

先輩からのひとこと。
「…うん、ちぃ馬鹿だな~ と思った」
と失笑。

な、なぜ…。

ちなみに、唯一わからなかった言葉が文中、「ミリメシ」。
家に帰りまして、はてなキーワードで調べましたら、軍隊の食事らしいです。
こちらで、ご主人様闘争心が萎えてしまったら、元も子もないのではないでしょうか…。


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>