« ■迷子になったら… | Home | 白馬の王子様の思い出―天沢聖司様へ »

2009/02/21

さて、営業ウーマンの皆様。

オフィスで、外国人の方からお電話を受けること、ありませんか?

ちぃは、ベル●ッツにかつて行っていたにも関わらず、
お電話での英語の応対は苦手です。
かろうじて、実際にお会いすれば、身振り 手振りでなんとか
伝わること、また、日本人らしく、
受験勉強的なライティングはそこそこ得意なので、
筆談することで今までの人生、乗り切ってまいりました。

ところが・・・・
実は、ちぃの会社。
そこそこ 外国人の方からお電話がかかってきます。
そんなとき。

「Hello! Mr.●●●● Please?」

突然、お電話がかかってきたのです!
ちなみに、このお電話。部長宛でした。
部長の名前が聞き取れ、おそらく、

「●●さん、いらっしゃいますか」

といっていることはわかったのですが(それ以外に電話の意図などないので)
相手が何者であるかがよく分かりません。
というよりも、彼女はいきなり部長を呼び出したので、日本人であれば、
まず、相手の所属、名前を名乗っていただかなければなりません。

「失礼ですが」

というのが日本語の通常ですが、こういうときに思います。
なんて日本語って省略が多いのでしょう!

“would you tell me your name?”

どうにかしてこの言葉をひねり出したのですが、
そもそも、これはあっているのか、ちぃは混乱しました。
しかも。
最初に聞いた言葉が
”What’s your name?”

です。

もしかしたら、問題なかったのかもしれませんが、
ちぃはその瞬間、頭がぐるぐると回りました。中学校で学んだ英語教育。
そう、英語にも失礼な表現というのがある、と。
もしかしたら、ちぃはこの人に、

「こらぁ 名を名乗りやがれ!!」

くらいのことをいったのでは、と不安になりました。
もしかしたら、部長にとっては大変に大事なクライアントかも
しれないのに、ちぃのこの対応が大切な商談を壊したら…!!

汗がだらだらと出てきてしまい、電話の向こうで色々いう外国人の人に
とりあえず

”Thank You! Just A Moment Please”

とだけ告げ、部長に取り次ぎました。

「部長! 外国の方からお電話です!!!!」

とだけ告げて。
部長は苦笑しながら受け取られたのですが、英語は必要ですね…
しみじみ思いました。
言語の壁って本当に大きいです。
もし、英語が理紀さんのように流暢に使えたなら、こんなにちぃは
汗をかくことも、なかったのでしょうね…。

半年のベル●ッツ、もう一度チャレンジしようと思いました。


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>