« 妄想もいい加減にすべし | Home | 未曾有の忙しさと香りと匂い。 »

2009/03/31

春は別れの季節でもありますが、出会いの季節でもありますね。
ちぃは、なんとチームで入社三年目にして「最長老」になってしまいました。

ちぃのチームは、現在6人体制。
課長、ともいうのでしょうか、そういったポジションの方を筆頭に、
現場が4人、そして内勤をしてくれているお姉さまが1人います。
ちぃはなんと、今回の人事異動で、現場
最長老  になってしまったのです。

最長老って、いわれたのは、何も自分でいったわけではありません。
周りから、そういわれてしまったのです。

確かに、課長クラスの先輩も、1年前にきたばかり。
そんなわけで、ちぃは気付くと裏番長と呼ばれてしまいました。そ、そんなぁ。

でも、人事異動ってそんなものですよね。

ところで、新しくきた、5年上の先輩。
以前から知っておりましたが、それはそれは美形
ほんとうにきれいな顔立ちをされているのですが、少々今流行の草食男子
なのでしょうか、関西弁の奥様のお話をされるときは、
本当に半分おびえが入りながらも、嬉しそうに語られる。

「なんで帰ってこーへんの?」

と、奥様にいわれると、もう飲み会もそっちのけ、一目散に奥様の下へいかれます。
というより、今回新しくきた先輩諸氏。
なぜか
新婚の方が多いのです。

これは、偉大なる会社の部長にいわれたのですが、去年、本当に環境が厳しくなり、
苦しい労働環境を強いられたサラリーマンが多い中、
心くじけたサラリーマンたち

家庭に安らぎをもとめ、結婚された方が多いのだとか

結婚のきっかけは、とても落ち着いているか、とても苦しいか。
ちぃの会社は、後者が理由で結婚されるメンバーがとても多く、
現状の金融不況を示しているようです。

逆に言えば。
このチャンスを逃してしまうと、ちぃは婚期を逃しますよ、
と周りからなんだか連呼されるようになりました。
ご主人様。

「ちぃ、今会社がすごく忙しくて辛いんです」

そうお伝えしましたところ。

「たっぷり稼げ。俺のために」

そういわれてしまいました。
金融不況もなんのその。ご主人様が現在読まれているのは、
「吉原大百科」…。
泡に沈んでもいいぞ、とまでいわれてしまい、なんのことかわからなかったのですが、
指差された本は風俗求人誌。

「でもま、お前の年齢じゃ無理か」

手ひどい、厳しいお言葉。
ご主人様に最後の最後でお役立ちも出来ないようです。
できれば、不景気の間に、ご主人様とより景気のよくなるようなこと、
させていただきたいのですが…。


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>