« 営業ウーマン、涙する~春は別れの季節 | Home | 気になる決算短信「オカモト」  »

2009/02/07

ちぃは統計をとってみたい。
と思うことがあります。
それは、皆さんに「恋人」なるものができたとき、

麗しい、あの衆道への思いを捨てるのか。
たとえば、東京都 N区在住 ちぃさん(アラサー世代)の場合。
20090209.jpg

※ちぃさんのご希望により、20代前半、アラトゥエン(アラウンド20)
のころのお写真を加工しています。

ちなみに、衆道とは、wikipediaさんを参照させていただきましたが、
かつての日本での男性間の恋愛のことです。
このあたりに対する思い入れは、他のものよりもはるかにあるのですが、
それはさておきまして(語り始めるとおそらく10スクロールくらい語りそうです)
かつて、ちぃのご主人様、非常にわれら腐女子に対して興味を持たれ
(生態に)、自ら「チーム801」と命名をされていることはお話をいたしました。

そのようなご主人様ですから、すぐそばにいる、ちぃという名前の
「チーム801 アラサー世代」をほおっておくわけがありません。

そもそも、隠しようもありませんでした。
同居させていただくにあたり、ちぃの持ち物はありとあらゆる面で暴露されてしまったのです。

そもそも、ちぃがこの分野を愛するようになったのは、
文学少女(もう少女という言葉すら使えないことが泣きたくなります)の
派生形。

森茉莉氏のなんとも怪しい世界、あの大御所竹宮惠子氏にも連なる
麗しの欧羅巴的デカダン・・・!!
デカダン、なんていう言葉も早々(中学三年生頃)に知ったのですが、それもすべて、
やおいの神様がちぃに授けた知恵でした。
まるで難しい書籍を読んでいるようなふりをして、文庫本に並ぶ

「金色」(三島由紀夫 著)「イタ・セクスアリス」(森鴎外 著)

「恋人たちの森」(森茉莉 著)

(皆さん 手にとってください そして背表紙の解説をお読みください)

そしてその続きには竹宮惠子先生からよしながふみ先生に至るまでの漫画たち…!
否、そこまではよいのです。

ちぃがかつて手を出していた、「ボーイズラブ小説の権化」ともいうべき、
南原兼先生の「パパとミラ」くんシリーズ・・・。
(知らないうちに、OVAが出ておりました)

捨てるに捨てられませんでした。
袋に入れてしまいこみ、さっさと洋服ダンスの奥に…

「おい、それ、見せろ」

「なっ なっ ええと、ご主人様、これは、そうっ 秘めたるもので、
とても男性にはお見せできませんっ」

「何、エロい下着とか?」

「そ、そうです! なので、今度、ぜひ」(も、申し訳ございません)

「うんにゃ、うれしい。今見せて」しばらくもみ合ったあと、ご主人様、奪われます。

「…『パパと KISS IN THE DARK』」
(クリックしてみてください amazonにとび、その臨場感がわかると思います)

ご主人様、とあるページを開かれ、音読されました。
「かわいいお前のフランクフルト…

…

……なにお前、フランクフルトみたいなほうが好きなの?」

あああ 晶子さんっ
ぽ、ポークビッツです!!!!
(陳謝)

それから、問題の場面が近付くと、ちぃの大好きな、響くご主人様の声が響き渡ります。

ご主人様、しばらく土日、読みふけっておられました…。

ちぃのいたたまれなさ、想像してください。
そして時折、ご主人様がつぶやかれる、シーンの色っぽさの声、
皆様にお伝えしたいほどです。

ここでわかったアラサー世代、ちぃさんの事例。
理解あるご主人様で、大変幸せにチーム801を驀進されています。

※晶子さん、とんでもないリンクをつけて申し訳ございません。


Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>