« 倒れるまで働くなんて、そんなの涙がでちゃう。 | Home | 不景気と結婚の関係 »

2009/03/20

ここ10年ほどで、人々の生活を最も変えたもののひとつ。
それは、携帯電話 ではないでしょうか?

ちぃは、携帯電話が手放せない生活をしています。
営業をしているので、外出も多いのです。
そんなちぃの携帯電話には、ここ二年間でたまったお客様、
パートナー企業の方々のお電話番号が詰まっていました。
もう、携帯なくして仕事ならず。

とそんな携帯、酷使にも耐え、3年近い年月をご一緒してきました。
ところが。
ある日、突然、
ばっくりと壊れてしまったのです。
ディスプレイ部分と、キーの部分をつなぐ部分がほぼ外れ、
ぶらぶら状態になり、画面も接続が悪いのか、真っ青になっていました。

いつ壊れてもおかしくないような状況。
不安で仕方ありません。

けれど、携帯さん。
本当にいとしいものでした。
目覚まし時計も、サブスケジュール帳もすべて携帯の中。
外出先でもgmailを確認。
何より、お付き合いを始めたころに、ご主人様と一緒に鎌倉の鶴岡八幡宮で購入した、
鈴がついているのです。

金色と銀色の鳩の形をした鈴をつがいで買い、こっそりとご主人さまには、
銀色の鳩をお渡ししたつもりでした。
ちぃは、この鳩に守られている。
そう思っていたのです。

そして本日。携帯を買い換えることになりました。
新しく来た携帯さんも、かなり薄くて、長く使っていきたい。そう思った所存です。
ご主人様にも、お休みの日だったのでついてきていただきました。

携帯さんと遊びながら、ちぃは鈴について話しました。
「ご主人様と一緒にいった、鶴岡八幡宮で、お揃いで買いましたよね。
今でも、鈴、持ってますか?」

するとご主人様から衝撃のひとこと。

「俺、そんなのもらっていないよ。
買ったのは、お札。
つがいの鳩とか、そんなおとめチックな妄想、また勝手に作ってんだろ」

ばっさりといわれるご主人様。
そ、そんな、、、

ご主人様に、鳩、確かに買ったような気がしたのに、
やはり、買った”つもり”だったのでしょうか。

つがいの鳩。
いるつもりでいなかったなんて、現実にそうなってしまわないよう、
いのるばかりです。


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>