« 営業ウーマン、冥利に尽きる。 | Home | 倒れるまで働くなんて、そんなの涙がでちゃう。 »

2009/03/07

dsc00446.JPG

「パズーのかばんはなんでも入ってるのね」
シータの声が聞こえてきそう。

そう、ちぃの今朝の朝食は「ラピュタパン」でした。

ラピュタパンとは何か。
この写真を見る限りでは、食パンに目玉焼きを乗せて食べる何か。
だと思われてしまうかと思うのですが、まさしくその通り。
オーブントースターでチン! とパンを焼いて、フライパンで焼いた目玉焼きを
乗せて食べるだけ。

なのですが・・・。このパン、ちぃにとってはずいぶん、長いこと憧れの食べ物でした。
もう語るまでもない、あの宮崎アニメの名作中の名作、「天空の城ラピュタ」。
ちぃもご主人さまも、二人で見ながら涙に泣きぬれ、最後のラピュタを見上げる
パズーとシータの顔は、今も脳裏に焼き付いています。

が。
ご主人様は極めて現実的なので、ちぃがある日、いそいそと
目玉焼きを乗せたパンを「うわぁ~vv」と言いながら食べているのを見て、
意味がわからない。
そのような表情をされていたのです。

「何、そんなに目玉焼きが食べたかったの?
ていうか、卵、垂れてるし」

そう、卵垂れるんですよ。
写真の少しパンは焦げているし、目玉もより目になったちぃのパンですが、
卵は半熟じゃないと絶対に嫌、というこだわりを持っているので、卵の黄身は
一気に食べないと垂れてきます。

そこで、ちぃはふと思いました。

パズーもシータも、黄身を垂らすことなく食べているのです。
半分こしても、問題ないような感じで。

こ、これは。

あの目玉焼きは半熟ではなく、かた焼きだったのでは!?

ちぃは、実は固い目玉焼き、苦手なんです。
ぼそぼそしてしまって、残念な気持ちになります。
というわけで、ご主人様に問うてみました。

「パズーとシータって、もしかして、固い目玉焼き食べていたんでしょうか…」

「・・・そんなの知ってどうすんの。
ていうか、天空の城 ラピュタを再現して、朝食にまで萌えるお前って、
本当に30近くなっても痛いよ
」

ずばりといわれてしまいました。
昔から、ちぃが「耳をすませば」について語っても、
ご主人様はうんざりした顔をされております。
ジブリ映画は日本の生んだ、世界に誇る文化だと思っているのですが、
ご主人様はちぃがジブリ話をすることを本当に疎んじられる瞬間がございます。

本音をいうと、飛行石の洞窟なんて贅沢はいわないので、
ご主人様と山登りやピクニックをして、ジブリパンをかじりついて、
「半分こ」したいのに・・・。


Trackback URL
Comment & Trackback

ジブリの映画に出てくる食べ物ってすごくおいしそうですよねー。
わたくしはハウルにでてきた「うましかて」(どうしても頭の中でひらがなで引用されます)が非常に食べたくて身もだえしました。

ぜひちぃさま、ダーリンとご一緒に「半分こ」なさるところまでこぎつけてください!心から応援していますv

Posted at 2009.03.14 0:42:41 by 真砂

ハウルのうましかて…
どんなものだったか、思いだせないちぃ。

ううっ 身もだえしますよね。
ジブリ、本当に奥が深い・・・。

ご主人様ってば。。。

Posted at 2009.03.14 14:47:39 by author
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>