« 部下に愛される上司って? | Home | 営業ウーマン、冥利に尽きる。 »

2009/03/01

先週の日経ヴェリタスに、このような記事がありました。
「おひとり様市場の株価が堅調」

おひとり様企業、とは、コンビニエンスストアーから、HISの旅行株、
結婚相談所に至るまでの、いわば「おひとり様」向けのビジネスを行っている
企業の売上が堅調だとのことです。 このような市況下で、日経平均株価(225種)を多くの企業が
うわまっているのだとか。

・・・
・・・・・・・

以前、結婚相談所については、1月にエントリーした記事
にて書かせていただいたことがありましたが、最近、確かに広告への出稿を
ある種の経済指標と考えると、ちぃのmi○iへの広告。

「誠心」が多いのです。
(がーん…という擬態音が出てきそう。)

なぜか、というと、ちぃもある意味、世間的には立派におひとり様なのですよね。
さちこさんがもちろん、キャリア女性としての地位を確立されておりますが・・・。
最近のウェブ広告においては、「行動ターゲティング」「属性ターゲティング」と
いう手法があるそうです。
つまり、むやみやたらに関係なさそうな方に広告を出すのではなく、
「ふむふむ・・・この、ちぃ、というのは20代後半で…独身で…」
とm○xiの機械が判断し、ちぃにそのような広告出稿をさせている・・・

ということになります。

その事実を、とある広告代理店に勤めていらっしゃる方
に教えていただいたとき、衝撃を受けてしまいました。

ちぃも、「当たり前だけど、おひとり様ビジネスの格好のターゲット」なのだ、と。

というわけで。
ちぃがもし、株に投資したいな、と思ったら、なんのことはありません。
「自分が生活に必要だなあ」と思うものを販売している企業に投資すればいいだけの
ことのようです。

何しろ、これから日本は少子化の時代。
便利なツールを販売する、その名も「コンビニエンス」なものを探してけばいいわけです。

「旅行にいきたいなあ~…あ、ひとり旅行」=HI○を検索

「おなかすいたなあ~…でも、ひとりぶん作るの面倒くさいし」=セブ○&アイホールディングス

と、いうわけで。
ちぃと同じくアラサーの皆様。
株に投資される場合は、ぜひとも、「ご自分が必要なもの」を売っている企業に
投資してみてくださいませ。
きっと、成功するのでは、ないでしょうか。
仮に成功できなくても、自分が「その企業を応援している」という気持ちになれば、
そのお金は無駄でないと信じられるに違いありません。

書いていて、ちょっぴりむなしくなってしまいましたけれど。

2009/03/01 01:40 | その他 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>